現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > CクラスとEクラスのクーペに取って代わるモデル 新型メルセデスCLEのドライビングテスト&動力性能を徹底チェック!

ここから本文です

CクラスとEクラスのクーペに取って代わるモデル 新型メルセデスCLEのドライビングテスト&動力性能を徹底チェック!

掲載 1
CクラスとEクラスのクーペに取って代わるモデル 新型メルセデスCLEのドライビングテスト&動力性能を徹底チェック!

メルセデス・ベンツCLE 300 4MATIC:派生モデルではない独立したクラスの誕生。我々は、2つの4気筒エンジンのうち、より強力な方をテストした。

ウインドウのラインが2015年から製造されている「Cクラス クーペ」と間違われやすいが、メルセデスは新型「CLE」をより高い位置に配置し、特に「Eクラス クーペ」との置き換えも意図して、「Eクラス」に割り当てた。

第8世代BMW 5シリーズ登場!新型BMW 5シリーズの全情報とドライビングインプレッション!

全長4.85メートル(Eクラス クーペより1.5cm長く、Cクラス クーペより16cm長い)は、この見方を裏付けるものだが、インテリアには明らかに「Cクラス」だ。これは、ミッドサイズクーペが初めて「Cクラス」をベースとした1997年の「CLK」を彷彿とさせる。

新型Eクラスのインフォテインメントコンテンツ「CLE」の前に立つ人は、おそらく無関心だろう:伸びやかで、エレガントで、高価に見える。そして、「Cクラス」のコックピットは決して悪い参考にはならない。特にインフォテインメントコンテンツは新型「Eクラス」から引き継がれたものだ。スマートホームのブラインドを車内から音声コマンドで下ろすことができるのだ。

メルセデス CLEのコックピット。更新されたインフォテインメントには、現代的なすべてが揃う。また、運転中に同僚との会話に満足できない場合は、Zoomビデオ会議システムアプリを車内に持ち込むことができる。Zyncによる映画、SpotifyやApple Musicによる音楽ストリーミングなど、可能性は無限だ。「Mercedes me Store」のユーザーアカウントと、関連するサードパーティプロバイダーのサブスクリプションが必要となる。

最適化の可能性を秘めたプレシリーズモデルブレーメンセバルツブリュックで製造された「CLE」のボディ品質は、私たちのテスト車両がプリプロダクションモデルであるため、決定的な評価ができないことを最初に述べておかなければならない。ドアはバタンと閉まると響くし、150km/hでは風切り音がするし、140km/hの定速走行ではわずかに共振するし、ウィンドウレギュレーターは不気味だし・・・。

メルセデスのミディアムサイズクーペのファンは、これを残念に思うだろう:昔のアメリカの"ピラーレス"クーペのようなBピラーレスの時代は終わったのだ。1969年以来、シュテルンのクーペはずっとオープンだったのだ!ドアピラーがないことで得られた解放感は格別だった。メルセデスは、「CLE」にBピラーがあることをボディシェル剛性のためと説明している。

「Cクラス クーペ」に比べてホイールベースが25mm長くなったにもかかわらず、「CLE」をフルサイズの4シーターと誤解してはならない。運転席のループを引っ張ると背もたれが倒れて、アクセスは楽だが、身長1.76mでも後席乗員のヘッドルームは狭く、背もたれがほぼ垂直に立ち上がり、不快なほど低い位置に座ることになる。革張りの荷物棚に放り込まれた感じだ。

荷物の積み込み時には、美しさのために苦しまなければならない:高さ40cmのラゲッジコンパートメントの開口部は、レターボックスのスロットのように見える。しかし、後部背もたれを倒すことができるので、長い荷物も簡単に積み込むことができる。

テクノロジーパッケージ運転中は、すべてが「Cクラス」や「GLC」と同じである。ホイールコントロールのないコックピット、使いやすい11.9インチのタッチスクリーンによる操作、あるいはフィードバックがほとんどないステアリングホイールのスポークにあるスライダー。私たちの試乗車にはテクノロジーパッケージ(2,320ユーロ=約38万円)が装着されており、調整可能なダンパーと2.5度のリアアクスルステアリングで構成され、ターンサークルは半減して10.7mになった。

フィードバックがほとんどないステアリングホイールのスポークにあるスライダー。60km/hからは、フロントとリアのホイールが同じ方向にステアするため、長いホイールベースがネガになることはなく、さらに安定したコーナリングを実現する。これはエアサスを採用した「GLCクーペ」に比べれば、決して小さなメリットではない。「Cクラス」より15mm低い「CLE」の欠点は、サスペンショントラベルが短いことだ。

洗練された4気筒エンジン2.0リッターターボガソリンエンジンは、最近テストされたSUVの兄弟車「GLC」よりも音響的に存在感が薄く、遮音性が高いようだ。スポーツモードでは、サウンドエンジニアリングがスポーツカーのような音色を奏でる。6気筒エンジンを搭載すれば、「CLE」はさらに調和の取れたパッケージとなるかもしれないが、技術的に洗練された4気筒エンジン(可変バルブリフトなどを装備)でも十分であり、ブルジョワ的に燃費の数値や航続距離の長さを気にしないこのクルマに常識的なダッシュを与えている。

性能的には十分: 2.0リッター4気筒エンジンはかなり後方に配置されている。負荷がかかると価格には見合わない少々耳障りで緊張感のあるサウンドになる。この2リッターエンジンがミラーサイクルに従って作動するとは信じがたい。この原理に基づくエンジンは、より効率的な燃焼を確保するため、意図的に低いシリンダーチャージで作動する。通常、その代償として低回転からの加速が鈍くなるが、このエンジンは違う: 内蔵された48ボルトのスタータージェネレーターは、205Nmの自発的なトルクを発生し、低回転域での弱点を効果的に克服している。このスタータージェネレーターは、エンジンの迅速かつスムーズな始動も可能にしている。

アジャスタブルダンパーとオールホイールステアリングにより、CLEは揺るぎなく安定した走りをみせる。通常の多板クラッチの代わりに純正センターディファレンシャルを備えたCクラスの全輪駆動。基本的な前後パワー配分は45:55パーセントで、敏捷性を重視してややリア偏重となっている。

メルセデスとしては高めの基本価格最大の欠点は価格だ。ベース価格6万8,544ユーロ(約1,100万円)のメルセデスは、同クラスの「BMW 430i xDrive」より9,000ユーロ(約145万円)高い。とはいえ、私たちは「CLE」に満足している。アウディがかなり慎重に売り出した「A5」はまだコンフィギュレーションが可能だが、もう7年前のモデルだ。

私たちがテストしたCLEはプリプロダクションモデルで、欠点は最終的なシリーズ生産までに修正される予定だ。結論:メルセデスがこの伝統を守っているのは素晴らしいことだ。クーペの愛好家(購入者)は、リアの快適性、荷室へのアクセス、駐車のしやすさなどの点で、妥協する必要があるが、小さなことだ。AUTO BILDテストスコア: 2-

Text: Rolf Klein and Dennis HeinemannPhoto: Thomas Starck / AUTO BILD

こんな記事も読まれています

ポルシェ、新型「911」を発表! 初の電動ターボハイブリッドシステムを搭載した「911カレラGTS」が登場。
ポルシェ、新型「911」を発表! 初の電動ターボハイブリッドシステムを搭載した「911カレラGTS」が登場。
くるくら
エンジンを諦めない! トヨタ、スバル、マツダが「新エンジン」開発宣言。電動化時代に向けた3社の取組みとは?
エンジンを諦めない! トヨタ、スバル、マツダが「新エンジン」開発宣言。電動化時代に向けた3社の取組みとは?
くるくら
導入補助金52万円が適用可能!メルセデス、EQE350+の特別仕様車「エレクトリックアート」を30台限定で発売!
導入補助金52万円が適用可能!メルセデス、EQE350+の特別仕様車「エレクトリックアート」を30台限定で発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB
相次ぐ車内の子ども置き去り事故、防止へ…オートバックスが『こまもり』を発売
相次ぐ車内の子ども置き去り事故、防止へ…オートバックスが『こまもり』を発売
レスポンス
F1ラスベガスGP、低価格のチケットを導入。2年目の開催に向け、ファン層拡大を狙う
F1ラスベガスGP、低価格のチケットを導入。2年目の開催に向け、ファン層拡大を狙う
motorsport.com 日本版
【国内試乗】本格オフローダーにしてこの美しいシルエット。これだけで選ぶ価値ありです!「ランドローバー・レンジローバーヴェラール」
【国内試乗】本格オフローダーにしてこの美しいシルエット。これだけで選ぶ価値ありです!「ランドローバー・レンジローバーヴェラール」
LE VOLANT CARSMEET WEB
[発売後1ヶ月、販売店に聞いてみた] 今春マイナーチェンジしたホンダ ヴェゼル、ユーザーの反響はどうなのか?
[発売後1ヶ月、販売店に聞いてみた] 今春マイナーチェンジしたホンダ ヴェゼル、ユーザーの反響はどうなのか?
月刊自家用車WEB
三菱自動車、「ミニキャブトラック」を一部改良 仕様向上で最大23万円値上げ
三菱自動車、「ミニキャブトラック」を一部改良 仕様向上で最大23万円値上げ
日刊自動車新聞
スマートの電動SUVクーペ、「BRABUS」は428馬力…マレーシアで予約開始
スマートの電動SUVクーペ、「BRABUS」は428馬力…マレーシアで予約開始
レスポンス
F1に新規参戦したきゃ900億円以上用意しな! 次期コンコルド協定で新たな“希薄基金”設定か。参戦ハードルは高く
F1に新規参戦したきゃ900億円以上用意しな! 次期コンコルド協定で新たな“希薄基金”設定か。参戦ハードルは高く
motorsport.com 日本版
110万円! 三菱が新型「軽トラック」発表! “5MT”搭載&ワイルドな「新色グリーン」も設定! “低燃費×快適性”高めた「新・商用モデル」登場
110万円! 三菱が新型「軽トラック」発表! “5MT”搭載&ワイルドな「新色グリーン」も設定! “低燃費×快適性”高めた「新・商用モデル」登場
くるまのニュース
【MotoGP第6戦カタルーニャGP】14位ゴールの中上貴晶選手は目標クリアのホンダ最上位。次戦はエアロをアップデート予定
【MotoGP第6戦カタルーニャGP】14位ゴールの中上貴晶選手は目標クリアのホンダ最上位。次戦はエアロをアップデート予定
バイクのニュース
おしゃれで広くてシンプルだ! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
おしゃれで広くてシンプルだ! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
「下関北九州道路」事業化なるか。関門海峡3本目となる道路のルート定まる。
「下関北九州道路」事業化なるか。関門海峡3本目となる道路のルート定まる。
くるくら
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #7 【ランドローバー ディフェンダー】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #7 【ランドローバー ディフェンダー】
グーネット
ポルシェ911がアップグレードされてハイブリッドも登場。日本仕様は予約受注を開始
ポルシェ911がアップグレードされてハイブリッドも登場。日本仕様は予約受注を開始
Webモーターマガジン
スバル『フォレスター』、IIHS衝突試験で唯一の最高評価
スバル『フォレスター』、IIHS衝突試験で唯一の最高評価
レスポンス
アップル白井店オープン、千葉県内22店舗目
アップル白井店オープン、千葉県内22店舗目
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • ひとくん
    確かに値段高すぎです。1世代前のS300hに乗ってましたが、Sなのに1,000万以下でした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.0568.0万円

中古車を検索
クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.0568.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村