現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 無敵の販売力を誇るトヨタでもダメだった! 本家ダイハツより売れなかった地味すぎるクルマ「スパーキー」とは

ここから本文です

無敵の販売力を誇るトヨタでもダメだった! 本家ダイハツより売れなかった地味すぎるクルマ「スパーキー」とは

掲載 20
無敵の販売力を誇るトヨタでもダメだった! 本家ダイハツより売れなかった地味すぎるクルマ「スパーキー」とは

 この記事をまとめると

■ダイハツ・アトレーのOEMとしてトヨタからスパーキーが販売されていた

「姿」はもちろん「名前」も怪しい! 超メジャーのトヨタなのに「思い出せない」歴史的マイナー車5選

■ダイハツのOEMでもトヨタのほうが売れるというのが通例であったがスパーキーは苦戦

■アトレーよりも1年ほど早く販売を終えてしまった

 トヨタブランドを持ってしても敵わなかった稀な例

 軽自動車では業界トップクラスの知名度を誇るダイハツ。しかし、コンパクトカーにおいてはOEM供給した先のトヨタブランドで販売されたもののほうが販売台数で上まわるということも珍しくなかった。

 たとえばダイハツ・ストーリアとトヨタ・デュエットでは、ストーリアが3.7万台ほどの販売台数だったところ、デュエットは12万台以上を売るといった具合。これはそもそものユーザー層の違いと販売力の差もあったため、ある意味致し方ない部分ともいえるだろう。

 しかし、そんなダイハツからトヨタへOEM供給がなされていながらも、ダイハツの牙城を崩せなかったモデルが存在していた。それが2000年にデビューしたスパーキーである。

 このスパーキーは、ダイハツのアトレー7のOEM車であり、アトレー7は軽ワンボックスワゴンのアトレーをベースに1.3リッターエンジンを搭載し、ボディ外板パネルを大型化したものを装着するなどして普通車登録としたもの。乗車定員は車名が表すように7人乗りとなっていた。

 このアトレー7とスパーキー、当然OEM車であるからクルマとしての基本は共通となっていたのだが、スパーキーのほうはアトレー7ではオプション設定となっていたABSやメカニカル2段アシスト機構付ブレーキといった安全装備や内装の加飾などが標準装備となっていたため、販売価格ではスパーキーのほうが10万円ほど高くなっていたのだ。

 もちろんアトレー7でも同様の装備を追加すればスパーキーと同等の価格になったのだが、スタート価格が高く見えてしまったことで、ユーザーの多くはアトレー7に流れてしまったというワケである。

 また、アトレー7には商用登録となる「ハイゼットグランカーゴ」なるモデルも用意されていたが、スパーキーには設定されず、「商用モデルを見にきたけれど、見比べた結果乗用モデルにした」というユーザーをキャッチすることができなかった点も少なからず影響しているといえるだろう。

 そして、販売チャネルもどちらかというと年輩のユーザーが多かったビスタ店専売だったことも販売台数が伸びなかった一因かもしれない。

 結局、スパーキーはアトレー7よりも早い2003年夏には販売を終了し(アトレー7は2004年末まで販売)、その後、トヨタからこのクラスのワンボックスワゴンが登場していないのは、この失敗があったからだろうか?

こんな記事も読まれています

いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
WEB CARTOP
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
くるまのニュース
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
バイクのニュース
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
motorsport.com 日本版
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
くるまのニュース
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
バイクブロス
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
Auto Prove
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
Webモーターマガジン
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
くるまのニュース
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
バイクのニュース
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
VAGUE
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
AutoBild Japan
4/27に滋賀県で開催される EV レンタルサービス「SO!LAR・TA・TA -EV」のオープン記念イベントにインパルス板倉氏が登場!
4/27に滋賀県で開催される EV レンタルサービス「SO!LAR・TA・TA -EV」のオープン記念イベントにインパルス板倉氏が登場!
バイクブロス
デイズよりスカイラインが劣る!? 登場時は先進技術満載で話題も……熟成を続けて10年以上も従来型を推したいワケ
デイズよりスカイラインが劣る!? 登場時は先進技術満載で話題も……熟成を続けて10年以上も従来型を推したいワケ
ベストカーWeb
スズキ GSX250RがマイナーチェンジでLEDヘッドランプ採用!63万5800円~で4月17日発売
スズキ GSX250RがマイナーチェンジでLEDヘッドランプ採用!63万5800円~で4月17日発売
モーサイ

みんなのコメント

20件
  • 私は当時、軽のアトレーワゴンカスタムを選択して乗っていました。
    カスタムはこれまでの1BOXは商用車というイメージを払拭する出来栄えでしたから。
    アトレー7もスパーキーもカスタム系のデザインにしていればもっと売れたと思うけど。

  • アトレーなんちゃらとかドミンゴも思い出そう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

131.5186.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

51.978.3万円

中古車を検索
スパーキーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

131.5186.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

51.978.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村