現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまブイブイ言わせてるA110のご先祖の「クラシックA110」ってどんなクルマ? 試乗経験のあるジャーナリストが「根底は同じ」と語るワケ

ここから本文です

いまブイブイ言わせてるA110のご先祖の「クラシックA110」ってどんなクルマ? 試乗経験のあるジャーナリストが「根底は同じ」と語るワケ

掲載 6
いまブイブイ言わせてるA110のご先祖の「クラシックA110」ってどんなクルマ? 試乗経験のあるジャーナリストが「根底は同じ」と語るワケ

 この記事をまとめると

■現在販売されるアルピーヌA110は、1960~70年代の同名のスポーツカーのリバイバルだ

ユーザーの不満の表れでもある! 最近クルマのデザインに「復刻ブーム」が訪れているワケ

■ハイパワーなエンジンではないが、軽量コンパクトなボディのおかげで走りのキレがいい

■現在販売されているアルピーヌA110にも昔の良さが受け継がれている

 アルピーヌ A110ってそもそもどんなクルマ?

 日本での発売から5年が経過したいまでも、ミッドシップのライトウェイトスポーツの理想型として根強い人気を誇るアルピーヌA110が、1960~70年代の同名のスポーツカーのリバイバルであることは、クルマ好きなら知っているだろう。

 ここではクラシックA110と呼ぶことにする先代は、ルノーのリヤエンジン大衆車4CVをベースにして、1955年に生まれたアルピーヌA106、4CVの上級版ドーフィンを基本としたA108に続く第3世代で、ドーフィンに代わって登場したルノー8のメカニズムを用いて1962年にデビューした。

 ボディは現行A110がモチーフにしたベルリネットのほか、カブリオレ、カブリオレ+ハードトップという形態のクーペスポール、2+2のGT4があった。

 リヤにオーバーハングされたエンジンは、当初はルノー8と同じ956ccの直列4気筒OHVだった。

 僕が取材で乗ったことがあるのはベルリネットだけなので、その経験から書かせてもらうと、まずスタイリングは現行型とそっくりだ。クラシックA110はリヤエンジンなのにフォルムは近いし、ディテールまで本当にこだわって描いてある。

 でも、サイズはかなり違う。旧いクルマなので資料によって差はあるけれど、ここでは3850×1520×1130mmという数字を挙げておく。ホイールベースは2100mm。いずれも現行型を含めたいまのスポーツカーよりかなり小さい。

 このうち、ホイールベースの数字はA106やルノー4CVと同じだ。ドーフィンやルノー8はキャビンを広くするためにホイールベースを伸ばしたのに、アルピーヌはA108の途中で専用設計の鋼管バックボーンフレームを導入してまで2100mmにこだわった。

 なので、コクピットはとにかく低くて狭い。しかも前輪の間に足を入れるようなドライビングポジションなので、カラダをクルマにはめ込んでいくような感じ。ただし、シートに収まると、手足を前に伸ばしたスポーツカーらしい姿勢が楽に取れる。

 その鋭い挙動は誰もが唸ること必至

 リヤにオーバーハングされたエンジンが、ラリーでの勝利のために強化されていったことも特徴。ルノー8の高性能版ゴルディーニの1.1リッターや1.3リッター、さらには格上のルノー16の1.6リッターも積み、ワークスカーでは最終的に1.8リッターに到達した。

 対するボディはコンパクトであるうえにFRP製だから、1.6リッターでも700kgぐらい。加速はエンジンによって違いはあるが、アクセルペダルを踏み込んだ瞬間の車体の反応、いわゆるツキの良さが圧倒的だ。それでいてOHVなので低中回転でも使いやすい。

 サスペンションはノーマルでは硬くはなく、フランス車らしいしっとり感が味わえる。でもそれが目的のクルマでないことは、ステアリングを切ればわかる。スパッと鋭いターンインと平行移動しているようなコーナリングは、ほとんどのクルマ好きが魅了されるはず。

 ただし、右足のわずかな動きで挙動を変えようとするから、ペースを上げると気が抜けない。これはリヤサスペンションがキャンバー変化の大きなスウィングアクスルだったことも関係している。

 アルピーヌもそれを感じていたのか、次世代モデルのA310のために開発し、ミッドシップのルノー5ターボにも使われたダブルウイッシュボーン式を組み込んだ仕様を、モデル末期に用意した。

 いずれにしてもクラシックA110の走りには、ライトウエイト、ショートホイールベース、リヤエンジンという成り立ちが大きく関わっている。それを理由として、いまのA110は昔とは違うと指摘する人もいるだろう。

 しかし、僕が知っているクラシックA110のオーナーの多くが、いまのA110を買っていることも事実。表面的なスペックには現れない、哲学や精神のような部分は同じだと感じているのだろう。

 昔は良かったとノスタルジーに浸るのもいいけれど、その世界観を忠実に再現したのがいまのA110であることも知っておいてほしい。

こんな記事も読まれています

ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
レスポンス
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
motorsport.com 日本版
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
レスポンス
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
くるまのニュース
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
バイクのニュース
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
モーサイ
【10年ひと昔の新車】スバル インプレッサWRX STIの4ドアに待望の「スペックC」が登場した!
【10年ひと昔の新車】スバル インプレッサWRX STIの4ドアに待望の「スペックC」が登場した!
Webモーターマガジン
【スーパースポーツ試乗】フェラーリ296GTBと296GTSに乗って実感。エレガントにしてレーシー、スポーツカーは永遠に不滅
【スーパースポーツ試乗】フェラーリ296GTBと296GTSに乗って実感。エレガントにしてレーシー、スポーツカーは永遠に不滅
カー・アンド・ドライバー
マツダ新型ハイブリッドに秘策あり!! ロータリーは伏兵だ……スカイアクティブXの燃焼技術が生きるかも?
マツダ新型ハイブリッドに秘策あり!! ロータリーは伏兵だ……スカイアクティブXの燃焼技術が生きるかも?
ベストカーWeb
強力な高圧洗浄機なのに、充電式のコードレス! 「FIXNOW」が応援購入を受付中
強力な高圧洗浄機なのに、充電式のコードレス! 「FIXNOW」が応援購入を受付中
月刊自家用車WEB
5年ぶり復活! トヨタ新型「ランドクルーザー“プラド”」発表! 豪華な“6人乗り”仕様&最上級パワトレに反響アリ! 「カクカク本格SUV」中国に登場
5年ぶり復活! トヨタ新型「ランドクルーザー“プラド”」発表! 豪華な“6人乗り”仕様&最上級パワトレに反響アリ! 「カクカク本格SUV」中国に登場
くるまのニュース
[コレ貼ったクルマには注意を] 初心者マーク以外にもある、クルマに貼られるマーク×3種
[コレ貼ったクルマには注意を] 初心者マーク以外にもある、クルマに貼られるマーク×3種
月刊自家用車WEB
新型M5をBMWがチラ見せ!!   5シリーズが4気筒だけでいいわけない! 700psオーバーでニュル最速のBMWってマジなんですか
新型M5をBMWがチラ見せ!!   5シリーズが4気筒だけでいいわけない! 700psオーバーでニュル最速のBMWってマジなんですか
ベストカーWeb
フェラーリカスタマーの83号車が首位。トヨタ8号車が3番手……夜と共に雨が襲来|ル・マン24時間レース:6時間経過
フェラーリカスタマーの83号車が首位。トヨタ8号車が3番手……夜と共に雨が襲来|ル・マン24時間レース:6時間経過
motorsport.com 日本版
スズキ「バーグマンストリート125EX」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマンストリート125EX」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
ベストカーWeb
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • しげちん
    今のうちですよ皆さん、後2〜3年で買えなくなってしまいます。円安もあってどんどん値上がりしてますが、ポルシェの半額程で買えます。
    どんどん魅力のなくなる日本車から乗り換えたいお父さんに是非、人生が楽しくなりますよ。

            日本の後期高齢者かつ年金生活者
  • zab********
    うちの勤務先のスタンドにこのアルピーヌのお客さんが来ます、乗せてもらう機会がありましたけど、とにかく「痛快!」な走りです。スポーツカーとはかくあるべきというような走り!ポルシェにも乗った事はありますが、アルピーヌの方が運転「楽しい♪」です。ポルシェみたいな…「お金持ちアピール」が必要でなけりゃ…断然アルピーヌを選びますね~プジョーもそうですけど、フランス車は「曲がる」のが楽しいサスセッティングです。ドイツ車がアウトバーン育ちならば、フランス車はアルプス、ピレネー育ち故にそうなるのかもしれません。ちなみに…通は「アルピーヌ」とは呼ばないで「アルパイン」って呼ぶらしいです(笑)アルピーヌはフランス語、アルパインは英語なんで、ポルシェだと人と被るのがイヤならばぜひともオススメします♪自分も欲しい!国産車もこんなクルマ造るべきですよね♪
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索
A110の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

648.91358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村