サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【どう変わったのか?】新型スバル・レヴォーグに試乗 同じ価格帯ではトップレベルのコストパフォーマンス

ここから本文です

スバル・レヴォーグ 先代からの変更点

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)

【画像】あなたは見分けられる? 新旧レヴォーグの内外装【比較】 全301枚

北米市場のニーズに対応すべく車格アップと車体サイズの拡大を図ってきたレガシィ。初代からは1クラスも2クラスも上のモデルになってしまった。

そこで本来のレガシィに相当する2L級の新型車として開発されたのがレヴォーグ。つまり、黄金期のレガシィ・ツーリングワゴンの実質的な後継モデルである。

次期モデルはスポーツ性の高さを表現したスタイルやターボの採用など、従来車の基本コンセプトをそのままに継承する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン