現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 輸入車ブランド最新動向2022【アウディ編】「スポーツと電動化の二正面作戦を展開」

ここから本文です

輸入車ブランド最新動向2022【アウディ編】「スポーツと電動化の二正面作戦を展開」

掲載 10
輸入車ブランド最新動向2022【アウディ編】「スポーツと電動化の二正面作戦を展開」

BEVのラインナップの拡充に積極的なアウディだが、実はスポーツモデルにも力を入れており、RSやSQ2といった走りに振ったモデルも投入している。(Motor Magazine 2022年9月号より)

ドリフトファンには最高のRS3採用の新駆動方式
2年後の2024年までに15車種以上の電気自動車を導入するなど、電動化を積極的に推し進めているアウディだが、だからといって、これまで連綿と続いてきたスポーツ系の伝統が途絶えてしまうわけではない。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

その証拠に、最新世代のA3をベースとしたスポーツモデルのRS 3が先ごろ発表された。新型は、先代と同じようにスポーツバックとセダンの2タイプを用意。伝統の2.5L直列5気筒エンジンを搭載するところまでは従来と同じだが、最高出力は400psのまま、最大トルクは20Nmアップの500Nmを達成。

これ以上に大きなニュースといえるのが、まったく新しい駆動系の採用で、これは左右の後輪に伝達するトルクを個別に電子制御することにより、ハンドリング特性をさまざまに変化できるもの。しかも「RSトルクリヤ」というモードでは、リアトルクの100%をアウト側のタイヤに伝えることで、容易にドリフトが楽しめるという。

もう1台のスポーツモデルがSQ2。基本的にこちらはフェイスリフトだが、目に見えない部分が熟成された可能性は十分にある。

そしてBEVではeトロンの本命というべきQ4が今秋に導入される。その航続距離は576kmで認証されたことが発表されたばかり。こちらも楽しみだ。(文:大谷達也/写真:井上雅行、永元秀和、アウディ)

アウディ RS 3 セダン主要諸元(タイトル写真)
●全長×全幅×全高:4540×1850×1410mm
●ホイールベース:2630mm
●車両重量:1600kg
●エンジン:直5DOHCターボ
●総排気量:2480cc
●最高出力:294kW(400ps)/5600-7000rpm
●最大トルク:500Nm(51.0kgm)/2250-5600rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:4WD

アウディ SQ2主要諸元
●全長×全幅×全高:4220×1800×1525mm
●ホイールベース:2595mm
●車両重量:1560kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1984cc
●最高出力:221kW(300ps)/5300-6500rpm
●最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2000-5200rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:4WD

アウディ Q4 eトロン主要諸元
●全長×全幅×全高:4590×1865×1630mm
●ホイールベース:2765mm
●車両重量:2100kg
●モーター:1基
●モーター最高出力:150kW
●モーター最大トルク:310Nm
●トランスミッション:1速固定
●駆動方式:RWD

[ アルバム : アウディ最新動向 はオリジナルサイトでご覧ください ]

関連タグ

こんな記事も読まれています

スズキ“新”「ハスラー」登場! 斬新「黒すぎ顔」×専用2トーン採用! 上質カーキ内装でめちゃ精悍な「新タフワイルド」 通常モデルとの違いは?
スズキ“新”「ハスラー」登場! 斬新「黒すぎ顔」×専用2トーン採用! 上質カーキ内装でめちゃ精悍な「新タフワイルド」 通常モデルとの違いは?
くるまのニュース
ドゥカティが2台のスクランブラーカスタム「CR24I」「RR24I」を発表 Centro Stile Ducati が新解釈を提案
ドゥカティが2台のスクランブラーカスタム「CR24I」「RR24I」を発表 Centro Stile Ducati が新解釈を提案
バイクのニュース
前後シルバーアクセントでSUV感マシマシに!! 地上高アップで本格派に!? 新型ノートオーテッククロスオーバーが本気のマイチェン
前後シルバーアクセントでSUV感マシマシに!! 地上高アップで本格派に!? 新型ノートオーテッククロスオーバーが本気のマイチェン
ベストカーWeb
【MotoGP】ドゥカティ、ホルヘ・マルティンのファクトリーチーム昇格を決定? 残るはマルク・マルケスの判断に
【MotoGP】ドゥカティ、ホルヘ・マルティンのファクトリーチーム昇格を決定? 残るはマルク・マルケスの判断に
motorsport.com 日本版
[15秒でわかる]ドゥカティ『モンスター・セナ』…世界限定販売、アイルトンを称える
[15秒でわかる]ドゥカティ『モンスター・セナ』…世界限定販売、アイルトンを称える
レスポンス
新型「ポルシェ 911(992.2)」に電動化モデル登場!純電動では走らないハイブリッドシステムを搭載した新型911の全情報!
新型「ポルシェ 911(992.2)」に電動化モデル登場!純電動では走らないハイブリッドシステムを搭載した新型911の全情報!
AutoBild Japan
名神と第二京阪つながる!「京都南ジャンクション」計画に反響多数「今すぐ完成して」交差してるのにランプが無い…京都市中心部がさらに便利に!?
名神と第二京阪つながる!「京都南ジャンクション」計画に反響多数「今すぐ完成して」交差してるのにランプが無い…京都市中心部がさらに便利に!?
くるまのニュース
『ヒャッハー!』系?! ドゥカティが2つのコンセプトモデルを英国バイクシェッドで初公開
『ヒャッハー!』系?! ドゥカティが2つのコンセプトモデルを英国バイクシェッドで初公開
WEBヤングマシン
フロントガラスがないオープンカー!? メルセデスAMG新型「ピュアスピード」初披露 メルセデスの最高級・新ブランド“ミトス”第1弾として登場予定
フロントガラスがないオープンカー!? メルセデスAMG新型「ピュアスピード」初披露 メルセデスの最高級・新ブランド“ミトス”第1弾として登場予定
VAGUE
BMW X1にEVモデルと1.5Lターボの2モデルを追加発売
BMW X1にEVモデルと1.5Lターボの2モデルを追加発売
Auto Prove
中国人は長いのがお好き! セダンだけじゃなくSUVまで「L」が付くクルマが登場する事態
中国人は長いのがお好き! セダンだけじゃなくSUVまで「L」が付くクルマが登場する事態
WEB CARTOP
スズキのゴツすぎ「超本格SUV」がカッコいい!「ジムニー」譲りの“悪路走破性”でアウトドアでも大活躍! 斬新モデル「X-HEAD」に期待大
スズキのゴツすぎ「超本格SUV」がカッコいい!「ジムニー」譲りの“悪路走破性”でアウトドアでも大活躍! 斬新モデル「X-HEAD」に期待大
くるまのニュース
ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」最新モデル発売 全面刷新したミドルクラスアドベンチャーが登場
ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」最新モデル発売 全面刷新したミドルクラスアドベンチャーが登場
バイクのニュース
「日本人は高級品への理解深い」 英高級車メーカー・アストンマーチンは日本市場を奪える? F1参戦効果も後押しか
「日本人は高級品への理解深い」 英高級車メーカー・アストンマーチンは日本市場を奪える? F1参戦効果も後押しか
Merkmal
節約&安全を両立! タイヤ・ローテーションと空気圧管理の重要性とは?~Weeklyメンテナンス~
節約&安全を両立! タイヤ・ローテーションと空気圧管理の重要性とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
タイトル争いでレッドブルに急接近! しかしフェラーリのバスール代表は兜の緒を締める「最悪なのは、もうやり切ったと思うこと」
タイトル争いでレッドブルに急接近! しかしフェラーリのバスール代表は兜の緒を締める「最悪なのは、もうやり切ったと思うこと」
motorsport.com 日本版
スバル、「クロストレック」、「インプレッサ」が自動車安全性能2023ファイブスター大賞を受賞 衝突安全性能と予防安全性能で最高得点を獲得
スバル、「クロストレック」、「インプレッサ」が自動車安全性能2023ファイブスター大賞を受賞 衝突安全性能と予防安全性能で最高得点を獲得
月刊自家用車WEB
日産 キックス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
日産 キックス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

10件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

229.9667.9万円

中古車を検索
SQ2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

229.9667.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村