サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】プジョー 新型208│コンパクトカーのポテンシャルを最大限に引き出した新時代の開拓車!

ここから本文です

【試乗】プジョー 新型208│コンパクトカーのポテンシャルを最大限に引き出した新時代の開拓車!

疲れを感じさせない優れたドライバビリティ

2020年、プジョーのBセグメントハッチバック「208」が2世代目へとフルモデルチェンジした。プジョーの「20X」シリーズは、80年代にヒットした205にはじまり、モデルチェンジを重ねるごとに206、207と末尾の数字が1つずつ増えてきたが、新型208は車名はそのままに、中身は2代目へと進化した。

【図説で愛でる劇中車】シリーズの過去記事はこちら

というのもプジョーは真ん中を「0」にした3桁の数字を車名として商標登録していることで知られるが、「20X」シリーズは、209に到達した時点でいったん終焉を迎えることになる。また、Cセグメントハッチバックは308、セダンは508、そして新しいSUVシリーズは2008、3008、5008と現行モデルはすべて末尾が8で統一されていることもあって、208を踏襲したと考えられる。

車両プラットフォームは、PSA グループのB&CセグメントをカバーするCMP (Common Modular Platform)で、内燃エンジンモデルだけでなくバッテリーEVまでを見越した最新世代のものだ。そのため、この208には同社初の電気自動車「e-208」が同時にラインアップされた。

内燃エンジンモデルのラインナップは、上から「GT」、「Allure」、「Style」の3グレード。パワートレインは3車共通の、最高出力100ps、最大トルク205N・mを発揮する、1.2L 3気筒エンジンだ。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。 試乗車は、最もスポーティな「GTライン」だった。GTラインは2021年2月の一部改良でグレード名が「GT」へと変更。また、WLTCモード燃費が5%アップし、17.0km/Lから17.9km/Lとなり排ガス基準四つ星レベル(50%低減認定車)を取得。エコカー減税の対象となっている。

ボディサイズは、全長4095×全幅1745mm、車両重量は1180kgとても軽量コンパクトなもの。エクステリアは、ヘッドライトとリアライトに、ライオンの三本の爪をモチーフとしたデザインが施されており、ヘッドライトから下方に伸びる、ツメのひっかき跡のような「セイバー(サーベル)」と呼ばれるデイタイムランニングライトが特徴的だ。ボリュームのあるフロントマスクとリアフェンダーの造形があいまって、クラスを超えた迫力を感じさせる。

インテリアは、先代から採用されているプジョー独自のコンセプト「iコックピット」の進化版。メーターには3次元表示が可能な液晶パネルを採用する。小径で楕円形状のステアリングの上側からメーターをのぞきこむ独特のポジションは、賛否両論分かれるところだが、プジョーはいますべてのラインナップにこのコンセプトを貫いている。身長やシートポジションによっても見え方は変わるが、個人的には慣れてしまえば使い勝手には問題ないと思う。

シートは、フランス車の良き伝統を受け継ぐもの。コンパクトカーといえどもしっかりと座面サイズを確保し、表皮素材にはアルカンタラとテップレザーを組み合わせる。肌触りよくかつホールド性も備えており、長時間のドライブでも疲れにくいものだ。

走り出せばとても1.2Lとは思えないほど軽快に走る。8速ATの緻密な制御のおかげもあって、低回転域でトルク不足を感じることもない。2015年の登場以来、5年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに選出された傑作ユニットだけのことはある。

また、新プラットフォームを採用したことで、ADAS(先進運転支援システム)が一気に最新のものになった。ストップ・アンド・ゴー機能付きアクティブクルーズコントロールや歩行者、自転車も検知するアクティブセーフティブレーキ、レーンポジショニングアシストやレーンキープアシストなどを標準装備している。 プジョーに限らずフランス車のA、B、Cセグメントは、ドイツ車に比べてADASの採用に積極的ではなかった。特にコンパクトセグメントは、MTで操作することが一般的なかの地では、ADASは必要とされていなかったわけだが、それがついに日本市場では標準装備化されたわけだから、隔世の感がある。もはや、ドイツ勢にもまったくひけをとらないコンパクトカーになった。

しかし、新型ルノールーテシアも、そしてこのプジョー 208もADASと引き換えにMTの設定を失った。さらに電動化が進めばトランスミッションそのものがなくなっていく。ないものねだりではあるが、MTを味わえるのも今のうちというわけだ。 新型プジョー 208の中古車を探す▼検索条件新型プジョー 208 × 全国文/藤野太一、写真/河野敦樹

初代のプジョー208の中古市場は?

人気の高かったプジョー207の後継モデルとして、日本では2012年から2020年まで発売。現在の中古市場は50万円から、平均は100万円ほどで、10万km以下で修復歴なしのものがほとんど。標準的なモデルでは赤や白、黒といったベーシックなカラーが多く流通している。スポーツモデルGTIもカーセンサーでは30台弱ほど流通しており平均150万円ほどとなっている 初代プジョー 208の中古車を探す▼検索条件初代プジョー 208 × 全国写真/PSAグループ【試乗車 諸元・スペック表】●GT型式3BA-P21HN05最小回転半径5.5m駆動方式FF全長×全幅×全高4.1m×1.75m×1.47mドア数5ホイールベース2.54mミッション8AT前トレッド/後トレッド1.5m/1.5mAI-SHIFT-室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS-車両重量1170kgシート列数2最大積載量-kg乗車定員5名車両総重量-kgミッション位置フロア最低地上高0.15mマニュアルモード◯標準色ファロ・イエローオプション色ヴァーティゴ・ブルー、エリクサー・レッド、ペルラ・ネラ・ブラック、パール・ホワイト掲載コメント-型式3BA-P21HN05駆動方式FFドア数5ミッション8ATAI-SHIFT-4WS-標準色ファロ・イエローオプション色ヴァーティゴ・ブルー、エリクサー・レッド、ペルラ・ネラ・ブラック、パール・ホワイトシート列数2乗車定員5名ミッション位置フロアマニュアルモード◯最小回転半径5.5m全長×全幅×全高4.1m×1.75m×1.47mホイールベース2.54m前トレッド/後トレッド1.5m/1.5m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量1170kg最大積載量-kg車両総重量-kg最低地上高0.15m掲載用コメント-エンジン型式HN05環境対策エンジン-種類直列3気筒DOHC使用燃料ハイオク過給器ターボ燃料タンク容量44リットル可変気筒装置-燃費(JC08モード)22km/L総排気量1199cc燃費(WLTCモード)17.9km/L└市街地:13.4km/L└郊外:17.9km/L└高速:20.8km/L燃費基準達成-最高出力100ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm205(20.9)/1750エンジン型式HN05種類直列3気筒DOHC過給器ターボ可変気筒装置-総排気量1199cc最高出力100ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm205(20.9)/1750環境対策エンジン-使用燃料ハイオク燃料タンク容量44リットル燃費(JC08モード)22km/L燃費(WLTCモード)17.9km/L└市街地:13.4km/L└郊外: 17.9km/L└高速: 20.8km/L燃費基準達成-

カーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します