現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【BMW Mの系譜(6)】BMW M ロードスター/M クーペは究極のドライビングマシン

ここから本文です

【BMW Mの系譜(6)】BMW M ロードスター/M クーペは究極のドライビングマシン

掲載 更新
【BMW Mの系譜(6)】BMW M ロードスター/M クーペは究極のドライビングマシン

2代目M3が熱狂的に迎え入れられた後、それまでのMモデルのラインアップからすると、少々異質なM ロードスター/M クーペが登場した。「究極のドライビングマシン」と銘打たれたM ロードスターとそのクーペ版であるM クーペは生粋のスポーツカーだった。モータースポーツ参戦を視野に入れていたわけでもなく、M5のような高性能高品質なセダンでもなかったが、そこには従来のMモデルにはない独自の魅力があったのだ。

コンパクトなボディにM3のエンジンを搭載
1997年、BMW M社からユニークで型破りなスポーツカーが登場した。シンボリックなスポーツカーが登場した。Z3ロードスターとM3の個性を組み合わせた、究極のモデル、M ロードスターだった。

【スクープ】どうなる日本のセダン? 消滅が秒読みのビッグネームたち!

Z3ロードスターはZ1以来の2シーターオープンカーで、それだけでもスポーツ性は高かったが、その軽快なオープンルーフのスタイリングにM3のエンジンが搭載されていたのだから、ファンにはたまらないクルマだった。

その直後に登場したM クーペは、M ロードスターと同様にM3のエンジンを搭載していたが、Z3クーペをベースとしたその個性はM ロードスターとはまた違ったものだった。

エンジンは2代目M3(E36後期型)に搭載されていた3.2L直6エンジンS50B32型で、最高出力321ps/7400rpm、最大トルク350Nm/3250rpmを発揮した。

このパワフルなエンジンを初代3シリーズをベースに開発されたライトウエイトスポーツカーに積むわけだから、荒々しいジャジャ馬的な走りを想像するが、足回りの強化、ボディ剛性の強化は半端ではなかった。

セミトレーリングアームのリアサスペンションは限界領域の特性に扱いにくさもあったが、それも含めて、獰猛さ、ダイレクトな手応え、ドライバーを中心に旋回する感覚は、腕に覚えのあるオーナーを魅了したのだった。

BMW Mの系譜のバックナンバー

BMW M ロードスター(1998)
●全長:4035mm
●全幅:1740mm
●全高:1265mm
●ホイールベース:2460mm
●車両重量:1410kg
●エンジン:直列6気筒 DOHC
●排気量:3201cc
●ボア×ストローク:86.4×91.0mm
●最高出力:321ps/7400rpm
●最大トルク:350Nm/3250rpm
●駆動方式:FR
●トランスミッション:5速MT
●サスペンション:ストラット/セミトレーリングアーム

[ アルバム : BMW M ロードスター/M クーペ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ゲレヴァー好きですか?レストアされたレアなオフローダー「メルセデス 300 GD」で冒険の旅へ、150万キロ感動の物語
ゲレヴァー好きですか?レストアされたレアなオフローダー「メルセデス 300 GD」で冒険の旅へ、150万キロ感動の物語
AutoBild Japan
アルピーヌF1、中国GPで新"軽量版"シャシー投入&フロアアップデートも実施……最下位脱出に向け奮闘中
アルピーヌF1、中国GPで新"軽量版"シャシー投入&フロアアップデートも実施……最下位脱出に向け奮闘中
motorsport.com 日本版
【最新スーパースポーツ試乗】世界限定2500台、オフロードも走れるポルシェ911ダカールのオールラウンド性能
【最新スーパースポーツ試乗】世界限定2500台、オフロードも走れるポルシェ911ダカールのオールラウンド性能
カー・アンド・ドライバー
渋滞へトラックが「ノーブレーキ突入」衝撃の映像!? NEXCO緊急の注意喚起が話題に「運転の上手い人はこんなことしません!」
渋滞へトラックが「ノーブレーキ突入」衝撃の映像!? NEXCO緊急の注意喚起が話題に「運転の上手い人はこんなことしません!」
くるまのニュース
ついにランクル250正式発表520万円から!! 争奪戦必至もやっぱり欲しいーー今日ランクルに新たな歴史が始まる
ついにランクル250正式発表520万円から!! 争奪戦必至もやっぱり欲しいーー今日ランクルに新たな歴史が始まる
ベストカーWeb
MINIの小型電動クロスオーバー『エースマン』がデビューへ…北京モーターショー2024
MINIの小型電動クロスオーバー『エースマン』がデビューへ…北京モーターショー2024
レスポンス
バイク「満タン航続距離ランキングトップ10 2024】10位でも500kmは余裕、1位は600kmオーバー!125から大型車までの大混戦に
バイク「満タン航続距離ランキングトップ10 2024】10位でも500kmは余裕、1位は600kmオーバー!125から大型車までの大混戦に
モーサイ
レクサスが「1泊10万円」のキャンプを発表! レクサス新型「GX」の展示&試乗もある非日常体験!? 6月に開催へ
レクサスが「1泊10万円」のキャンプを発表! レクサス新型「GX」の展示&試乗もある非日常体験!? 6月に開催へ
VAGUE
新車もセルフレジ的な販売にするしかない? トヨタのディーラー従業員に「一律1万円支給」に見る新車販売現場の深刻な現状
新車もセルフレジ的な販売にするしかない? トヨタのディーラー従業員に「一律1万円支給」に見る新車販売現場の深刻な現状
WEB CARTOP
レクサスが「LC500」「RC F」を販売終了!? ひっそり姿消していた…? 自然吸気V8・2ドアクーペに何が? 英国から欧州、日本に広がるか
レクサスが「LC500」「RC F」を販売終了!? ひっそり姿消していた…? 自然吸気V8・2ドアクーペに何が? 英国から欧州、日本に広がるか
くるまのニュース
小さくても手抜きなし! 全面進化した小排気量モトクロッサーKTM「65 SX」発売
小さくても手抜きなし! 全面進化した小排気量モトクロッサーKTM「65 SX」発売
バイクのニュース
[カーオーディオ 逸品探究]アルパインの自信作、「Xプレミアムサウンドスピーカー」の実力は…
[カーオーディオ 逸品探究]アルパインの自信作、「Xプレミアムサウンドスピーカー」の実力は…
レスポンス
ジープ グランドチェロキー SRT8は 圧倒的なオーラを放っていた【10年ひと昔の新車】
ジープ グランドチェロキー SRT8は 圧倒的なオーラを放っていた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
スズキ「新型スイフト“セダン”」!? 精悍顔「コンパクトセダン」は意外と現実的! 次期型「ディザイア」なCGがスゴイ
スズキ「新型スイフト“セダン”」!? 精悍顔「コンパクトセダン」は意外と現実的! 次期型「ディザイア」なCGがスゴイ
くるまのニュース
「Try, Hyundai EV試乗会 KONA&IONIQ 5」の追加開催決定! 5月11日(土)から4都府県で順次開催
「Try, Hyundai EV試乗会 KONA&IONIQ 5」の追加開催決定! 5月11日(土)から4都府県で順次開催
カー・アンド・ドライバー
スバル伝説のスタイリッシュクーペ「アルシオーネSVX」ってどんなクルマ? 32年前の“右ハンドル仕様”を米国で発見
スバル伝説のスタイリッシュクーペ「アルシオーネSVX」ってどんなクルマ? 32年前の“右ハンドル仕様”を米国で発見
VAGUE
ますます魅力的……ホンダ軽商用バンN-VANが一部改良 Nシリーズ10周年記念車はアウトドアテイスト満点!!!
ますます魅力的……ホンダ軽商用バンN-VANが一部改良 Nシリーズ10周年記念車はアウトドアテイスト満点!!!
ベストカーWeb
トヨタ新型「ランクル250 エアロ仕様」初公開! オシャ&タフな精悍スタイル!? リアスポイラーも設定
トヨタ新型「ランクル250 エアロ仕様」初公開! オシャ&タフな精悍スタイル!? リアスポイラーも設定
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

365.0485.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0233.0万円

中古車を検索
Z3 ロードスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

365.0485.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0233.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村