サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車からスペアタイヤが消えた!? パンク修理キットなぜ急増? 大転換の裏事情と意外な落とし穴

ここから本文です

 ここ数年パンク時の対応装備として、パンク修理キットを使う新車が激増し、スペアタイヤを積んでいるクルマはめっきり減った。

 一例としてトヨタのヤリス(旧車名:ヴィッツ)を挙げると、2005年登場の2代目ヴィッツは、全グレードスペアタイヤが標準装備だった。

雪で物流を途切れさせるな!! 2021年トラックドライバーの大雪格闘記

 それが2010年登場の3代目ヴィッツでは主要グレードがパンク修理キットに、2019年登場のヤリスは全グレードでパンク修理キットが標準(全グレードでスペアタイヤもオプションで選べる)といった具合に明確にスタンダードが移り変わっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ