現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「CR-V」世界初公開! 日本で1年半ぶり復活 「初」の外部充電可能なFCEVとして登場

ここから本文です
ホンダ新型「CR-V」世界初公開! 日本で1年半ぶり復活 「初」の外部充電可能なFCEVとして登場
写真を全て見る(1枚)

日本市場に再登場

 ホンダは2024年2月28日、同日開幕の「H2 & FC EXPO 第21回国際水素・燃料電池展」で、SUVタイプの新型燃料電池車「CR-V e:FCEV」を世界初公開しました。夏に発売予定です。

【画像】スポーティ&タフ顔!「CR-V e:FCEV」の内外装を見る

 CR-Vは、初代が1995年にデビュー。現行モデルは2022年7月初公開の6代目です。

 日本市場では5代目の販売が2022年12月をもって終了していましたが、2024年夏、およそ1年半ぶりに6代目として復活します。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
乗りものニュース
ホンダ 新型商用EV「N-VAN e:」の販売を延期へ「生産体制の整備遅れのため」
ホンダ 新型商用EV「N-VAN e:」の販売を延期へ「生産体制の整備遅れのため」
乗りものニュース
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
くるまのニュース
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
ホンダ、新型軽商用EV『N-VAN e:』の発売を2024年秋に延期…先行予約は5月から
レスポンス
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
くるまのニュース
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
くるまのニュース
ホンダがスゴい「新型軽バン」今秋発売! 前後2人乗り「タンデム仕様」が斬新! 価格は6月発表で「N-VAN e:」どんな人が買う?
ホンダがスゴい「新型軽バン」今秋発売! 前後2人乗り「タンデム仕様」が斬新! 価格は6月発表で「N-VAN e:」どんな人が買う?
くるまのニュース
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
くるまのニュース
ホンダ、中国で次世代EV3モデルを発表。北京モーターショーで一般公開へ
ホンダ、中国で次世代EV3モデルを発表。北京モーターショーで一般公開へ
月刊自家用車WEB
1.0L 2気筒ターボ+電池で700km以上走るのに… メルセデス・ベンツ「レンジエクステンダーEV」開発中止か
1.0L 2気筒ターボ+電池で700km以上走るのに… メルセデス・ベンツ「レンジエクステンダーEV」開発中止か
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツ新型「EQA」日本登場 全長4.4mのEQシリーズ最小“コンパクトSUV”は 走行距離591kmに進化
メルセデス・ベンツ新型「EQA」日本登場 全長4.4mのEQシリーズ最小“コンパクトSUV”は 走行距離591kmに進化
VAGUE
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
Webモーターマガジン
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
グーネット
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
月刊自家用車WEB
ホンダが新型EV「イエ・シリーズ」を中国で発表…2027年までに6車種を投入へ
ホンダが新型EV「イエ・シリーズ」を中国で発表…2027年までに6車種を投入へ
レスポンス
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
ベストカーWeb
航続距離は591km 生活に溶け込むメルセデス・ベンツの新型「EQA」販売開始!
航続距離は591km 生活に溶け込むメルセデス・ベンツの新型「EQA」販売開始!
AutoBild Japan

みんなのコメント

7件
  • queserasera
    燃料電池に全振りして昔のソニーのβ版みたいになりそうだな。
    レシプロ、ハイブリッド捨てて孤立は目に見えてる。
  • Charlie Brown
    何だか否定的だったり揶揄するコメントが多すぎますが、EV車が搭載電池の性能的にもインフラ的にも世界的に描いていたようにはなっていない。
    HONDAはゼロカーボンの一つとして燃料電池(FC)システムやモーターギアボックス、電動ターボ型のコンプレッサーなどをひとつのパワーユニットに一体化して搭載することで、小型・軽量化も実現。
    CR-Vのエンジンマウントをそのまま使えることによる低コスト化や、衝突安全性の向上、制振性・静粛性のアップさせた燃料電池システムをGMと共同開発し、コスト1/3の燃料電池システム(ホンダの技術がかなり生かされています)を開発しました。
    このシステムは、今後クルマだけではなく様々なモビル搭載や発電システムとして活用されていくはずです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索
CR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村