サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、10月の国内工場稼働率 鈴鹿が6割 狭山は8割 「N-BOX」「ヴェゼル」に影響

ここから本文です

ホンダ、10月の国内工場稼働率 鈴鹿が6割 狭山は8割 「N-BOX」「ヴェゼル」に影響

ホンダ、10月の国内工場稼働率 鈴鹿が6割 狭山は8割 「N-BOX」「ヴェゼル」に影響

 ホンダは7日、10月の国内工場の稼働率の見通しを発表した。軽自動車「Nシリーズ」やSUV「ヴェゼル」などを生産する鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)が約6割、ミニバン「ステップワゴン」などを生産する埼玉製作所の狭山工場(埼玉県狭山市)は約8割、コンパクトミニバン「フリード」などを生産する寄居工場(同寄居町)は正常稼働となる見通し。

 9月の時点で発表した10月上旬の稼働率見通しでは、鈴鹿製作所が約6割、狭山工場は約6割、寄居工場が正常稼働としていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します