現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルが新型WRXを世界初公開。北米仕様は2.4Lターボを搭載し、アグレッシブなデザインに

ここから本文です

スバルが新型WRXを世界初公開。北米仕様は2.4Lターボを搭載し、アグレッシブなデザインに

掲載 17
スバルが新型WRXを世界初公開。北米仕様は2.4Lターボを搭載し、アグレッシブなデザインに

2021年9月10日(米国現地時間)、スバルは新型「WRX」の米国仕様車を米国で初公開した。日本仕様については、まだアナウンスされていない。

パワーユニットは2.4Lの水平対向4気筒 直噴ターボエンジン
WRXは、高出力パワーユニットを核とするシンメトリカルAWDシステムを搭載した、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデルだ。WRXの源流は1992年に誕生した初代「インプレッサ WRX」で、2014年に発表された現行型の3代目から車名を「WRX」として、インプレッサから独立したモデルとなった。ちなみに「WRX」とは「World Rally eXperimental」を意味している。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

今回発表された4代目となるWRXは、初代から引き継がれてきたWRXらしさを継承しつつ、さらなる高みを目指し、パフォーマンスカーとしての価値、そして実用的なセダンとしての価値を革新的に進化させた、新世代のスバルAWDパフォーマンスカーだという。

パワーユニットには、2.4Lの水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載。スポーツ走行時の優れた加速性能はもちろん、日常的な使用においても気持の良い加速フィーリングを実現している。トランスミッションは6速MTとスバル パフォーマンス トランスミッション(SPT)を設定。SPT搭載車には走りの楽しさを際立たせるスポーツ変速制御を採用し、Dレンジ走行中でもドライバーの加減速に応じてレスポンス良く変速する。

ちなみにトランスミッションの「SPT」については今回発表のニュースリリースで語られていないものの、スポーツ制御の組み込まれたCVTではないかと思われる。

駆動方式はもちろんフルタイムAWDだが、6速MT車はビスカスLSD付きセンターディファレンシャル方式、SPT車はVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)となる。グレードによってはドライブモードセレクト機能も備える。

また、WRXとして初めてスバル グローバル プラットフォーム(SGP)を採用し、ボディやシャシの高剛性化やハンドル操作に対する応答性を高めている。電動パワーステアリングには2ピニオン方式を採用し、滑らかで応答遅れのないスポーティなステアリングフィールを実現している。

前述のドライブモーセレクト機能は、パワーユニットだけでなくステアリングやダンパー、エアコンにいたるまで、さまざまなユニットの制御を細かく調整できる。また、電子制御ダンパーも合わせて採用している。

新型WRXのエクステリアは、ヘキサゴングリルを起点とした立体的で彫りの深い造形、ワイド&ローを強調するフロントバンパーや力強く張り出したフェンダーなど、パフォーマンスカーにふさわしいアグレッシブでスポーティなスタイリングだ。

前後フェンダーのスポーツサイドガーニッシュやサイドシルスポイラーなどに、空気を整流するヘキサゴンパターンの空力テクスチャーを採用。フロントフェンダー後部とリアバンパー後部にはエアアウトレットも設け、パフォーマンスカーならではのデザインとコーナリング時や高速走行時の操縦安定性を両立させている。

インテリアは黒を基調とし、レッドステッチを配して、WRXらしいアグレッシブでスポーティなパフォーマンスを表現している。ほかの最新スバル車同様、インパネ中央には大型のセンターインフォメーションディスプレイが備わり、さまざまな機能を集約している。一部グレードには新設計・新デザインのRECAROシートも採用している。

パフォーマンスカーとはいえ、実用性も重視している。前後席ともショルダールームを拡大し、従来型よりもホイールベースを拡大したため、リアシートのスペースは大幅に広がっている。トランクスペースも従来型同様にベビーカーやゴルフバッグが入る容量を確保している。

運転支援システムでは、SPT車にはステレオカメラを広角化した新世代アイサイトを標準装備。電動ブレーキブースターを組み合わせて、プリクラッシュブレーキの作動領域を拡大している。スバルがこだわり続けている視界の良さも継承されている。

なお、米国仕様の新型WRXは、2022年に米国で販売を開始する予定。気になる日本仕様だが、2022年の春ごろには発売されるのではと噂されている。

■スバル 新型WRX 主要諸元(編集部換算値)
●全長×全幅×全高:4670×1826×1468mm
●ホイールベース:2672mm
●エンジン種類:水平対向4気筒 直噴ターボ
●排気量:2.4L
●最高出力(ネット):271hp
●最大トルク(ネット):350Nm
●トランスミッション:6速MT/スバル パフォーマンス トランスミッション(SPT)
●駆動方式:AWD
●サスペンション 前/後:ストラット/ダブルウイッシュボーン
●ホイール:18インチ アルミ
●タイヤサイズ:245/40R18
※18インチ アルミホイール装着車の開発目標値

[ アルバム : スバル 新型WRX(米国仕様) はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
motorsport.com 日本版
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
レスポンス
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

17件
  • スバルはいい加減トヨタに忖度しないでEV車を作るべき
    開発した専用シャシーもトヨタに持って行かれそうなんだが大丈夫かよ
  • XVかと思ったw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.8148.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索
インプレッサリトナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.8148.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村