現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】

ここから本文です
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
写真を全て見る(9枚)

初代『スプリンターカリブ』は今の『カローラクロス』の源流、または生まれ変わりと言ってはやや強引だろうか? とはいえ、今のSUVへと繋がる(これも強引?)多目的車として登場したのが同車だった。

トヨタの車両系統図では正式には『ヴォルツ』が後継車種になっている。が、それまでにスプリンターカリブは3代にわたり世代を進化させていた。その初代がカタログ写真のモデルで、登場は1982年8月、車名はCaribou(アメリカトナカイ)に由来。

もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか

当時としてはカローラ系よりひとつ下の『ターセル』/『コルサ』/『カローラII』のエンジン縦置き・FWDをベースに仕立てられた。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

初代は意外と短命だった、VW初のFF・3ボックスセダン『ジェッタ』【懐かしのカーカタログ】
初代は意外と短命だった、VW初のFF・3ボックスセダン『ジェッタ』【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる
レスポンス
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
WEB CARTOP
トヨタ『4ランナー』、15年ぶりに新型登場…初代ハイラックスサーフに敬意
トヨタ『4ランナー』、15年ぶりに新型登場…初代ハイラックスサーフに敬意
レスポンス
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
レスポンス
ボンネットの“ベンツマーク”が帰ってきた!メルセデスベンツ『E300 エクスクルーシブ』登場[詳細画像]
ボンネットの“ベンツマーク”が帰ってきた!メルセデスベンツ『E300 エクスクルーシブ』登場[詳細画像]
レスポンス
スバル フォレスター X/XTエディションに新色「ガイザーブルー」登場
スバル フォレスター X/XTエディションに新色「ガイザーブルー」登場
レスポンス
コルベット「幻の試作車」と「伝説の始まり」をそれぞれオマージュした特別仕様車が登場! 「エディション・サーヴ・ワン」と「ヘリテージエディション」を各20台限定販売
コルベット「幻の試作車」と「伝説の始まり」をそれぞれオマージュした特別仕様車が登場! 「エディション・サーヴ・ワン」と「ヘリテージエディション」を各20台限定販売
WEB CARTOP
トヨタが“爆ゴツ仕様”の「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新した「ハイラックスサーフ後継車」USに登場! 先代モデルからの「超進化」を詳しく解説!
トヨタが“爆ゴツ仕様”の「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新した「ハイラックスサーフ後継車」USに登場! 先代モデルからの「超進化」を詳しく解説!
くるまのニュース
クラウンクロスオーバー特別仕様車「LANDSCAPE」のフォルムを見て思わず唸った……かつてのスバル「アウトバックセダン」じゃないか!!
クラウンクロスオーバー特別仕様車「LANDSCAPE」のフォルムを見て思わず唸った……かつてのスバル「アウトバックセダン」じゃないか!!
ベストカーWeb
スバル フォレスター、特別仕様車「STIスポーツ ブラックセレクション」発表
スバル フォレスター、特別仕様車「STIスポーツ ブラックセレクション」発表
レスポンス
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
レスポンス
15年ぶり全面刷新! トヨタ「新型3列SUV」世界初公開! “カクカクデザイン”がめちゃカッコイイ「ハイラックスサーフ後継」米で登場 反響は?
15年ぶり全面刷新! トヨタ「新型3列SUV」世界初公開! “カクカクデザイン”がめちゃカッコイイ「ハイラックスサーフ後継」米で登場 反響は?
くるまのニュース
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
レスポンス
かつての「デュアリス」…日産『キャシュカイ』新型、公開直前にデザイン大予想!
かつての「デュアリス」…日産『キャシュカイ』新型、公開直前にデザイン大予想!
レスポンス
最速級の“超シャコタン”「クラウン“セダン”」公開! 全長5m超えの「ビッグな王道セダン」が“ベタベタ”に! 走行も可能なド迫力仕様登場
最速級の“超シャコタン”「クラウン“セダン”」公開! 全長5m超えの「ビッグな王道セダン」が“ベタベタ”に! 走行も可能なド迫力仕様登場
くるまのニュース
スバルの旧車顔「軽バン」がスゴい! 超レトロな「丸目ライト&縦長グリル」がカッコ良すぎ! まるでクラシックカーな「ディアスクラシック」とは
スバルの旧車顔「軽バン」がスゴい! 超レトロな「丸目ライト&縦長グリル」がカッコ良すぎ! まるでクラシックカーな「ディアスクラシック」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

17件
  • yas********
    昔はカーカタログ簡単に貰えたよなぁ…
  • wqn********
    所属していた大学クロスカントリースキー部の
    部車が、このカリブでした。
    夏の旭川、函館大沼合宿、スキーシーズンも合宿練習、大会遠征と北海道内を縦横無尽に走ってくれました。
    スパイクタイヤからスタッドレスタイヤに移行した時期でもあって4WDの走破性を実感したものでした。
    杉山清貴さんやTUBE、永ちゃんを聴きながら
    カリブをドライブしたことが思い出されます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.2210.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

77.0139.0万円

中古車を検索
スプリンターカリブの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.2210.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

77.0139.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村