現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「ジャパンモビリティショー2023」来場者111万2,000人で終幕。そして第2回、モビリティの未来はどうなる!? どうする!?

ここから本文です

「ジャパンモビリティショー2023」来場者111万2,000人で終幕。そして第2回、モビリティの未来はどうなる!? どうする!?

掲載
「ジャパンモビリティショー2023」来場者111万2,000人で終幕。そして第2回、モビリティの未来はどうなる!? どうする!?



―― コロナ禍前の2019年の東京モーターショー2019よりも開催期間は1日短かったが、来場者数100万人を突破したジャパンモビリティショー2023。

長いベンチ型シートが快適! 日産NV200バネットがベースのキャンパー

これまでの「東京モーターショー」から「ジャパンモビリティショー」に名称を変更し、東京ビッグサイトを中心に2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで(一般公開は10月28日(土)から)開催された「ジャパンモビリティショー2023」。最終日までの来場者数は111万2,000人となり、連日会場にいた弊サイトスタッフも確実にその熱気を感じていた。当然やってくる第2回はどうなるのか? 大成功を収めた第1回を振り返りつつ、課題についても掘り下げてみよう。

●文:月刊自家用車編集部(清水謙一)

とにかく多かった子供連れ。聞いてみたらその知識に舌を巻く

名称を変更して開催された「ジャパンモビリティショー2023」。過去のモーターショーのように自動車関連企業が中心ではなく、モビリティ関連、スタートアップ企業が出展し、過去最大475社が展示を行った。

最終日までの来場者数は111万2,000人となり、コロナ禍以降に世界中のモーターショーが来場者数で苦しむ中、前回開催の2019年「東京モーターショー2019」に続き連続して100万人突破となった。

日本自動車工業会の豊田章男会長が「ジャパンモビリティショー2023」最終日に行われた「ジャパンモビリティショー 大反省会」で「100万人を動員するイベントは夏の甲子園とジャパンモビリティショーの2つ」と語っていたが、その通り連日会場は大盛況。

―― 弊社が出展した「昭和レトロモータース」。旧車雑誌やカタログ、オリジナルグッズ等を販売した。お子さん達も多数来店ありがとうございました。

月刊自家用車WEBを運営する内外出版社でも、新聞雑誌コーナーにブースを出展。さまざまなグッズを販売し、その中で来場する小学生ぐらいの子供達にもアンケートをとってみたが、親御さんやいろいろなクルマが登場するアニメなどの影響も大きい! とも思うが、アンケートに書かれた好きなクルマの「スバル360」や「マツダRX-7」、「ホンダS-MX」などなど、君たちどの時代から来たの? と驚きの展開に。これだけでも日本のクルマ文化はまだまだ大丈夫!と感じちゃいました。

―― 「キッザニア」とコラボレーションした「What’s the Out of KidZaniain JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。

家族連れが多く来場したのは、人気のこども向け職業体験施設「キッザニア」とコラボレーションした「What’s the Out of KidZaniain JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に自動車メーカーをはじめとするさまざまな企業が参加し、職業体験ができたのも大きかっただろう。

お祭りからビジネスショーという側面も持つようになった「ジャパンモビリティショー」

―― 西展示棟1階に設置された「Startup Future Factory(スタートアップ フューチャー ファクトリー)」。

過去のモーターショーと大きく様変わりしたのが、モビリティ関連、スタートアップ企業の出展だろう。東京ビックサイトの西展示棟1階に設置されたそのスペースは、「Startup Future Factory(スタートアップ フューチャー ファクトリー)」と名付けられ、「今」を支えている事業会社と、「未来」を支えるスタートアップとが手を取り、「モビリティ産業を拡張・加速させる場」としてそのために必要となる資金調達・商談機会・PRと言った側面を支援する場として設けられた。

―― ピッチイベント「Pitch Contest & Award」では、タクシーのシェアサービスを展開する「NearMe(ニアミー)」がグランプリ。

このファクトリーでは、実際にスタートアップと大手メーカーとの間で約430件の2回目の打ち合わせが決まったという。また、スタートアップ企業116社が参加し、賞金1000万円を目指した国内最大級のピッチイベント「Pitch Contest & Award」も開催。11月4日に実施された決勝審査では予選を勝ち上がった15社がプレゼンテーションを披露した。

グランプリを射止めた会社は、出発地から目的地までの移動をドア・ツー・ドアで結ぶタクシーのシェアサービスを展開する「NearMe(ニアミー)」で、賞金1000万円が贈られている。

社長の本音が聞けたトークショー。本気の議論がブレークスルーに!?

西展示棟1Fには「ジャパン フューチャー セッション」と題したさまざまなトークセッションが期間中に開催された。中でも面白かったのが「カーボンニュートラル×モビリティの未来」というお題で10月27日に開催されたセッションだ。

―― 10月27日に開催された「ジャパン フューチャー セッション」の「カーボンニュートラル×モビリティの未来」。

一般社団法人日本自動車工業会副会長であるスズキ株式会社代表取締役社長の鈴木 俊宏氏、同じく副会長であるトヨタ自動車株式会社代表取締役社長の佐藤 恒治氏、さらに国土交通省 物流・自動車局次長の久保田 秀暢氏、株式会社ExRoad 代表取締役COO/CMOの北原 啓吾氏、Spiber株式会社 取締役兼代表執行役の関山 和秀氏、BUSINESS INSIDER JAPAN 副編集長の三ツ村 崇志氏が登壇。モータージャーナリスト、株式会社グラニテ 代表取締役の池田 直渡氏をモデレーターにトークセッションが行われた。

―― 本音でトークしてくれたスズキ株式会社代表取締役社長の鈴木 俊宏氏(左)とトヨタ自動車株式会社代表取締役社長の佐藤 恒治氏(右)。

これまた過去のモーターショーでは無かった試みで、スズキ社長の鈴木 俊宏氏とトヨタ社長の佐藤 恒治氏のコメントが素直に面白かった。

佐藤社長は「モノづくりで出しているCO2と、そのクルマを運ぶCO2の量はほぼ一緒で、すごいインパクト。これは電気自動車をたくさん作っても減らない。もっとCO2減らすためには多面的に捉えてやらないとカーボンニュートラルにはならない。そんなことをみんなで理解することが大事」とコメント。

鈴木社長は「次世代自動車は適材適所じゃなくて適所適材なんです。電気自動車はここにフィットするよね、水素自動車はここが合うよね、と賢い使い方をみなさんにもお願いしなきゃいけない。また、物流の話で、高速道路のトラックの速度制限を時速80kmから時速120kmに上げるって議論があるけれど、燃費は45%くらい悪くなるんです。けっしてそれはカーボンニュートラルじゃない。我々にも責任があるんですが、物流問題は荷下ろしの時間をいかに減らすか。燃費については、普通のクルマでも同じです。時速80kmで走れば120kmに比べて45%も燃費が良くなるんでる。みなさんでも考えて頂けるといいですね」と熱弁をふるった。

その横でうんうん、と何度も頷く佐藤社長がなんとも印象的で、自動車メーカートップの本音が聞けたのと同時に、カーボンニュートラルは造る側も乗る側のユーザーも意識を変えないとブレークスルーは起きない、と感じたトークセッションだった。

「2年に1回じゃ遅くない!? 規模を変えて1年に1回、いや2回でも」とマツコさん

―― 「ジャパンモビリティショー2023」最終日に行われた「ジャパンモビリティショー 大反省会」では、日本自動車工業会の豊田章男会長とマツコ・デラックスさんが、こちらも本音でトークセッション。

前述した「ジャパンモビリティショー 大反省会」に自工会会長の豊田章男会長と一緒に登壇してトークショーを行ったマツコ・デラックスさんは、今回のモビリティショーの感想として、「これだけ技術革新が早くなっているなら2年に1回だともう遅くない!? 少なくとも毎年やらないと」とコメント。豊田章男会長は次の自工会会長に丸投げしていたが(笑)

それは筆者もその通りとうなずく部分で、毎年開催はまさにありと考える。それは毎年自動車メーカーがコンセプトカーを展示して、新しさをアピールするのではなく、それは従来通り2年に1回。この間に開催される「ジャパンモビリティショー」は、スタートアップも一般入場者も商談できる場であってもいいのではないか?

今回の自動車メーカーブースは、従来のモーターショーと同じくコンセプトカーが多く、市販車の展示は少なかった。それでもプレスデーの後の一般公開日には、市販車の数が増えたものの、「今買える」クルマの展示が少なかったのも実情だ。

ここに良い例があって、例えばタイ王国のバンコクモーターショーや中国のモーターショーでは、ショー会場で展示されているクルマやバイクをその場で予約購入できるという。2023年3月22日から4月2日まで開催されたバンコクモーターショーでは、約162万人が来場し、開催期間中に4万5,983台のクルマとバイクが販売されたという。

そういった機会があってもいいのではないか?と豊田章男会長も大反省会でコメントしている。

輸入車メーカーの展示が少ないのも、ここ最近の日本におけるモーターショーの課題になっているが、ショー会場で商談ができるというのは活性化に役立つはず。輸入車メーカーも積極的に参加する可能性も出てくるだろう。

地方では自動車ディーラーの減少も少しずつ起きており、このようなスタイルが全国で開催されているモビリティショーにも広がっていくことで、さらに多くのユーザーとクルマとの接点を増やすことができるはずだ。

「ジャパンモビリティショー2023」は、大規模な展示会をさまざまな意味で再定義して大成功を収めた。そして良い物は残し、良い物を外から取り入れ、さらに進化した第2回の開催に期待したい。

こんな記事も読まれています

テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索
フィットの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村