現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メーカーも触れることなくヒッソリ生産終了していた悲しい国産車3選

ここから本文です

メーカーも触れることなくヒッソリ生産終了していた悲しい国産車3選

掲載 更新
メーカーも触れることなくヒッソリ生産終了していた悲しい国産車3選

 登場時は華やかだったのに悲しい終わり方

 新型車の登場というのは多くの人に注目される部分だが、その裏でヒッソリと生産を終了しているモデルも存在する。もちろん、次期型が登場する車種であれば、新型の登場イコール旧型の終了であるわけだが、そうでない車種はとくにアナウンスもなくメーカーサイトから消えているのだ。今回はそんなヒッソリと姿を消していた国産車をご紹介しよう。

【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

 1)日産ウイングロード

 日産の小型ステーションワゴンとして、サニーカリフォルニアとADワゴンを統合して1996年に登場したウイングロード。2005年には3代目モデルへとフルモデルチェンジを果たしたが、その後は大きなマイナーチェンジもなく継続販売が続けられていた。初期型と現行型の区別がほとんど付かない車種として一部で知られた存在だった同車だが、ついに今年の3月に販売を終了。これにより日産のラインアップからステーションワゴンが消える事態になってしまっている。

 なお、ウイングロードをベースにした商用車であるADバンは、NV150ADと名前を変え、ウイングロードには装着されなかったエマージェンシーブレーキなどの先進安全装備を追加して現在も販売中だ。

 2)レクサスHS

 日本国内におけるレクサスブランド初のハイブリッド専用車、及び前輪駆動車として2009年7月に登場したレクサスHS。トヨタブランドで販売されていたSAIのレクサス版と言われることが多いが、デビューはHSのほうが先であり、正しくはHSのトヨタ版がSAIというワケなのだ。

 しかし、2013年にレクサスの新たな共通デザイン「スピンドルグリル」を採用したフロントマスクに変更するマイナーチェンジを行った以降は細かな一部改良のみにとどまり、2017年末をもって販売を終了。ちなみにSAIはHSよりも先に販売を終了しており、後継車種はカムリとなっている。

 3)トヨタWISH

 2003年に、当時大人気モデルとなっていた5ナンバーサイズの3列シート車であるホンダ・ストリームに真っ向勝負を挑む車種としてリリースされたトヨタWISH。後発車の利を活かして徹底的にストリームを研究した結果か、ストリームを上まわる販売台数を記録することとなった。

 そして2009年には2代目へとフルモデルチェンジ。5ナンバーサイズの3列シートという基本はキープしながらも、ワイドフェンダーを持ったスポーティな3ナンバー仕様も設定していた。2代目は台湾でタクシー車両として人気を集めており、黄色く塗られたWISHをテレビのニュースなどで見たことがある人もいるのではないだろうか? そんなWISHも背の高いミニバン人気に押され販売台数が縮小。2017年10月をもって販売を終了している。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
レスポンス
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
くるまのニュース
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
くるくら
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
レスポンス
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
くるまのニュース
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
レスポンス
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ベストカーWeb
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
WEB CARTOP
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
乗りものニュース
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
月刊自家用車WEB
永久磁石のサプライチェーン構築へ、AclaraとVACが戦略的提携を発表
永久磁石のサプライチェーン構築へ、AclaraとVACが戦略的提携を発表
レスポンス
レクサス・LBXの高性能モデル「LBX MORIZO RR」の国内仕様車を発表、価格は650万円から
レクサス・LBXの高性能モデル「LBX MORIZO RR」の国内仕様車を発表、価格は650万円から
月刊自家用車WEB
レクサスLBXの高性能版、“MORIZO RR”が遂に出た!──GQ新着カー
レクサスLBXの高性能版、“MORIZO RR”が遂に出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ホットハッチの新提案──新型レクサスLBX MORIZO RR試乗記
ホットハッチの新提案──新型レクサスLBX MORIZO RR試乗記
GQ JAPAN
[15秒でニュース]フィアット『500』67回目のバースデー、2025年末には新モデル誕生
[15秒でニュース]フィアット『500』67回目のバースデー、2025年末には新モデル誕生
レスポンス
素朴な疑問!? 「月極駐車場」にバイクも停めてもいいのか?
素朴な疑問!? 「月極駐車場」にバイクも停めてもいいのか?
バイクのニュース
トヨタ新型「“2階建て”ハイラックス」公開! 家族3人が「車中泊」OK!? ゴツ顔キャンパー「FTポーター」お披露目
トヨタ新型「“2階建て”ハイラックス」公開! 家族3人が「車中泊」OK!? ゴツ顔キャンパー「FTポーター」お披露目
くるまのニュース
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.6237.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9115.0万円

中古車を検索
ウイングロードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.6237.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9115.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村