現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ10代目アコードは日本市場に投入されたのか?

ここから本文です

なぜ10代目アコードは日本市場に投入されたのか?

掲載 更新 14
なぜ10代目アコードは日本市場に投入されたのか?

今年2月にフルモデルチェンジしたホンダ「アコード」について、商品企画担当者にインタビュー。日本導入が遅れた理由やタイ生産にまつわる話などを訊いた。

月間目標台数300台

ハイラックスがさらにカッコよくなった! 2020年モデル登場

2020年2月21日、フルモデルチェンジした10代目ホンダ「アコード」が日本市場で“ようやく”販売開始された。というのも、北米市場では2017年秋から販売されているからだ。

日本市場で販売されるモデルは、ハイブリッドのモノグレード。レザーシートやサンルーフなどが標準装備されるため、価格は465万円に達する。かつてのアコードを知る者からすれば、驚きの価格だ。ボディも拡大され、全長×全幅×全高は4900×1860×1450mm。5ナンバー・サイズのアコード時代からすれば、もはや「レジェンド」級だ。

大きく、そして高価になったアコードにどれほどの需要があるのか? ホンダの販売計画台数は月間300台。1985年登場の3代目アコードが月間6200台、4代目アコードが8500台だったことを思えば、メーカーじしんも需要が高くないことを承知のうえでの導入だ。

販売台数がそれほど望めないにもかかわらず、なぜ日本市場に導入するのか?

今回、アコードの商品企画を担当した日本本部・商品ブランド部・商品企画課の古川博朗(ふるかわひろあき)主任にオンラインで、話を聞いた。

--アコードを日本に導入した理由を教えてください。
古川 アコードは40年以上の歴史を有します。歴代モデルを乗り継がれているお客様が一定数いるため導入しました。アコードという伝統名を絶やさないことも、ホンダの使命であると考えています。

--「インサイト」でカバーするのは難しいでしょうか?
古川 アコードより1クラス下のインサイトでは、サイズやクオリティの面でアコードの顧客をカバーできないと考えています。

--かつてのレジェンドほどの大きさになりましたね。
古川 「駐車場に入らない」といった物理的な理由によってアコードを諦めるお客様はいらっしゃいます。逆に大きさを評価されるお客様もいらっしゃいます。

--アコードの日本市場導入が遅れた理由を教えてください。
古川 世界同時の生産立ち上げが技術的に難しく、結果として日本市場導入は遅れました。ただし、日本市場のアコードは、すでに販売済みのモデルから得られたフィードバックによって、熟成を図っています。たとえば、アダプティブ・ダンパー・システムは、通常ふたつのモードですが、日本仕様はSPORT/NORMAL/COMFORTの3つから選べます。

--10代目の開発当初から日本市場導入は決まっていたのでしょうか?
古川 はい。当初から日本市場を見据えています。

--タイ生産モデルを“逆輸入”することにした理由とは?
古川 日本市場を含むアジア・オセアニア地域のアコード生産拠点として、物流面などを総合的に判断した結果、タイ生産になりました。タイ工場は、日本向け「フィット・アリア」などの生産によってノウハウを蓄積した結果、高いクオリティを実現しました。たとえば、日本のユーザーはボディカラーのムラに厳しいため、塗装の検査ラインを見直しました。日本上陸後は、狭山工場内に設けたPDIセンターで傷などをチェックしています。

--タイ仕様と日本仕様に違いはあるのでしょうか?
古川 法規対応部品と一部装備以外はおなじです。使用されるパーツ類に差はありません。

購入者の約60%が50~60代

--アコードをモノグレードにした理由とは?
古川 先代の9代目アコードは2グレード設定でしたが、60%以上のお客様が上級仕様を選ばれました。それを踏まえ、上級仕様のみにしました。販売店からは、「お客様が悩まれないため、商談が進めやすい」と、聞いています。

--北米市場などに設定されるガソリン仕様導入の計画はありますか?
古川 ありません。日本仕様はハイブリッドのみで開発が進められました。ガソリン・モデル導入を求める声はたしかにあります。そこで、ハイブリッドはエンジン音を工夫し、そういった声に少しでも応えました。

--販売状況や購入層を教えてください。
古川 昨年11月から~5月末までで累計約2300台です。月間目標の300台をわずかにうわまわっています。購入層の多くは50~60代で、全体の約60%を占めます。

--下取り状況は?
古川 アコードからの乗り換えが約60%です。残りの約40%は「オデッセイ」や「ヴェゼル」などのホンダ車や、トヨタ「クラウン」や「カムリ」などといったおなじ国産プレミアムセダンが占めます。欧州製セダンからの乗り換えもありました。

--ボディカラーの割合は?
古川 アコードには全5色設定されていますが、1番人気はコミュニケーションカラーのプラチナホワイト・パールで約60%。次にクリスタルブラック・パールで約20%、ルナシルバー・メタリックが約15%。残りの約5%がブリリアントスポーティブルー・メタリックとパッションレッド・パールです。

--やはり保守的なボディカラーが人気ですね。
古川 東京モーターショー2019や各地方モーターショーに展示したプラチナホワイト・パールのモデルを見て、同色の購入を決めた人が多数いました。“モータショー効果”が大きかったようです。

日本市場に新型アコードがなかなか導入されなかったため、「アコードの名は日本から消えるのではないか?」といった噂もあった。しかし、今回のインタビューで、ホンダがいかにアコードを大切なモデルとして捉えているかがわかった。

「マークII」「セドリック」「ブルーバード」など多くの車名が消滅した今、どんなに大きくなっても、どんなに高価になっても、アコードの車名が存続する価値は大きいように思うのだった。

文・稲垣邦康(GQ) 写真・安井宏充(Weekend.)

こんな記事も読まれています

ダイハツ「“3列”ミニバン」実車公開で大反響! 全長4.3m級ボディ&MT設定に称賛の声! スポーティデザインが超カッコイイ「セニア」尼で登場
ダイハツ「“3列”ミニバン」実車公開で大反響! 全長4.3m級ボディ&MT設定に称賛の声! スポーティデザインが超カッコイイ「セニア」尼で登場
くるまのニュース
真夏の必需品! サンシェードの最新トレンドは「遮光」「遮熱」、そして…もうひとつは?
真夏の必需品! サンシェードの最新トレンドは「遮光」「遮熱」、そして…もうひとつは?
月刊自家用車WEB
「停止しないために壊す」 カヤバ(KYB)のモータースポーツに特化した新世代のパワステ「S-EPS」とは
「停止しないために壊す」 カヤバ(KYB)のモータースポーツに特化した新世代のパワステ「S-EPS」とは
くるまのニュース
カワサキ「Ninja e-1」【1分で読める 電動バイク紹介 2024年現行モデル】
カワサキ「Ninja e-1」【1分で読める 電動バイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
これは広いぞ! 軽なのにゆったりベッドスペースが確保できるダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
これは広いぞ! 軽なのにゆったりベッドスペースが確保できるダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
2030年「トラック輸送費」34%アップの衝撃! この数値は妥当か?不当か? 中小の運送会社は本当に持ちこたえられるのか
2030年「トラック輸送費」34%アップの衝撃! この数値は妥当か?不当か? 中小の運送会社は本当に持ちこたえられるのか
Merkmal
[ランクル70]オーナー必見!? 経年劣化で白っぽくなる樹脂パーツ!! 超絶簡単に新車並に戻せるゾ
[ランクル70]オーナー必見!? 経年劣化で白っぽくなる樹脂パーツ!! 超絶簡単に新車並に戻せるゾ
ベストカーWeb
新型フリードの走りがヤバい! 乗ってわかったHVの衝撃! あら探しチェックで見つけた欠点とは
新型フリードの走りがヤバい! 乗ってわかったHVの衝撃! あら探しチェックで見つけた欠点とは
ベストカーWeb
6月25日20時からの『脇阪寿一のSUPER言いたい放題』は豪華ゲストと前半戦をプレイバック
6月25日20時からの『脇阪寿一のSUPER言いたい放題』は豪華ゲストと前半戦をプレイバック
AUTOSPORT web
276万円って破格すぎ!! ソツなく仕上げた[カローラクロス]! コスパ最強と言えるワケ
276万円って破格すぎ!! ソツなく仕上げた[カローラクロス]! コスパ最強と言えるワケ
ベストカーWeb
【ポイントランキング】2024年WEC第4戦ル・マン終了時点
【ポイントランキング】2024年WEC第4戦ル・マン終了時点
AUTOSPORT web
三菱「デリカミニ」「eKスペース」一部改良 華やかなピンクを採用した2トーンカラー追加
三菱「デリカミニ」「eKスペース」一部改良 華やかなピンクを採用した2トーンカラー追加
グーネット
世界最速EVが誕生!「アウル SP600」が最高速度438.7km/hを達成
世界最速EVが誕生!「アウル SP600」が最高速度438.7km/hを達成
グーネット
高速乗るから空気圧上げなきゃ!! ってもう過去の話!? 空気圧を変えなくてよくなったワケが納得すぎ
高速乗るから空気圧上げなきゃ!! ってもう過去の話!? 空気圧を変えなくてよくなったワケが納得すぎ
ベストカーWeb
車内を素早く冷却!首振り機能付き車載サーキュレーター登場!マックスウィン
車内を素早く冷却!首振り機能付き車載サーキュレーター登場!マックスウィン
グーネット
ホモロゲーション延長でマクラーレンに「余裕」。LMDhプログラムは2027年参戦開始を目指す?
ホモロゲーション延長でマクラーレンに「余裕」。LMDhプログラムは2027年参戦開始を目指す?
AUTOSPORT web
設置したままで洗車OK!走りながら発電するソーラーパネル先行販売 ジャクリ
設置したままで洗車OK!走りながら発電するソーラーパネル先行販売 ジャクリ
グーネット
HRCからザルコも走行。デイタイムはDucati team KAGAYAMA、夜間にYARTヤマハが最速タイム記録/鈴鹿8耐テスト 1日目
HRCからザルコも走行。デイタイムはDucati team KAGAYAMA、夜間にYARTヤマハが最速タイム記録/鈴鹿8耐テスト 1日目
AUTOSPORT web

みんなのコメント

14件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

465.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.9340.0万円

中古車を検索
アコードハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

465.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.9340.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村