サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世紀の「奇車」 まさかのまったく値落ちナシ 光岡オロチの中古がそれでも超お買い得な理由

ここから本文です

 市販車をベースに独自のデザインを与えたカスタマイズカーを少量生産している光岡自動車。その最新作となるSUV「バディ」(2020年11月発表)が大きな話題となり、昨今の光岡自動車の知名度の高まりを感じる。

 個性的かつ趣味性の高い光岡車だが、世の中に最も衝撃を与え、その名を轟かせたのは、やはりスーパーカーライクなスタイルを持つ「大蛇(オロチ)」だろう。

新型911GT3見参! 911の電動化はいつ? 最後までガソリンエンジン車を作り続けるのか?

 そこでオロチの中古車を調べてみると、どれも新車時と大差のない1000万円ほどのプライスが掲げられている。ひょっとしてオロチの人気が高まっている? その実態を調査した。

おすすめのニュース

サイトトップへ