現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルピナマジック全開 新型「アルピナB3ツーリング オールラッド」をテスト!

ここから本文です

アルピナマジック全開 新型「アルピナB3ツーリング オールラッド」をテスト!

掲載 更新 2
アルピナマジック全開 新型「アルピナB3ツーリング オールラッド」をテスト!

アルピナの力作は、細部に至るまで期待を裏切らない。アルピナB3ツーリングは、多くの人の目にとまることなく、さりげなく田舎道を疾走する。

背景の風車は、少なくともアルピナブランドにとって良い兆候ではない。昨年、BMWはこの伝統あるブランドを完全に買収した。その理由のひとつは、モーターエネルギー革命である。アルピナのような小型シリーズメーカーにとって、4つの駆動方式を並行してホモロゲートすることはもはや不可能だろう。ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、オールエレクトリック・・・。アルピナのような小さくとも立派な会社では、長期的には対応できない。

BYD「仰望(ヤンワン)U8」泳ぐ電動オフローダーは老舗ブランドの脅威になる!

そのため、この「B3ビターボ・ツーリング」は、独ブッフローで独自に開発される最後のミッドサイズ アルピナとなる。おそらくBMWが引き継ぐ2025年末まで続くだろう。

しかし、我々みんなが理解しているように、モヤモヤしていてもあまり解決にはならない。そこで、楽しいひとときのために未来を遮断し、数ミリ秒間目を閉じて、「B3」でペダルを踏み込んでみよう。

特別な特徴: アルピナのバンパー下部はボディカラーで塗装されている。8速スポーツオートマチックが数段シフトダウンすると、「M3」に搭載された3リッター直列6気筒エンジンがその座を奪う。自発的で圧力があり、同時にクリーミーで、私たちを標準の快適なシートに押し込み、後頭部をヘッドレストに押し付ける・・・。「エアバスA380」のような激しさで、「B3」は100km/hから200km/hへと加速する。

最高速度306km/hその終着点は?ブッフローエのメーカーは、最高速度302km/hを謳っているが、私たちがミュンヘン方面へのアウトバーン「A9」で記録したのは306km/hである。少し前置きが長くなったが、私たちは単純に工場の数字を信じる。そして正直なところ、私が個人的に運転した中で最も威厳のある"オーバー300"だった。これこそ、アルピナブランドが常に標榜してきた「興奮を伴わない長距離主権」である。

それが、この「B3ツーリング」をレーストラックで走らせなかった理由のひとつだ。もうひとつはザクセンリンクサーキットではテスト期間中、週末のMotoGPの準備が激しさを増していたからだ。ちなみに、ザクセンリンクでは、「B3ツーリング」は、開発テスト中に1分36秒67を記録した。

フロントに255ピレリ、リアに265ピレリを装着した20インチホイールセットには、2,280ユーロ(約36万円)の追加料金がかかる。アウディの「RS 4」にコンペティション プラス パッケージを装着した場合でも、スーパーテストでは1分35秒88と、「B3ツーリング」とほぼ同じであった。したがって、レーストラックでの才能は十分に備えているが、必ずしも必要ではない。

アルピナは、日常的なドライビングにおいて、工業製品として差し障りの無い自然さを発揮する。これは、他のドライバーとの対話の中で特に明らかになる。「B3」は、誰にでもすぐにわかるものではないからだ。

マルチスポークホイールは最もわかりやすい目印であり、トリムストライプは、もし顧客が注文したのであれば(私たちは絶対に注文するべきだと考えている)、その次である。それでも物足りないなら、フロントバンパーのレタリングが最新の目印だ。

アルピナは、バンパー下部をボディと同色に塗装し、その下に実績のある完璧な自社製4本出しエキゾーストシステムを装着することで、BMWのフェイスリフトデザイン要素を巧みに隠している。4本出しのエキゾーストシステムは、控えめなサウンドスケープを奏でる。

新しいコックピットには、一風変わった操作ロジックが搭載されている。「B3ツーリング」は、インテリアにも独自の足跡を残している: 新型「B3」には、現行「BMW 3シリーズ」のワイドなフェイスリフトディスプレイが採用されているが、よく見れば、独自のメニューグラフィックや、特にセンタートンネルには、モデルアップデート以前からのBMWのギアノブが採用されている。

インフォテインメントには慣れが必要これは、アルピナの顧客が目に見えるギアセレクターを高く評価しているため、意図的に以前の状態に戻したのだと聞いた。新しいインフォテインメントには慣れが必要だが、少し探せば、使い慣れた操作ロジックを見つけることができる。解像度とディスプレイは、すぐに私たちを満足させてくれる。

「B3ツーリング」の乾燥重量は、様々なチューニングにもかかわらず、1,846kgという軽量で仕上げられている。これは称賛に値する。

優れた直列6気筒エンジンに目立たないプラスチックカバー - 現在は495馬力。次は燃費だ。アルピナは100kmあたり10.1リッター(リッターあたり9.9km)、実用テストでは11.3リッター(リッターあたり8.8km)と公表しているが、これは市街地、陸路走行、高速道路でのフルスロットルで構成されている。

最後に、「B3ツーリング」はローテンブルクのテストコースに持ち込まれ、縦方向の動力性能の高さを見せつけられた。驚いたことに、0から100km/hまでのスプリントは、工場出荷時の規定である3.7秒を正確に達成している。

200km/hには12.6秒という立派なタイムで到達し、「B3」はマイナス加速にも弱さを見せない。追加料金で利用できる高性能ブレーキシステムは、気温が上昇するにつれてさらに良くなり、32.1メートルという温かみのある数値が最高値だ。

結論: 間違いなく、「アルピナB3」のエステートバージョンは、洗練されたマインドのための「M3ツーリング」だ。機敏に見せるためのMスポーツのギミックは必要ない。控えめでエレガントな「B3」は、純正値に近い。

Text: Alexander Bernt Photo: Caroline Jüngling / Auto Bild

こんな記事も読まれています

涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
motorsport.com 日本版
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
乗りものニュース
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
くるまのニュース
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
AUTOSPORT web
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
AUTOSPORT web
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
motorsport.com 日本版
ディーゼルってどんなエンジン? 使われる軽油ってどんな燃料? 知ってるようで知らないガソリンエンジンとの違いとは
ディーゼルってどんなエンジン? 使われる軽油ってどんな燃料? 知ってるようで知らないガソリンエンジンとの違いとは
WEB CARTOP
本当に悔しい……2位に終わり奥歯を噛む岩佐歩夢。PPスタートでのポジションダウンも響く「データをしっかりと見直さないと」|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス
本当に悔しい……2位に終わり奥歯を噛む岩佐歩夢。PPスタートでのポジションダウンも響く「データをしっかりと見直さないと」|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス
motorsport.com 日本版
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
レスポンス
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
@DIME
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
motorsport.com 日本版
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
乗りものニュース
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
くるまのニュース
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.91658.0万円

中古車を検索
B3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.91658.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村