現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アイサイトフル装備で200万円台。本格志向のコンパクトセダン「インプレッサG4」は装備充実の廉価グレードでも満足度高そう

ここから本文です

アイサイトフル装備で200万円台。本格志向のコンパクトセダン「インプレッサG4」は装備充実の廉価グレードでも満足度高そう

掲載 16
アイサイトフル装備で200万円台。本格志向のコンパクトセダン「インプレッサG4」は装備充実の廉価グレードでも満足度高そう

2016年から販売されている「スバル インプレッサG4」。国内では希少となったコンパクトセダンで、モデルライフは8年目を迎えつつも、年次改良を繰り返し、最新モデルに引けを取らない魅力を持つ1台です。新車でセダンが欲しい人にとって必見とも言えるインプレッサG4の購入を検討する場合、狙い目のグレードや、中古市場で狙うべき年式などを見ていきましょう。

エンジンはどちらを選んでも損得ほぼなし
現在インプレッサG4に用意されたパワーユニットは2種類、1.6Lと2.0Lでどちらも自然吸気(NA)の水平対向4気筒ガソリンエンジンです。

>>スバル インプレッサ G4の専門家レビューをチェックする

■1.6L水平対向4気筒エンジン:
最高出力115PS/6200rpm、最大トルク148Nm/3600rpm、燃費14.1km/L(WLTCモード)

■2.0L 水平対向4気筒直噴エンジン:
最高出力154PS/6000rpm、最大トルク196Nm/3600rpm、燃費14.0km/L(WLTCモード)

>>スバル インプレッサG4のカタログ

排気量の差がありつつも燃費性能に大きな差が無いのは2.0Lのみ直噴エンジンというところが大きいでしょう。ちなみにエンジンでの価格差はエントリーグレードLで比べると22万2000円。上位グレードSで27万5000円となっています。

どちらもレギュラー仕様かつ燃費性能に大きな差はないので、どちらのエンジンを選んだ方が得とか損とかはあまりありません。下取り価格などでシミュレーションしてもエンジンの価格差ほぼそのまま反映されるという具合なので、実際に乗り比べて決定するのが良さそうです。

なお、どちらのエンジンでも4WDを選択すると22万円高となります。

装備を充実させたいならSだが、Lでも運転支援システムは充実
1.6Lと2.0Lどちらのエンジンでもグレードラインアップは同じで、エントリーグレードがL、上位グレードがSという展開。それぞれの価格設定は以下の通り。

1.6i-L アイサイト:200万2000円(FWD)、222万2000円(4WD)
1.6i-S アイサイト:224万4000円(FWD)、246万4000円(4WD)
2.0i-L アイサイト:224万4000円(FWD)、246万4000円(4WD)
2.0i-S アイサイト:251万9000円(FWD)、273万9000円(4WD)

LとSグレードごとの違いは、加飾パーツやホイールなどの違いに加えて、機能的な部分の違いとしては以下の部分が挙げられます。
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能
・リバース電動ドアミラー
・LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ+アダプティブドライビングビーム

>>スバル インプレッサG4のカタログ

2.0LモデルのほうがSとLグレードの価格差が大きな理由
なお、SとLの価格差は1.6Lで24万2000円、2.0Lで27万5000円となっています。この違いが生まれるのは2.0Sには標準装備で1.6Sでは標準装備されない装備があるからです。機能的な装備として2.0Sと1.6Sの違いはフロントシートヒーターが例として挙げられます。こちらはアイサイトセーフティプラスや本革シートとのセットオプションで装備することができ、その金額は18万7000円となっています。

ちなみに後側方警戒支援システムやフロント&サイドビューモニターが装備できるアイサイトセーフティプラスを装備したい場合、オプション金額はS系グレードでは7万7000円とリーズナブルですが、L系では他のセットオプションと組み合わせなければアイサイトセーフティプラスは装備出来ないため、26万円以上になります。

ただし、標準装備のアイサイトでもツーリングアシスト(全車速追従機能付クルーズコントロールとステアリングアシストのセット)をはじめとした運転支援システムはかなり充実しているので、Lグレードを選んでも不満は少ないはずです。

>>スバル インプレッサG4のカタログ

中古車で狙うならば大幅改良後
モデルライフが長いモデルということもあって、中古車でインプレッサG4を狙うという人もいるかもしれません。その場合オススメしたいのが2019年10月の大幅改良後の個体です。この時はデザインの変更も行われ今どきの雰囲気となりましたが、最も注目すべきポイントはツーリングアシストが全車標準装備となったことです。

ツーリングアシストの有無は高速道路などで大きく影響してくるので、年式選びは重要視すべきです。ちなみに相場感としては180万円あれば大幅改良後の個体が狙えるという感じです。

ただ、インプレッサG4の大幅改良後の個体は市場での流通台数が少ないのがネック。これから初回車検を迎える個体が多く出てくるかもしれないので、中古車も検討しているという人は相場の動向をこまめに確認するといいでしょう。

>>スバル インプレッサG4のカタログ

文:西川省吾
写真:
1枚目:インプレッサ G4 2.0i-L アイサイト
2枚目:インプレッサ G4 2.0i-S アイサイト
3枚目:インプレッサ G4
4枚目:インプレッサ G4 1.6i-S アイサイト特別仕様車
5枚目:インプレッサ G4 2.0i-S アイサイト

こんな記事も読まれています

トヨタ「シエンタ」の最大ライバル! 全面刷新のホンダ「新型フリード」初公開! 大人気「小型3列ミニバン」どっちが好き? アンケートの結果とは
トヨタ「シエンタ」の最大ライバル! 全面刷新のホンダ「新型フリード」初公開! 大人気「小型3列ミニバン」どっちが好き? アンケートの結果とは
くるまのニュース
レクサスが唯一の合格点!! [クルマ任せ]は重大な事故に! アメリカで自動運転を評価
レクサスが唯一の合格点!! [クルマ任せ]は重大な事故に! アメリカで自動運転を評価
ベストカーWeb
ベントレー新型「コンチネンタルGT」のティザー画像を公開! 史上もっともパワフルなハイブリッドモデルは丸目四灯?それとも…
ベントレー新型「コンチネンタルGT」のティザー画像を公開! 史上もっともパワフルなハイブリッドモデルは丸目四灯?それとも…
Auto Messe Web
「アストンマーティン DBX707」日本限定モデルのローンチイベントを真夜中の青山で開催!
「アストンマーティン DBX707」日本限定モデルのローンチイベントを真夜中の青山で開催!
Webモーターマガジン
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
motorsport.com 日本版
VWの新型EVセダン『ID.7』、歴史的高評価…欧州最大の自動車クラブ「ADAC」がテスト
VWの新型EVセダン『ID.7』、歴史的高評価…欧州最大の自動車クラブ「ADAC」がテスト
レスポンス
見たか、レッドブル! 予選で躍動の角田裕毅、猛アピール。Q2敗退のペレスと明暗くっきり
見たか、レッドブル! 予選で躍動の角田裕毅、猛アピール。Q2敗退のペレスと明暗くっきり
motorsport.com 日本版
ピアストリ、予選2番手も痛恨のペナルティ。マグヌッセンの妨害で、3グリッド降格|F1エミリア・ロマーニャGP
ピアストリ、予選2番手も痛恨のペナルティ。マグヌッセンの妨害で、3グリッド降格|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
【角田裕毅F1第7戦展望】持ち込みセットアップが正しく機能し初日3番手。焦らずペースを上げ、前戦以上の安定も実感
【角田裕毅F1第7戦展望】持ち込みセットアップが正しく機能し初日3番手。焦らずペースを上げ、前戦以上の安定も実感
AUTOSPORT web
「クマだァァ!」 車で遭遇したら“どうすれば”イイ? 「バック」はダメ!? 車内も危険に? “熊”を見つけた時の正しい対処法とは
「クマだァァ!」 車で遭遇したら“どうすれば”イイ? 「バック」はダメ!? 車内も危険に? “熊”を見つけた時の正しい対処法とは
くるまのニュース
ホンダの[新型WR-V]が高コスパ!! カロクロ超えの1位は? 各社コンパクトSUV勢のオススメ
ホンダの[新型WR-V]が高コスパ!! カロクロ超えの1位は? 各社コンパクトSUV勢のオススメ
ベストカーWeb
東京で開催された日本初の本格公道レース「東京E-Prix」! サーキットじゃなく公道でレースをやる意味はドコにあるのか?
東京で開催された日本初の本格公道レース「東京E-Prix」! サーキットじゃなく公道でレースをやる意味はドコにあるのか?
WEB CARTOP
フェルスタッペン、コースオフを繰り返し、0.541秒差の7番手「ひどい一日。快適に走れなかった」/F1第7戦金曜
フェルスタッペン、コースオフを繰り返し、0.541秒差の7番手「ひどい一日。快適に走れなかった」/F1第7戦金曜
AUTOSPORT web
佐藤琢磨、インディ500予選は9番手で初日通過。「チームにとって素晴らしい結果。明日はさらにいい結果を」
佐藤琢磨、インディ500予選は9番手で初日通過。「チームにとって素晴らしい結果。明日はさらにいい結果を」
motorsport.com 日本版
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
AUTOCAR JAPAN
え?え?えっ!? 標識が複雑すぎる「初見殺しの交差点」どうしてこうなった!? ドライバーは一瞬で理解…できるかも?
え?え?えっ!? 標識が複雑すぎる「初見殺しの交差点」どうしてこうなった!? ドライバーは一瞬で理解…できるかも?
乗りものニュース
インディ500ファストフライデイ/予選想定首位はニューガーデン。トップ5を占めたシボレー勢が本領発揮か
インディ500ファストフライデイ/予選想定首位はニューガーデン。トップ5を占めたシボレー勢が本領発揮か
AUTOSPORT web
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
Auto Prove

みんなのコメント

16件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

200.2273.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0229.8万円

中古車を検索
インプレッサ G4の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

200.2273.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0229.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村