現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクル250もアルファードもだった!! なぜ最近の新車は発表と発売がズレるのか…得する人と損する人

ここから本文です

ランクル250もアルファードもだった!! なぜ最近の新車は発表と発売がズレるのか…得する人と損する人

掲載 4
ランクル250もアルファードもだった!! なぜ最近の新車は発表と発売がズレるのか…得する人と損する人

 今年2023年もあと1か月あまり。今年も多くの新型車が発表されたが、昨今は、新型車のワールドプレミア(世界初公開)がなされても、発売開始までは数か月の「ずれ」があることが多い。発表からしばらく経ち、すでに見慣れた感のあるクルマが、実はまだ売ってなかった、ということもしばしば。以前は、発表と発売が同時に行われることが多かったクルマの新モデル、なぜ昨今は発表と発売がこんなにもずれるのだろうか。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、SUBARU、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、BMW、VW、STELLANTIS

ランクル250もアルファードもだった!! なぜ最近の新車は発表と発売がズレるのか…得する人と損する人

ランクル250の発売は、場合によっては10か月後にも

 2023年に新型が登場したビッグネームのひとつである、トヨタ「ランドクルーザー250」。

 コチラは2023年8月2日10時にワールドプレミアがなされたが、日本では、特別仕様車であるFirst Editionを含め、発売予定は2024年前半。

「前半」とされているだけなので、1月なのか6月になるのかはわからないが、場合によっては発売まで10か月も待たされる事態となる。

 同じトヨタ車でも、2023年6月21日に正式発表となった新型「アルファード」/「ヴェルファイア」は、発表と同時に発売を開始。

 ただ、2022年11月16日に世界初公開となったトヨタ「プリウス」は、2023年1月10日ハイブリッドモデルが、3月15日にプラグインハイブリッドモデルがそれぞれ発売となるなど、パワートレインによっても発売時期に差が生じている。

 他にも、三菱の「デリカミニ」は、2023年1月13~15日に開催された東京オートサロンにて初披露&先行受注を開始したものの、正式発表は4月6日、発売は5月25日であった。

 またスバルの「レヴォーグレイバック」は、ティザー写真が公開されたのは8月3日、先行予約開始が9月7日だったが、発売開始は11月24日となっている。

 本稿を執筆している11月中旬時点でとっくに発売されているのかと思っていたが、まだ発売されていなかった。

 このように、クルマによっては発表から発売まで、半年以上かかる場合もある。

 ユーザーとしては、購入する前にクルマの様々な情報をじっくり収集して検討できるというメリットはある。

 だがその一方で、すぐに販売ディーラーで実車を見ることができないと、発売されるころには忘れてしまっていたり、待たされたことでどうでもよくなってしまったり、ということも考えられる。

「なぜこんなにも発表と発売がずれるのか」と思っている人は多いのではないだろうか。

2023年8月2日10時にワールドプレミアがなされたランドクルーザー250系。日本では、特別仕様車First Editionを含めて、2024年前半に販売開始になる予定だ

ずれるのは、生産台数の見通しを立てるため

 新型車の発表と発売の時期にずれがあるのには、クルマの最終調整や仕向地ごとの造り分けなど、さまざまな理由があるだろうが、自動車メーカーが生産台数の見通しを立てたい、と考えていることも理由だと思われる。

 新型車にはたいてい、目標生産台数が設定されている。

 これくらいは売りたい、それだけの生産キャパシティを確保する、というものだが、思惑が外れて受注がまったく集まらなかった場合、「ヒト、モノ、カネ」に多大な無駄が生じてしまう。

 事前に生産台数の見通しがたつと、必要となる部品数がある程度分かり、無駄のない生産計画を組むことができ、無駄が減れば、全体にかかるコストを削減できる。

 コロナ禍においては、ロックダウンで海外からの部品供給が滞ったが、こうした場合にも早期に打開策を打つことができる。

 また、ティザー画像から、正式発表、事前予約、発売開始と、そのたびに新車の情報を小出しにして何度も話題を世間に投下することで、市場を刺激する戦略としても使える。

 発表と同時に発売開始という従来通りのやりかたも、実車をディーラーですぐに触れてみることができるというメリットはある。

 だが、昨今の新車マーケティングでは、自動車メーカーにとってより都合のいい、ティザー写真から始まる一連の流れがトレンドになっているようだ。

スバルの新型レイバック。ティザー写真が公開されたのは8月3日、正式発表と先行予約が9月7日であるが、発売開始が11月24日とずれこんでいた

販売現場では混乱もあるようだが、今後もこの方針は続く見込み

 ただ、販売現場においては混乱もあるようだ。以前話を聞いたディーラーの販売担当者は、まだ見ぬ商品を熟知したように説明し、顧客に納得してもらわなければならないことが辛いと話していた。

 実車も、発売直前(少なくとも1ヵ月前)にならないと配備されないため、発表の情報にふれたユーザーから、なぜ実車がないのかと文句をいわれることもあるそうだ。

 これまでが発表と同時に発売となるケースが多かったため、混乱もあるようだが、無駄がなくなることでコストが下がるのであれば、今後もこの方針が採られていくのだろう。

人気モデルであるトヨタ「アルファード」/「ヴェルファイア」は、発表と同時に発売という流れになった

こんな記事も読まれています

トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
くるまのニュース
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
バイクブロス
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
バイクブロス
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
グーネット
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
motorsport.com 日本版
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
AUTOSPORT web
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
乗りものニュース
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
くるまのニュース
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
レスポンス
マーティン・ブランドル、ルクレールの速さを評価しながらも「ハミルトンを見くびるな」と警告
マーティン・ブランドル、ルクレールの速さを評価しながらも「ハミルトンを見くびるな」と警告
AUTOSPORT web
ええ、市販モデルなの!? レクサス電気SUVのド派手エアロがスゴい!! しかも実力もハンパなし
ええ、市販モデルなの!? レクサス電気SUVのド派手エアロがスゴい!! しかも実力もハンパなし
ベストカーWeb
フェラーリ「348スパイダー」が1380万円で落札! まだオーナーになるのも夢じゃない「跳ね馬」モデルがありました
フェラーリ「348スパイダー」が1380万円で落札! まだオーナーになるのも夢じゃない「跳ね馬」モデルがありました
Auto Messe Web
全国約30箇所を巡る展示・試乗イベント! BYDのEVを身近に体験できる「Hello! BYD Caravan」
全国約30箇所を巡る展示・試乗イベント! BYDのEVを身近に体験できる「Hello! BYD Caravan」
LE VOLANT CARSMEET WEB
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その2
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その2
グーネット
スバル ソルテラ【1分で読める国産車解説/2023年版】
スバル ソルテラ【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【190エボIIレストモッド追加情報】メルセデス190 E 2.5-16エボIIへのオマージュ テクニカルデータを含む全ての情報!
【190エボIIレストモッド追加情報】メルセデス190 E 2.5-16エボIIへのオマージュ テクニカルデータを含む全ての情報!
AutoBild Japan
ゲイルスピードの「サムブレーキマスターシリンダー/ハンドルバークランプ φ22.2」が3月下旬発売
ゲイルスピードの「サムブレーキマスターシリンダー/ハンドルバークランプ φ22.2」が3月下旬発売
バイクブロス

みんなのコメント

4件
  • mx5********
    残クレやキントでなければ、供給しないなど、購入条件をかなり付けてくる、犯罪スレスレ?もしくは犯罪とも取れる営業所が増えている。
    誰か裁判を起こしたら、ヤバイ所長や営業マンがかなり居ることになる。
    トヨタ本社は、関与しているのだろうか?
  • *******
    発売より早く発表されて困る人って居るのか?
    新車スクープ記事で儲けてる雑誌社しか思い浮かばないけど。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村