サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボディ剛性の向上により走りの質感も大幅アップ!「スバルレヴォーグプロトタイプ」に試乗

ここから本文です
キープコンセプトのスタイルながら、明らかに存在感の増した新型レヴォーグ。全長4755mm、全幅1795mmのサイズは現行モデルより65mm長くなり、幅も15mm拡げられた。スバル・グローバルプラットフォーム(SGP)の採用はインプレッサより4年遅れとはなったが、その間に各部がブラッシュアップされて一段と進化。2670mmのホイールベースはインプレッサと同じだが現行モデルよりは20mm長く、安定感のあるスタイルを実現するとともに室内スペースの拡大にも貢献している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン