現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】2025年登場か!? マツダ「CX-5」の次期型はストロングハイブリッドやEVも設定へ!

ここから本文です

【スクープ】2025年登場か!? マツダ「CX-5」の次期型はストロングハイブリッドやEVも設定へ!

掲載 26
【スクープ】2025年登場か!? マツダ「CX-5」の次期型はストロングハイブリッドやEVも設定へ!

リアにはCX-60に似たデザインのLEDテールライトを装備

マツダは現在、人気クロスオーバーSUV「CX-5」次期型を開発中とみられるが、その最新情報を入手するとともに、予想CGが制作された。

見覚えはないけど懐かしい…?「三代目カペラ・タクシー」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第43回

【画像5枚】マツダの次期「CX-5」の予想CGを見る

初代CX-5は2012年に登場、同社の新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を採用した初のモデルとなった。現行型となる第2世代は2017年に発売、7年が経過しており、次期型への期待が高まっている。

お馴染みTheottle氏から強力を得た予想CGは、ラジエーターグリルが薄く新設計されクロムメッキで接続、「CX-60」に似たヘッドライトを装備している。またバンパーには縦基調のコーナーエアインテークを配置しスポーティな仕上がりとなっている。

側面ではドア下部にあったキャラクターラインを削除し、代わりにリアドアノブに向かい上昇するラインが新設された。リアでは、LEDテールライトが大きな進化を見せており、CX-60に酷似したグラフィックを内部に持つLEDテールライトを装備、中央エンブレム付近まで伸びている。

次期型ではSKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャーを採用する可能性があり、ボディを拡大。全長とホイールベースが約20mmストレッチされ居住空間が向上する。コックピットには、より大型化されるインフォテイメントディスプレイも期待できるだろう。

パワートレインの注目は、同社が2025年頃に登場する新型モデルに投入することを明言している、自社開発「ストロングハイブリッド」の導入だ。モーターがエンジンを補助する「マイルドハイブリッド」をアップデートさせ、2.0L直列4気筒と組み合わせることで、高い走行性能を発揮する。また初のフルエレクトリックモデルの導入も濃厚だ。おそらく、シングルモーターを積むFWDモデルと、デュアルモーターを積む全輪駆動モデルをラインナップ、全輪駆動では、最高出力240ps程度が予想される。

CX-5次期型のワールドプレミアは、最速で2024年内だが、2025年前半の可能性が高いだろう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

【スクープ】三菱デリカD:5が18年ぶりにフルモデルチェンジへ!後継モデルの「D:6」は電動専用モデルに進化する!
【スクープ】三菱デリカD:5が18年ぶりにフルモデルチェンジへ!後継モデルの「D:6」は電動専用モデルに進化する!
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】アルファロメオのフラッグシップSUV「ステルヴィオ」の後継モデルは最高出力800psのEVに!? その最終デザインを大予想!
【スクープ】アルファロメオのフラッグシップSUV「ステルヴィオ」の後継モデルは最高出力800psのEVに!? その最終デザインを大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
BMW最強セダンに名乗り!V8搭載『M5』次期型、発覚した狂気のスペック
BMW最強セダンに名乗り!V8搭載『M5』次期型、発覚した狂気のスペック
レスポンス
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ  自社ハイブリッド搭載明らかに
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ 自社ハイブリッド搭載明らかに
くるまのニュース
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
くるまのニュース
マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
レスポンス
キャデラックの最高級SUV『エスカレード』、大胆フェイスで今夏デビューへ…デザイン大予想
キャデラックの最高級SUV『エスカレード』、大胆フェイスで今夏デビューへ…デザイン大予想
レスポンス
トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
くるまのニュース
ブラック&グレーで都会的な装い!「アウディQ2」の限定モデル、「アーバンシックエディション」発売!
ブラック&グレーで都会的な装い!「アウディQ2」の限定モデル、「アーバンシックエディション」発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
レスポンス
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
AUTOCAR JAPAN
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
マツダが新型上級セダン「EZ-6」初公開! 半円4連テールがイイ! マツダ6後継!?中国に登場!日本の販売店での反響は
マツダが新型上級セダン「EZ-6」初公開! 半円4連テールがイイ! マツダ6後継!?中国に登場!日本の販売店での反響は
くるまのニュース
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
くるまのニュース
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
レスポンス
最強「V8エンジン」搭載! 新型「カクカク本格SUV」発表! 豪華内装の“3列シート”モデルも用意の「ディフェンダー」登場
最強「V8エンジン」搭載! 新型「カクカク本格SUV」発表! 豪華内装の“3列シート”モデルも用意の「ディフェンダー」登場
くるまのニュース
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
AutoBild Japan
全長5m級! トヨタが新型「ラージSUV」発売! 唯一の“上質ブルー内装”で車中泊できる!? 17年ぶり「クラウンエステート」復活!
全長5m級! トヨタが新型「ラージSUV」発売! 唯一の“上質ブルー内装”で車中泊できる!? 17年ぶり「クラウンエステート」復活!
くるまのニュース

みんなのコメント

26件
  • yasu
    ラージ商品群の出来が悪いから稼ぎ頭のCX5コケたら会社がやばい。
  • スキー温泉
    アテンザユーザーです。
    新しい車がだんだん四角い、いかついイメージに変わってきました。鼓動がコンセプトだった頃の一目惚れする様な美しいデザインが消えていくと思うと残念です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.8405.2万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.8405.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村