サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代日産リーフの二の舞になる? なぜホンダとマツダ航続距離の短いEVを登場させるのか

ここから本文です

 満充電で200kmでは電欠が恐くて乗れない?

 第64回東京モーターショーで公開された、ホンダeとマツダMX-30は、いずれも一充電走行距離を約200kmに設定している。これが、短すぎるとの意見がある。しかし本当だろうか。

「石油の枯渇」が原因じゃない! 世界的に電気自動車シフトが進む本当の理由とは

 確かに、日産が2010年に発売した初代リーフは、JC08モードで200kmとして発売されたが、現実的にはエアコンディショナーなどを使いながらの走行だと150km前後しか走らないというのが実情であった。それによって、いつ電欠(エンジン車ならガス欠)するかわからない不安から、EVは使い物にならないとの評判が広がった。

おすすめのニュース

サイトトップへ