現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「遅いなら一番左走れよ!」って言いたくもなるが……ガラガラなのに高速道路の「第一走行車線」を避けるワケ

ここから本文です
「遅いなら一番左走れよ!」って言いたくもなるが……ガラガラなのに高速道路の「第一走行車線」を避けるワケ
写真を全て見る(5枚)

 この記事をまとめると

■高速道路で第二走行車線と追い越し車線にはクルマがいるのに第一走行車線はガラガラということがある

冬用タイヤ規制が発令! 走れるタイヤはドコを見ればわかる?

■第一走行車線は走行の流れが乱されやすく敬遠する人が多いようだ

■円滑な流れのためには車線全体をうまく使って走るようにしたい

 高速道路では第一走行車線が空いている

 高速道路で問題になるのが、追い越し車線を走り続けるクルマ。追い越し車線を走り続けるのは違反になるのでご法度であり、いろいろと話題になったことから、最近は減ってきてはいるように思える(まだけっこういるが)。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
WEB CARTOP
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
レスポンス
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
くるまのニュース
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
motorsport.com 日本版
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
乗りものニュース
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
月刊自家用車WEB
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
VAGUE
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
Auto Messe Web
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
モーサイ
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
月刊自家用車WEB
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
くるまのニュース
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
Webモーターマガジン
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
motorsport.com 日本版
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
THE EV TIMES
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
レスポンス

みんなのコメント

42件
  • octsoc
    5キロ程度の減速も我慢できない大型トラックが追い越し車線に出てきてトラック同士のバトル。その後ろの車に10キロも20キロも減速させていることは気にならないのかね?
  • うめぷりん
    大型運転手です。よく遅い車がいるからとか色々理由があるとは思いますが、基本3車線の道路は大型貨物や大型けん引は左側(第一走行車線)の通行になっているところが多いです。そこで第二走行車線をゆっくり走っている大型車の運転席を見るとよく右足を上げ携帯を触っている人も数多くいます。特に癖が悪いのはカーテンを半分ぐらい閉めて中を見られないようにしてベルトをしていないとかもあります。巡回しているネクスコのパトロール隊や高速道路交通警察隊もそのような車両を見て運転手や当該企業及び関係団体に指導等を行ったりしていないのも原因があるとは思いますし、運転手が減ってきているにもかかわらず運転手側にも色々な危機感が欠如しているのも原因だと思います。
    まあ、普通乗用車もカーテンや携帯と上から見てたら色々と隠したり忙しくしている人もいますが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村