現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボXC60がマイナーチェンジ。インフォテインメントシステムの進化とともに内外装の一部変更を実施

ここから本文です

ボルボXC60がマイナーチェンジ。インフォテインメントシステムの進化とともに内外装の一部変更を実施

掲載 5
ボルボXC60がマイナーチェンジ。インフォテインメントシステムの進化とともに内外装の一部変更を実施

ボルボのプレミアムミッドサイズSUVのXC60が商品改良。新インフォテインメントシステムの導入や内外装の仕様変更、新安全機能の追加などで訴求力をアップ。特別限定車「T8 Polestar Engineered」も発売

 ボルボ・カー・ジャパンは2021年9月1日、プレミアムミッドサイズSUVのXC60をマイナーチェンジし、合わせて特別限定車「T8 Polestar Engineered」を設定して同日より発売した。

ボルボが旗艦プレミアムセダン「S90」の受注生産による販売を日本で開始すると発表。車両価格は894万円に設定

車種展開は以下の通り。
XC60 B5 AWD Momentum:649万円
XC60 B5 AWD Inscription:749万円
XC60 B6 AWD R-Design:809万円
XC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription Expression:844万円
XC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription:959万円
XC60 T8 Polestar Engineered:1034万円(販売台数40台限定)

 今回の商品改良は、新インフォテインメントシステムを採用するとともに、内外装の仕様変更や安全機能のバーションアップなどを図ったことが特徴である。

 まずインフォテインメントシステムでは、Googleを搭載したAndroidベースの新しい機構を導入。具体的には、ナビゲーション・システム-Googleマップ/音声操作システム-Googleアシスタント(2021年末以降より利用可能予定)/アプリケーション-Google Playで構成する「Google Apps and Services (Googleアプリ/サービス)」、緊急通報サービス/故障通報サービス/盗難車両検索機能/ドライビング・ジャーナル(ドライブログ自動作成機能)/ヴィークルダッシュボードモニター(車両情報確認機能)/リモートドアロックおよびアンロック機能/エンジンリモートスタートで構成する「Volvo Cars app(テレマティクス・サービス/ボルボ・カーズ・アプリ)」という新機能を組み込んだ。

 エクステリアでは、新デザインのフロントグリルや前後バンパー、各グレードのアルミホイールを採用したうえで、ボディカラーにサンダーグレー/プラチナグレー/シルバードーンの新色を追加設定。一方、インテリアではドライバーディスプレイやセンターディスプレイのHMI画面デザインおよび操作ロジックを刷新する。また、安全機能の面では、前方の車両が発進したことに運転者が気づくよう信号音を鳴らし、センターディスプレイにシンボルとメッセージを表示する「先行車発進告知機能」と、駐車時の後退など10km/h未満のときにブレーキを介入させて障害物との衝突の回避をサポートする「リア衝突回避・被害軽減ブレーキシステム」を新たに装備した。

 パワートレインは基本的に従来と共通で、B5に“48Vハイブリッド”の1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボガソリンエンジン(250ps/350Nm)+モーター(10kW/40Nm)+駆動用リチウムイオンバッテリー(容量8Ah)+電子制御8速ATギアトロニックを、B6に“48Vハイブリッド”の1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボ&電動スーパーチャージャーガソリンエンジン(300ps/420Nm)+モーター(10kW/40Nm)+駆動用リチウムイオンバッテリー(容量8Ah)+電子制御8速ATギアトロニックを、T8にプラグインハイブリッドの1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボ&電動スーパーチャージャーガソリンエンジン(318ps/400Nm)+モーター(前34kW/160Nm、後65kW/240Nm)+駆動用リチウムイオンバッテリー(容量34Ah)+電子制御8速ATギアトロニックを搭載。駆動機構はB5とB6が電子制御AWDシステム、T8がエンジン+モーターの電子制御AWDシステムを採用している。

 最後に、特別限定車のT8 Polestar Engineeredを解説しよう。車名のT8が示す通り、パワートレインにはプラグインハイブリッドを搭載。ポールスターの手によって、エンジン出力は333ps/430Nmへとアップする。また、シャシー面にはポールスターとオーリンズ社で共同開発したDFVショックアブソーバー(22段階調整)や専用ストラットタワーバーを、制動機構にはAkebono社製6ピストンキャリパーとドリルドディスクタイプΦ400mmフロントブレーキローターを採用。さらに、内外装の随所に専用デザインのパーツを組み込んでいる。

こんな記事も読まれています

セッション2も牧野任祐が首位。ルーキー岩佐歩夢が2番手に続く/鈴鹿公式合同テスト
セッション2も牧野任祐が首位。ルーキー岩佐歩夢が2番手に続く/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
自動車ブランド初!DSオートモビル「ChatGPT」を標準装備に 日本導入は4月中旬
自動車ブランド初!DSオートモビル「ChatGPT」を標準装備に 日本導入は4月中旬
グーネット
全長4.2m級! 新型「3人乗り小型スポーツカー」25年に登場へ! 「美しすぎる」流麗フォルムדリア駆動”の斬新マシンは日本での発売も
全長4.2m級! 新型「3人乗り小型スポーツカー」25年に登場へ! 「美しすぎる」流麗フォルムדリア駆動”の斬新マシンは日本での発売も
くるまのニュース
ジープ 北米でバズった“ダック”付き!ラングラーアンリミテッドにフリーダムな特別仕様車
ジープ 北米でバズった“ダック”付き!ラングラーアンリミテッドにフリーダムな特別仕様車
グーネット
スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
レスポンス
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
くるまのニュース
純ガソリン車ならではの歓びを味わえるのは今がラストチャンスかも──アバルト695コンペティツィオーネ試乗記
純ガソリン車ならではの歓びを味わえるのは今がラストチャンスかも──アバルト695コンペティツィオーネ試乗記
GQ JAPAN
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
motorsport.com 日本版
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
くるまのニュース
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
motorsport.com 日本版
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
くるくら
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
レスポンス
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
motorsport.com 日本版
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
AUTOSPORT web
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
グーネット
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
OPENERS
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
グーネット

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.9798.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.9798.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村