現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ソアラ」の翌月に登場した2代目『レパード』の衝撃【懐かしのカーカタログ】

ここから本文です
「ソアラ」の翌月に登場した2代目『レパード』の衝撃【懐かしのカーカタログ】
写真を全て見る(9枚)

1980年登場の初代が『ブルーバード』(910型)をベースとしたのに対して、この2代目の『レパード』は『スカイライン』(R31型)をベースに誕生した。登場は1986年2月、トヨタから2代目『ソアラ』が登場した翌月のことだった。

5年半続き、いかにも80年代的なスペシャルティカーだった初代から一変、2代目レパードは“大人のライフスタイルをハイセンスに演出するプレステージ・スペシャルティカー”(広報資料より)として誕生。スタイリングは“エアフローフォルム”と呼んだオーソドックスながら品格のあるなめらかなもので、Cd値は0.32と良好なもの。塗装は高品位な4コートを採用した。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

「FFスーパーボルテージ」がキャッチコピー、低さが魅力だった2代目『プレリュード』【懐かしのカーカタログ】
「FFスーパーボルテージ」がキャッチコピー、低さが魅力だった2代目『プレリュード』【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
日産 ノートオーラNISMO 改良新型…4WDモデルも設定して発売
日産 ノートオーラNISMO 改良新型…4WDモデルも設定して発売
レスポンス
ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
レスポンス
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
Webモーターマガジン
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
レスポンス
トヨタ GR86に限定モデル「箱根」登場、“聖地”ターンパイクをリスペクト 米国限定860台
トヨタ GR86に限定モデル「箱根」登場、“聖地”ターンパイクをリスペクト 米国限定860台
レスポンス
キャデラック『エスカレード』改良新型に最強「V」、682馬力スーパーチャージャー搭載…米国設定
キャデラック『エスカレード』改良新型に最強「V」、682馬力スーパーチャージャー搭載…米国設定
レスポンス
トヨタ セリカLB 2000GT(昭和48/1973年4月発売・RA250型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト079】
トヨタ セリカLB 2000GT(昭和48/1973年4月発売・RA250型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト079】
Webモーターマガジン
強気の価格設定と微妙な立ち位置で結果は残念! 小さなセルシオとして贅の限りを尽くした「トヨタ・ブレビス」がいまみても衝撃作だった
強気の価格設定と微妙な立ち位置で結果は残念! 小さなセルシオとして贅の限りを尽くした「トヨタ・ブレビス」がいまみても衝撃作だった
WEB CARTOP
ルーフにグラデーション塗装、MINI 5ドアハッチバック 新型の「Favoured Trim」仕様
ルーフにグラデーション塗装、MINI 5ドアハッチバック 新型の「Favoured Trim」仕様
レスポンス
『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
レスポンス
【20世紀名車】エレガントな味わいが愛された高級2シーター、’89メルセデス・ベンツ560SLの華麗な世界
【20世紀名車】エレガントな味わいが愛された高級2シーター、’89メルセデス・ベンツ560SLの華麗な世界
カー・アンド・ドライバー
スポーツ走行が可能なATチューニング! 進化する技術と対応車種を解説~カスタムHOW TO~
スポーツ走行が可能なATチューニング! 進化する技術と対応車種を解説~カスタムHOW TO~
レスポンス
【買っておきたい21世紀名車】斬新な4シーター・ロータリースポーツ、マツダRX-8の肖像
【買っておきたい21世紀名車】斬新な4シーター・ロータリースポーツ、マツダRX-8の肖像
カー・アンド・ドライバー
サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
レスポンス
R33型スカイラインとは? 詳しく解説!
R33型スカイラインとは? 詳しく解説!
WEB CARTOP
4人乗りの日産「最上級セダン」存在していた!? クラス超え「豪華インテリア」ד画期的”すぎる技術採用! 「バブル真っ最中」に披露されたモデルとは
4人乗りの日産「最上級セダン」存在していた!? クラス超え「豪華インテリア」ד画期的”すぎる技術採用! 「バブル真っ最中」に披露されたモデルとは
くるまのニュース
トヨタの『MR2』と『セリカ』、2026年に復活か…エンジンが?!
トヨタの『MR2』と『セリカ』、2026年に復活か…エンジンが?!
レスポンス

みんなのコメント

20件
  • HFC28
    確か「アダルト・インテリジェンス」と云うサブキャッチが与えられていたと記憶していますが、とにかく2代目ソアラのハイテクに目を奪わてしまったのは確か。

    流面セリカをリスペクトした様な角が取れたスタイリング、スエードタッチのクランベールインテリア、投影式のデジタルメーター(スペースビジョンメーター)、230馬力3000ccツインカムターボのバワーを支える電子制御エアサスペンション…とにかくレパードより見どころが多過ぎた。

    日産初採用なのは、新開発/新採用のVG30DEエンジンと、パートナーコンフォートシート、グラフィカルデジタルメーター、4コート4ベーク塗装…これ位か?

    お馴染み「あぶない刑事」でその「アダルト・インテリジェンス」の世界が具現化されたと思いますが、それが後押しで人気が上がったのは紛れも無い事実。

    平成2年当時のカーセンサーで、既にそんな分析をしていました。
  • ******
    エンジンがなぁ。
    仕方ないとは言えL28スタートはキツかった。
    ソアラの直6DOHCの方が見栄えがしたんだよ
    最初からV6ターボだったら
    もう少しいい勝負できたと思う
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

630.0661.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.0798.0万円

中古車を検索
ソアラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

630.0661.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.0798.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村