現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさかの「レクサスハイエース」に遭遇!? ド派手な「金ピカ内装」の11人乗り仕様が凄い! 5時間400km乗った印象はいかに

ここから本文です

まさかの「レクサスハイエース」に遭遇!? ド派手な「金ピカ内装」の11人乗り仕様が凄い! 5時間400km乗った印象はいかに

掲載 12
まさかの「レクサスハイエース」に遭遇!? ド派手な「金ピカ内装」の11人乗り仕様が凄い! 5時間400km乗った印象はいかに

■レクサスバッチを付けた「ハイエース(ベンチュリー)」とは?

 タイでは日本と違う日本車に出会うことができます。
 
 その中で移動の足としてトヨタ「ハイエース」の高級仕様「ベンチュリー(ハイエース200系)」で送迎されることがあります。

【画像】「えっ…!」レクサスハイエースがカッコいい! バブル仕様「金ピカ内装」が凄い! 画像を見る!(60枚)

 日本で働くクルマの代名詞となるハイエース。

 一方、タイでは送迎用途で活躍しており、主に街中で見かけるのは2005年に登場したハイエース200系をベースに高級仕様に仕立てたのがベンチュリーです。

 エクステリアは、ミドルルーフ&ワイドボディのハイエースワゴンとなります。

 そのため見た目だけでは日本にあるハイエースとあまり違いはありません。

 しかしながら、タイでは独自のカスタマイズが定番となっており、エアロや社外ホイールを装着しているものや、中にはレクサスバッジを付けたものもありました。

 また象徴的なのは内装の豪華さです。

 タイの送迎に使われるハイエース/ベンチュリーはとにかく派手な加飾が施されています。

 今回乗車した仕様もブランド表皮のシートに加えて、ルーフは金色に塗られ、至るところに加飾がされています。

 さらには「VIP」と書かれたカラフルな室内灯がバブルぽさを感じさせました。

 乗り心地は、日本のハイエースをベースにしていますが、足回りはタイ用に変わっているようです。

 タイでは日本や他の国と違いアスファルト舗装ではなくコンクリート舗装が多いのが特徴となります。

 これはタイの暑さによる耐久性や維持費の関係から約20年は持つとされるコンクリート舗装が採用されているようです。

 そんなハイエース/ベンチュリーの乗り心地は、コンクリート舗装独特の路面からの細かな凹凸からの振動や、段差毎の縦揺れ、突き上げた際の衝撃など気になる部分はあります。

 しかし、日本のハイエースよりは移動時の不快感も少なくさすがは送迎用と言えるレベルです。

 今回、タイ北部のブリラムから首都バンコクまでの約400km、5時間という道のりをベンチュリーで走りました。

 後席に乗り続けた印象としては、「想像よりは快適」というものでした。

※ ※ ※

 なおタイでは2019年にベンチュリーの後継モデルとして「マジェスティ」を発表しました。

 マジェスティは、アジア地域を中心に販売されているハイエース300系の乗車版です。

 ハイエース200系とは異なり、セミボンネット化されたパッケージングで、エンジンはフロントに配置されています。

 またハイエース、ベンチュリー、マジェスティ以外にもトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」やレクサス「LM」もタイでは見かけます。

こんな記事も読まれています

au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
AUTOSPORT web
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
AUTOCAR JAPAN
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
AUTOSPORT web
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
AUTOCAR JAPAN
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
AUTOCAR JAPAN
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
くるまのニュース
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
Merkmal
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
GQ JAPAN
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
乗りものニュース
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
@DIME
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
GQ JAPAN
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
@DIME
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
乗りものニュース
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
グーネット
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
レスポンス

みんなのコメント

12件
  • 酢好き
    日本でも頻繁に見かけるぞ。
    レクサスエンブレムのタントもいるけどな。
  • グランデ
    こんなの見て「あっ、LEXUSだ」と思う人など居ませんし、何をやっても所詮ハイエースです。みっともないだけだから、普通に乗ってろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.7405.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

51.81013.0万円

中古車を検索
ハイエースワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.7405.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

51.81013.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村