現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルピナを選ぶ意味とは? D5 S試乗記

ここから本文です

アルピナを選ぶ意味とは? D5 S試乗記

掲載 更新
アルピナを選ぶ意味とは? D5 S試乗記

アルピナとBMW Mの違いについて、輸入元のニコルオートモビルズの広報担当者に訊くと「アルピナは、快適なツーリング・カーを目指し開発されています」と述べた。

たしかに試乗した「D5 S」は、乗り心地がよく、静かで、その気になれば速い、というアルピナ車の特徴がほどよくバランスした大人っぽいモデルだった。

現代レーサー物語 Vol.3佐々木大樹(前編)──今を駆け抜ける現役ドライバーが激動の半生を語る!

【主要諸元】全長×全幅×全高:4960mm×1870mm×1485mm、ホイールベース:2975mm、車両重量:1940kg、乗車定員:5名、エンジン:2993cc直列6気筒DOHCディーゼルターボ(326ps/4000~4600rpm、700Nm/1750~2500rpm)、トランスミッション:8AT、駆動方式:4WD、タイヤサイズ:フロント255/35ZR20、リア295/30ZR20、価格:1299万円(OP含まず)。もとになっているのは、BMWの「530d xDrive」で、そこに「540d xDrive」と基本的には共通の3.0リッター直列6気筒ディーゼル・エンジンを載せている。

日本では540d xDriveが販売されていないので、おなじエンジンを搭載する740d xDriveの3.0リッター直列6気筒ディーゼル・エンジンと比較すると、740dの最高出力が235kW(320ps)であるのに対しD5 Sの出力は240kW(326ps)に、最大トルクは680Nmに対し700Nmに向上している。

マフラーはもとになる5シリーズと異なり、左右2本ずつの計4本出し。H.Mochizukiフロントのリップスポイラー(アルピナロゴ入り)は専用デザイン。日本仕様のアルピナのボディサイドは、すべて専用ステッカー付き(本国ではオプション)。D5 Sは、バランス感覚に優れたモデルだった。トルク、回転マナー、ハンドリングなど、どこかが突出していない。もとになっているBMW 5シリーズの美点もおなじくバランスの良さである。優れた部分を、チューニングによってさらにうまく伸ばしているのだ。

徹底したバランス感覚BMWの直列6気筒ディーゼル・エンジン搭載モデルには、海外で乗った経験を有するが、そのときはバランスのよさに感心した。

D5 Sも、おなじくパワー、レスポンス、静粛性などあらゆる面において優れていた。なお、車名に含まれる「S」は「(搭載エンジンの)最高性能版」を、意味するという。

搭載するエンジンは、2993cc直列6気筒DOHCディーゼルターボ(326ps/4000~4600rpm、700Nm/1750~2500rpm)。D5 Sの“S”は、「(搭載エンジンの)最高性能版」を意味する。バランスのよさこそ、アルピナが最重要視するポイントであるのは先ほど述べた通り。どれほどこだわるのか? というと、ピストンの重量を1本ずつ、またシリンダー容積を1本ずつ計測し、エンジンを組み立てていくのはよく知られた話だ。また、タイヤとホイールを単一銘柄(ミシュラン)の単一径(20インチ)に統一し、足まわりの設定にブレが出ないようにもしている。

さらにエンジン制御技術は、燃料噴射のマッピングを独自に書き換え、パフォーマンスと燃費を同時に追究したという。熟練工によってバランスどりされたピストンなどと合わせ、アルピナ独自のフィーリングを目指しているのだ。

巡航最高速度は275km/h。H.Mochizukiヒーター機能付きステアリング・ホイールは、アルピナ専用デザイン。ステアリング・ホイール裏側には、シフトアップ/ダウン用のスウィッチ付き。見た目以上に快適試乗したD5 Sは、全長5mになんなんとするボディを持つ高級セダンだ。といっても、もとになる5シリーズと異なり、専用デザインのエアロパーツやアルミホイールが備わるから、雰囲気は大きく異なる。かなりスポーティな印象だ。

とはいえ、アルピナのクルマづくりの目標のひとつに、“快適性”もある。だからなのか、フロント35%、リア30%の扁平率を持つ薄いタイヤを履いているにもかかわらず、意外なほど乗り心地がよかった。

JC08モード燃費は14.7km/h。もちろん使用油種は軽油だ。H.Mochizukiタイヤサイズはフロント255/35ZR20、リア295/30ZR20。トランスミッションはZF製8AT。もとになる5シリーズと、シフトプログラムは異なる。走行モードは、もとになるBMW 5シリーズとおなじく、「スポーツ」や「コンフォート」などから選べる。ステアリング・スピードは比較的スローで、中立付近での反応もあえてクイックにしていないかんじだ。このあたりは3シリーズ・ベースの「B3ビターボ」の活発さとは一線を画している。

もちろんスローなクルマではない。アルピナがチューニングしたスポーツ・サスペンションと、専用制御の可変ダンパーが組み合わされた足まわりゆえ、その気になればコーナリングも速い。

上質なウッドパネルとレザーをふんだんに使ったインテリア。グリーンのステッチが各所に施されるのはアルピナらしい。メーターパネルは、フルデジタル。バックカラーはブルーだ。もちろん、ディーゼル・エンジン特有の太いトルクバンドを使って、ゆったりした気分で高速走行も出来る。また、エンジン音もよく抑えられていて、東京から御殿場までの約100kmのドライブは、ほぼ疲労感ゼロだった。

ちなみに、D5 Sの駆動方式は4WDだ。今回の試乗では4WDの性能を試す機会はなかったが、ふつうに運転する限り4WDとは気づかないはずだ。なお、室内のセンターコンソールには4WDであることを示す「Allrad」と、記されたプレートが付く。

電動調整機構付きのフロントシート。シート表皮はレザーが標準。ウッドパネルにはアルピナのロゴが刻まれる。センターコンソールには、車名をしめすプレート。リアシートの居住性は、もとになる5シリーズとなんら変わらない。D5 Sの歴史をさかのぼると、1999年に発表された「D10ビターボ」にさかのぼる。当時のBMW 5シリーズをもとに、”世界でもっともパワフルなディーゼル・エンジン搭載モデル”として話題になった。D5 SはこのD10ビターボの後継であり、第3世代モデルだ。

アルピナは今後、プラグ・イン・ハイブリッドや、ひょっとしたら代替燃料車を手がけるようになるかもしれない。それらも気になるところであるが、熟成されつつあるハイパフォーマンス・ディーゼルも十分魅力的であるのを伝えておく。

文・小川フミオ 写真・望月浩彦

こんな記事も読まれています

ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ベストカーWeb
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
WEB CARTOP
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
motorsport.com 日本版
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
WEB CARTOP
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
motorsport.com 日本版
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
motorsport.com 日本版
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
月刊自家用車WEB
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
Webモーターマガジン
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
AUTOCAR JAPAN
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
motorsport.com 日本版
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
乗りものニュース
レクサスGX550、まずは100台限定販売 1235万円で抽選受付 通常モデルは2024年秋
レクサスGX550、まずは100台限定販売 1235万円で抽選受付 通常モデルは2024年秋
日刊自動車新聞
まもなく世界初公開!“第3の新世代ミニ”は 全長4.1mの5ドアコンパクト 新型「ミニ・エースマン」ってどんなクルマ?
まもなく世界初公開!“第3の新世代ミニ”は 全長4.1mの5ドアコンパクト 新型「ミニ・エースマン」ってどんなクルマ?
VAGUE
未経験でもプロを目指せる!? 「競輪選手」という生き方
未経験でもプロを目指せる!? 「競輪選手」という生き方
バイクのニュース
ノリス、中国2位は超予想外! 「フェラーリの“35秒後ろ”ってエンジニアと賭けてたんだ」
ノリス、中国2位は超予想外! 「フェラーリの“35秒後ろ”ってエンジニアと賭けてたんだ」
motorsport.com 日本版
ステッカーすぐ読めるヤツおる? TURBOや救急車の反転した[鏡文字]はなぜ生まれたのか?
ステッカーすぐ読めるヤツおる? TURBOや救急車の反転した[鏡文字]はなぜ生まれたのか?
ベストカーWeb
EVに逆風! 2024年度の補助金が発表。トヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」は兄弟車でも金額が違うのはなぜ?【Key’s note】
EVに逆風! 2024年度の補助金が発表。トヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」は兄弟車でも金額が違うのはなぜ?【Key’s note】
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

257.01400.0万円

中古車を検索
D5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

257.01400.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村