現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディA4オールロードクワトロは、SUVよりもクールで先進的?【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

アウディA4オールロードクワトロは、SUVよりもクールで先進的?【10年ひと昔の新車】

掲載 更新
アウディA4オールロードクワトロは、SUVよりもクールで先進的?【10年ひと昔の新車】

2009年のジュネーブオートサロンでアウディA4オールロードクワトロがデビューした。2008年に「アウディオールロードクワトロ」が「A6オールロードクワトロ」に進化して以来、このモデルの登場に大きな期待が寄せられていた。果たしてA4オールロードクワトロとはどんなモデルだったのか。ここではドイツ・ミュンヘンで行われた国際試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2009年6月号より)

価格的にも魅力的な、A6オールロードのスケールダウン
自動車に対する人間の趣味趣向というものは、時として合理性とは相反するものだ。ここ数年、地球温暖化を憂慮し、CO2排出量を減らさなければならないと多くの人たちが考えているはずなのだが、各国の自動車市場では大きくて重いSUVは相変わらず売れているし、とくに、罪悪感の少ない、言い訳のできるコンパクトSUVは、確実に伸びている。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

こうした状況下で、アウディが2000年からSUVの代案として市場に送り込んでいるオールロードという商品が意味を持ってくる。A6アバントをベースにしたクロスオーバーモデルは、昨年(編集部註:2008年)全世界で1万1000台を販売した。数は多くないが、今後さらに厳しくなる環境下で、需要は増える可能性はある。

そしてアウディは一歩進んだ形で具体案を提示した。A4オールロードクワトロである。これならばコンパクトSUVに価格的にも対抗できるし、先に同社から発売されたオーセンティックSUVのQ5と競合する可能性も少ないというわけだ。

A4アバントをベースにしたオールロードクワトロは、コンセプトも含め当然のことながら兄貴分のA6オールロードのスケールダウンモデルである。ただし若干の違いはエクステリアに発見される。たとえばフロント中央のマッドガードには、スポイラー状に車幅いっぱいにアルミ風プロテクターが取り付けられている。またリアエンドのプロテクターというかディフューザー風のフィニッシャーも、ツインマフラーカッターを取り囲むほどワイドに広がっている。

一方、18インチタイヤを囲むプラスチック製のホイールアーチやQシリーズと同じ縦のラインを強調したメッシュグリルなどの意匠は共通で、オフロードファミリーである証しとなっている。

ボディサイズは全長4721mm、全幅1841mm、全高は1495mmと、A4アバントよりわずかに大きいが、これは主にオフロードを演出するアプリケーションによるもの。また悪路の走破性を考えて地上高は37mm上がって180mmとなったが、前後のトレッドがそれぞれ20mm広がったためか腰高には見えない。

特設オフロードコースでは素晴らしい走破性能を実感
ミュンヘン空港から借り出したモデルに搭載されていたエンジンは、ターボを装着した4気筒2.0TFSIで、最高出力は211ps、最大トルクは350Nmを発揮する。搭載されているトランスミッションはオプションの7速デュアルクラッチのSトロニックであった。

テストコースはアウトバーンと一般道路を含むおよそ400kmの距離で、まずは指示通りに空港の敷地からアウトバーンへ向かう。A4でもオプション装備が可能なドライブセレクトは、まずコンフォートモードでスタート、快適なクルージングを楽しむ。エンジンは低回転域から十分なパワーを送り出し、乗り心地は快適で、ツーリングワゴンとして十分以上の任務を果たすだろう。

続いてアウトバーンを下り、ワインディングが続くバイエルンの田舎道へ入る。すると時折、これで一般自動車道路かと思うほど道幅が狭くなり、さらにアップダウンも加わる。

そこでスポーツモードを選択する。まずアクセルペダルの踏み込みに対して、エンジンのピックアップが敏感になり、同時にシャシは引き締まり、ステアリングはシャープになるが、腰高による過度なロールやステリング修正を必要とするような不安な動きはまったくない。確かなトラクションと応答性の素晴らしいステアフィールを提供してくれる。

ところでこのオールロードのオンボードコンピュータには、エフィシエントテクノロジーというソフトウエアがプログラムされている。これは運転中のエネルギー消費状況を知らせて、総合的に燃費向上の目安を表示するもの。アイドリングストップ機能が付いているMT仕様は、シフトインジケーターも表示される。

この日、一般道路でのテストを終えた後に、特設のオフロードコースでA4オールロードクワトロのもうひとつの能力が紹介された。急斜面のアップダウン、泥濘地からの脱出など腰高で厳ついジープタイプのSUVに負けない走破を示してくれたのである。

この性能を支えているのがORD(オフロード ディテクション)と呼ばれる駆動力制御装置だ。このシステムはタイヤのスリップなどで路面状況を自動的に認識し、確実なトラクション、あるいは必要ならばブレーキ介入を必要な車輪に瞬時に与え、脱出を助ける。ちなみにこのシステムは標準装備となる。

A4オールロードクワトロは5月からドイツを中心に欧州で発売が開始されるが、テスト車両の2.0TFSIのベーシック価格は4万400ユーロ(約525万円)である。現時点では日本への輸出は行わないと発表されている。(文:木村好宏)

アウディ A4 オールロードクワトロ 2.0TFSI 主要諸元
●全長×全幅×全高:4721×1841×1495mm
●ホイールベース:2805mm
●車両重量:1650kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●排気量:1984cc
●最高出力:155kW(211ps)/4300-6000rpm
●最大トルク:350Nm/1500-4200rpm
●トランスミッション:7速DCT(Sトロニック)
●駆動方式:4WD
●EU総合燃費:12.3km/L
●タイヤサイズ:225/55R17
●最高速度:230km/h
●0→100km/h加速:6.9秒
※EU準拠

[ アルバム : アウディ A4 オールロードクワトロ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

名前[カローラツーリング]でいいの!? フィールダーブランドが…見事すぎるサイズ&価格で初代バカ売れだったよね
名前[カローラツーリング]でいいの!? フィールダーブランドが…見事すぎるサイズ&価格で初代バカ売れだったよね
ベストカーWeb
後部のマルチスペースが便利! レイアウト変更不要で快適なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
後部のマルチスペースが便利! レイアウト変更不要で快適なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
最高の車中泊体験を! ランクル250/70専用の車中泊ベッドキットが登場!
最高の車中泊体験を! ランクル250/70専用の車中泊ベッドキットが登場!
ベストカーWeb
フェルスタッペンが0.7秒差の接戦を制する。角田裕毅は今季5度目の入賞果たす【決勝レポート/第7戦】
フェルスタッペンが0.7秒差の接戦を制する。角田裕毅は今季5度目の入賞果たす【決勝レポート/第7戦】
AUTOSPORT web
くるまりこちゃん OnLine 「ガソリン、どのタイミングで… 」第97回
くるまりこちゃん OnLine 「ガソリン、どのタイミングで… 」第97回
ベストカーWeb
山本尚貴vs岩佐歩夢、白熱したバトルの裏にあった“それぞれの誤算”/SF第2戦オートポリス
山本尚貴vs岩佐歩夢、白熱したバトルの裏にあった“それぞれの誤算”/SF第2戦オートポリス
AUTOSPORT web
「ノート オーテック クロスオーバー」マイナーチェンジ!5月29日発表へ NMC
「ノート オーテック クロスオーバー」マイナーチェンジ!5月29日発表へ NMC
グーネット
日産 次世代EV向けパワートレインなど最新技術を紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
日産 次世代EV向けパワートレインなど最新技術を紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット
トヨタ「シエンタ」 一部改良でデジタルキーに対応!新ボディカラーも追加設定
トヨタ「シエンタ」 一部改良でデジタルキーに対応!新ボディカラーも追加設定
グーネット
Juju、ラップダウン喫し20位に終わるも「タイヤが落ちてきたときのペースは悪くなかった」/SF第2戦
Juju、ラップダウン喫し20位に終わるも「タイヤが落ちてきたときのペースは悪くなかった」/SF第2戦
AUTOSPORT web
おばあちゃんにスイスポ買ってもらったぜ! ヒジョーに喜ばしいが1点だけ気を付けることは?
おばあちゃんにスイスポ買ってもらったぜ! ヒジョーに喜ばしいが1点だけ気を付けることは?
ベストカーWeb
スズキ「ジムニー」のコンペティターはフィアット「パンダ クロス 4×4」!? 試乗して分かった現実とは? 買うなら「エブリイワゴン」も候補に【AMWリレーインプレ】
スズキ「ジムニー」のコンペティターはフィアット「パンダ クロス 4×4」!? 試乗して分かった現実とは? 買うなら「エブリイワゴン」も候補に【AMWリレーインプレ】
Auto Messe Web
牧野任祐「もう号泣、涙が止まらなかったです」 村岡総監督「本当にこの瞬間を待っていました」【SF第2戦決勝会見】
牧野任祐「もう号泣、涙が止まらなかったです」 村岡総監督「本当にこの瞬間を待っていました」【SF第2戦決勝会見】
AUTOSPORT web
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
ベストカーWeb
彼女のトヨタ「C-HR」は“極低車高”スタイル! 愛車歴6年目のオーナーがカスタムに目覚めて仕上げたピンクの内装とは
彼女のトヨタ「C-HR」は“極低車高”スタイル! 愛車歴6年目のオーナーがカスタムに目覚めて仕上げたピンクの内装とは
Auto Messe Web
日産キャラバンが仕様変更。安全装備の改良や新ボディカラーの設定などを実施
日産キャラバンが仕様変更。安全装備の改良や新ボディカラーの設定などを実施
カー・アンド・ドライバー
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦オートポリスは野中誠太が2勝目をマーク
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦オートポリスは野中誠太が2勝目をマーク
AUTOSPORT web
シビックe:HEVでレースに挑む【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
シビックe:HEVでレースに挑む【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
グーネット

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

672.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0638.0万円

中古車を検索
A4オールロード クワトロの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

672.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0638.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村