現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「96式装輪装甲車」&「NBC偵察車」がインテックス大阪に緊急配備! 好評の陸上自衛隊ブースに来場者も大興奮【大阪オートメッセ2022】

ここから本文です

「96式装輪装甲車」&「NBC偵察車」がインテックス大阪に緊急配備! 好評の陸上自衛隊ブースに来場者も大興奮【大阪オートメッセ2022】

掲載 更新 3
「96式装輪装甲車」&「NBC偵察車」がインテックス大阪に緊急配備! 好評の陸上自衛隊ブースに来場者も大興奮【大阪オートメッセ2022】

陸上自衛隊が特殊車両を大阪オートメッセに出展

 国防だけではなく、災害や震災時において先頭に立って日本国を守ってくれる自衛隊。日々厳しい訓練を重ねる隊員の献身性だけでも頭の下がる思いだが、大阪オートメッセ2022には今回も装甲車を出展。第3戦車大隊の『96式装輪装甲人員輸送車』と第3特殊武器防護隊の『NBC偵察車』の2台の装甲車を前に、来場者はみな普段お目にかかることのできない究極の“カスタムカー”に見入っていた。

新型ノアヴォクの存在感が大幅アップ! 大阪でも来場者の注目を集めたモデリスタブース【大阪オートメッセ2022】

人員輸送を担う装甲車「96式装輪装甲人員輸送車(96式装輪装甲車)」 

 まず第3戦車大隊(今津駐屯地/滋賀県高島市)から来阪した『96式装輪装甲人員輸送車(別名:96式装輪装甲車、クーガー)』は、おもに人員の輸送に使われる装甲車で車内には10人ほど乗車できる。 タイヤは8輪ともコンバットタイヤを装着。これはランフラットであり、パンクしてもサイドウォールの補強ゴムの力によって、ある程度の距離を走破することができる。

 ホイールを止めている10本のナットはボディと同じ塗料でペイントされており、これらは隊員自ら塗装&整備を行っているという。迷彩色のまだらな塗り分けも、(敵陣に見つからないような色味であることは言うまでもないが)ある程度自由にペイントしているという。

 また、サイドに入れた赤獅子のマークは部隊ごとに決めているシンボルマークで、第3戦車大隊は『ライオン』を取り入れている(採用していない隊もある)。アラフィフ世代の筆者にとって、これを見てパッと思い浮かべたのがエリア88の主人公シンが搭乗するタイガーシャーク(ユニコーン)や、グエンが搭乗するF-105(人食い虎)だろう。

96式装輪装甲車の装備など細部をチェック

 走行時は潜望鏡を覗いて運転できる装甲車は、上部に3つあるハッチから顔を出して後方を確認するという。 上部にある筒は発煙弾で、煙幕を発射して敵の照準を妨害させるそう。職業柄、カスタムカーなどの車高短やアゲ車両での下まわりの処理が気になる性分もあり、車体下を覗いてみるとさすが!! 分厚そうな鉄板で覆われ、多少の難所でも走り抜けられそうだ。 下の写真中央の文字が記載されている器具は油圧ジャッキで、車体を持ち上げる際に必要なバーは車内にあるという。

 その右側は牽引フックとなり、工具や牽引用のワイヤーなどはジャッキのバーと同様に車内に備えている。 また、テールランプの上にあるふたつのカバーをめくると電源が備わる。バッテリー上がりの車両に対して電気を供給するために使用するそうだ。

特殊武器からの防護、生物剤などの検知・試料採取を主とする「NBC偵察車」

 第3特殊武器防護隊(近畿2府4県の防衛警備を担任、僧駐屯地/兵庫県伊丹市)から来場した『NBC偵察車』は、化学防護車および生物偵察車の後継として装備。放射線強度の測定と有毒ガス、有毒化学剤・生物剤の検知・識別および試料採取、気象観測(風向風速等の計測)などの偵察活動を行う車両だ。

 通常4名乗車で移動する偵察車の扉は、防弾板を備えており、攻撃を受ける脅威がある場合は防弾板を下げて走行して、移動時は小窓から覗く。後方確認時には(バック)モニターを活用するそうだ。さらにヘッドライト付近には、通常のライトを付けていると敵から視認されてしまうため、それを防ぐために小さなライトも備えている。

 ルーフには突起から空気を取り入れている円筒状の筒があり、 リヤ側の大きな突起物は試料採取する器具となり汚染物質などを採取するそうだ。その手前にある円筒状のタンクは除染剤が入っており、汚染地域を走ったあとにタイヤまわりをキレイに(無毒化)させるものになる。

 また、8輪の全タイヤの前側にノズルが備わるのも特徴で、除染剤を噴霧して走りながら除染、無毒化ができるような仕組みとなっている。リヤコンビライト部のラックには、近年クロカン4WD系のカスタムで流行りつつあるジェリカンが積載され、ここには軽油を搭載している。ちなみに想像どおりで装甲車の燃費は悪いとのこと(機密事項のため数値は非公表)だ。

 なかなか間近で見る機会の少ない自衛隊車両(高速道路などではたまに見かけるが)だけに、童心に返り、外装パーツのあれやこれやに見入ってしまった。来年はまた別の車両(高機動車や二輪……戦闘機も!?)を見てみたい!!

こんな記事も読まれています

15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

3件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

359.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.7159.0万円

中古車を検索
クーガの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

359.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.7159.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村