現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ史上最小SUV「EX30」公開。コンパクトプレミアムのスタンダードが、BEVで新たなステップアップを果たす

ここから本文です

ボルボ史上最小SUV「EX30」公開。コンパクトプレミアムのスタンダードが、BEVで新たなステップアップを果たす

掲載
ボルボ史上最小SUV「EX30」公開。コンパクトプレミアムのスタンダードが、BEVで新たなステップアップを果たす

ボルボのラインナップの中で最小の電動SUV、EX30が公開された。このモデルはボルボならではの高い安全性と最先端のテクノロジーを搭載し、ボルボ車の中でもっともCO2排出量が少なく、2030年に完全電動化を目指す鍵となるモデルだ。(Motor Magazine2023年8月号より)

四隅に配された大径ホイールが類まれな「塊感」を印象付ける
ボルボのラインナップの中でもっとも小さなSUVとなるEX30Xがイタリアミラノで発表された。2030年の完全電動化に向けたボルボのBEV第4弾となる。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

ボルボカーズのCEOジム・ローワンはEX30について「ボルボ史上最小のSUVになりますが、お客様にとっても、私たちの会社にとっても大きな意味を持ちます」とコメント。さらに「お客様がボルボに求めるすべてを小さなパッケージで実現した小さいけれど最高のクルマです。他のボルボ車と同様に、このクルマも安全であり、お客様自身やそのニーズに合わせて設計された素晴らしいクルマなのです」と説明している。

その見た目は、ボルボのBEVの中でもっとも未来的。先にグローバルで発売されたEX90に近いフロントマスクはグリルレスにデジタル化されたトールハンマーヘッドライトを採用。ショートオーバーハングによって四隅に配置された大径ホイールが特徴的で、ボルボらしくクリーンでありながら、力強さも感じるデザインだ。

全長4233mm×全幅1837mm×全高1549mmというボディサイズは、現在発売されているボルボのラインナップの中で一番コンパクトなC40リチャージよりも207mm短く、48mm狭く、56mm低いディメンジョンで、さらにひとまわり小さなボディとなる。

ボルボ歴代モデル最速となるツインモーター仕様も用意する
パワートレーンは、後輪駆動のシングルモーターと四輪駆動のツインモーターが用意される。シングルモーター仕様はバッテリーのタイプを選ぶことができ、NMC(ニッケル、マンガン、コバルトが主成分)バッテリーを搭載した「シングルモーターエクステンデッドレンジ」では、約480km(欧州仕様車、WLTPモード)の航続距離を実現している。

一方「ツインモーターパフォーマンス」と呼ばれるツインモーター仕様は、最高出力428psを発生し、0→100km/h加速は3.6秒。これはボルボ史上最速モデルとなるが、シングルモーター仕様でも272ps/343Nmを発生しており、0→100km/h加速5.4秒と十分に高性能なので、こちらでも動力性能に不満を感じることはなさそうだ。

インテリアは、中央に大型のディスプレイが鎮座するのみで、EX40には用意されていたドライバーディスプレイは見当たらない。EX30ではすべての機能がセンターディスプレイに集約される。そこに搭載するGoogleインフォテインメントシステムは最新版となり、今までよりも直感的に使いやすくなっている。

また、マテリアルには、リサイクル素材や再生可能素材を使用し、ボルボの最新モデルらしくサステナビリティにも配慮される。北欧の自然をイメージしたというシート素材やデザイン、デコラティブパネルが異なる4種類の仕様が用意されているのも特徴だ。

さらにアンビエントライトやアンビエントサウンドにも5種類のテーマが用意されており、心身がリラックスできるスカンジナビアンな室内空間を実現している。

最低地上高が高められた「クロスカントリー」の設定も明らかに
最先端の機能として、駐車操作を支援するパークパイロットアシストが更新された。新たにクルマの周辺にある駐車可能なスポットを特定する機能が加わり、あらゆるタイプの駐車スペースに対応できるようになっている。

EX30は、ワールドプレミアと同時に欧州での受注が開始されたが、日本でも夏頃から注文受付が開始されるようだ。価格は3万6000ユーロからと発表されており、現在のレートで日本円に換算すると540万円からとなる。

また、これまでのBEVモデルとの大きな違いとして、EX30には、専用の外装デザインに大径タイヤ、最低地上高が高められた「クロスカントリー」が設定されることも明らかになった。こちらは少し遅れて24年に発売予定となる。(文:Motor Magazine編集部 中村圭吾/写真:根本貴正
、ボルボ・カー・ジャパン)

ボルボEX30シングルモーター主要諸元
●全長×全幅×全高:4223×1837×1549mm
●ホイールベース:2650mm
●車両重量:1830kg
●モーター:永久磁石同期電動機
●モーター最高出力:200kW(272ps)
●モーター最大トルク:343Nm
●バッテリー総電力量:69.0kWh
●WLTPモード航続距離:480km
●駆動方式:RWD
●タイヤサイズ:245/40R20

[ アルバム : ボルボ EX30 公開 はオリジナルサイトでご覧ください ]

関連タグ

こんな記事も読まれています

防弾仕様のアルファロメオ、ハイブリッドSUV『トナーレ』をイタリア国家警察に配備
防弾仕様のアルファロメオ、ハイブリッドSUV『トナーレ』をイタリア国家警察に配備
レスポンス
斬新「左右2輪自動車」初公開!? まさかの5人乗り&パカッと開く“前開きドア”! ミニセグウェイ開発者が提案する新型「シェーン」とは
斬新「左右2輪自動車」初公開!? まさかの5人乗り&パカッと開く“前開きドア”! ミニセグウェイ開発者が提案する新型「シェーン」とは
くるまのニュース
完全無敵なヴェルファイアにも苦手分野が!? セレナは運転支援が魅力すぎ! 国産ミニバン9台の長所と短所
完全無敵なヴェルファイアにも苦手分野が!? セレナは運転支援が魅力すぎ! 国産ミニバン9台の長所と短所
ベストカーWeb
ヤマハ好きが高じてアバルトを購入!? MotoGPファンなので「595モンスター エナジー ヤマハ」を迷わず買っちゃいました
ヤマハ好きが高じてアバルトを購入!? MotoGPファンなので「595モンスター エナジー ヤマハ」を迷わず買っちゃいました
Auto Messe Web
次期型スイフト先取りチェック!
次期型スイフト先取りチェック!
グーネット
BYD最新モデルの信頼感がぐぐっとアップ!シール、ドルフィンがユーロNCAPで5つ星を獲得
BYD最新モデルの信頼感がぐぐっとアップ!シール、ドルフィンがユーロNCAPで5つ星を獲得
Webモーターマガジン
丸目4灯「新型スポーツカー」実車展示が話題! 6速MT+超レトロに熱視線!? 「謎のM55」反応は?
丸目4灯「新型スポーツカー」実車展示が話題! 6速MT+超レトロに熱視線!? 「謎のM55」反応は?
くるまのニュース
「よかったよ」が51%…ジャパンモビリティショー2023読者アンケート
「よかったよ」が51%…ジャパンモビリティショー2023読者アンケート
レスポンス
年末もキジマのパーツでカスタムを楽しもう!キジマが新製品情報「KIJIMA NEWS EXPRESS」2023年12月号を公開
年末もキジマのパーツでカスタムを楽しもう!キジマが新製品情報「KIJIMA NEWS EXPRESS」2023年12月号を公開
バイクブロス
早くも“売約済み”多し。今年もお宝続々のニスモフェスティバル2023ガレージセールは早朝から盛況
早くも“売約済み”多し。今年もお宝続々のニスモフェスティバル2023ガレージセールは早朝から盛況
AUTOSPORT web
ホンダのスクランブラー「CL250」&「CL500」は未舗装路に強い? 楽しく走れるシーンとは? どんなライダーに向いてるか確かめた
ホンダのスクランブラー「CL250」&「CL500」は未舗装路に強い? 楽しく走れるシーンとは? どんなライダーに向いてるか確かめた
VAGUE
ド迫力の新型「SUVミニバン」お披露目! ゴツゴツボディがカッコイイ!三菱「デリカ」ベースのブラーバ「オーカス」599万円から
ド迫力の新型「SUVミニバン」お披露目! ゴツゴツボディがカッコイイ!三菱「デリカ」ベースのブラーバ「オーカス」599万円から
くるまのニュース
酷暑でくたびれたボディをリフレッシュ! ラクにできる簡易ボディコーティングを3品試してみた!【やればできる中年オヤジのカーメンテ】
酷暑でくたびれたボディをリフレッシュ! ラクにできる簡易ボディコーティングを3品試してみた!【やればできる中年オヤジのカーメンテ】
ベストカーWeb
S耐に出てるトヨタの水素カローラは走りながらCO2を回収してるだと!? 超画期的な技術の中身とは
S耐に出てるトヨタの水素カローラは走りながらCO2を回収してるだと!? 超画期的な技術の中身とは
WEB CARTOP
27,000人超のファンがドバイで熱狂! ギネス記録も飛び出した「アイコンズ・オブ・ポルシェ・フェスティバル」
27,000人超のファンがドバイで熱狂! ギネス記録も飛び出した「アイコンズ・オブ・ポルシェ・フェスティバル」
LE VOLANT CARSMEET WEB
道具不要で被せるだけのタイヤチェーンに2023年版最新モデルが登場!
道具不要で被せるだけのタイヤチェーンに2023年版最新モデルが登場!
月刊自家用車WEB
「アパートで充電する」方法は? レクサスRZ 長期テスト(3) 移動オフィスになる後席
「アパートで充電する」方法は? レクサスRZ 長期テスト(3) 移動オフィスになる後席
AUTOCAR JAPAN
北日本名物「ナゾの矢印」正式名称いえる? ドライバーの強い味方も「過信は禁物」か
北日本名物「ナゾの矢印」正式名称いえる? ドライバーの強い味方も「過信は禁物」か
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

490.0570.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

67.067.0万円

中古車を検索
クロスカントリーの買取価格・査定相場を調べる

ボルボ クロスカントリーの中古車

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

490.0570.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

67.067.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村