現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガルウイングの「SL」!? 7000万円オーバーだったホスヒャート「B300」は11台しか生産されなかったレアモデルでした

ここから本文です

ガルウイングの「SL」!? 7000万円オーバーだったホスヒャート「B300」は11台しか生産されなかったレアモデルでした

掲載 6
ガルウイングの「SL」!? 7000万円オーバーだったホスヒャート「B300」は11台しか生産されなかったレアモデルでした

見かけることはまずない希少な1台

2023年11月25日、RMサザビーズがドイツ・ミュンヘンで開催したオークションにおいてホスヒャート「B300 ガルウイング」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

およそ600万円で落札! メルセデス・ベンツ「560SL」はまだ間にあう趣味のクルマとして要注目です

「300CE」をベースにガルウイング化

1980年代といえば、ドイツでは多くのチューニングメーカーが独自のアイデアと技術力で、さまざまなモデルを積極的に世に送り出していた時代だった。とくにAMGに代表されるメルセデス・チューナーの勢いは凄まじく、この時代にブランドとしての基礎を固めたからこそ、1990年代、2000年代と、彼らは大きな成功を収めることができたのだともいえる。

そんなメルセデス・チューナーの多くは、2009年に誕生する「SLS AMG」よりはるか以前から、あの有名な「300SLクーペ」のガルウイングのデザインを現代に再現しようと模索していた。

最初にそれに挑んだのはスタイリングガレージで、彼らは「C126」(Sクラス・クーペ)をベースに「500SGSガルウイング」を発表。さらに10年後には、ホスヒャートが、メルセデス・ベンツからリリースされたばかりの「C124」(ミディアムクラス・クーペ)をベースとしたガルウイングモデルの製作を行っている。

さらに、きわめて希少な「B300」とネーミングされたこのモデルは、メルセデス・ベンツの「300CE」をベースとしたもの。ただしそのフロントマスクは、R129型SLのそれを流用したもので、前面から見るそのスタイルは、より洗練されたものに見える。

さらにCピラーも25センチほど前方に拡大され、後席へのアクセスも可能にする、幅が1.66mという巨大なガルウイングドアを受け入れるためにシルを強化するなど、構造面でも確実な強化が施された。

ちなみにフロントシートはR129から流用されたもの。インテリアはそもそも新車の300CE時代にはアストラル・シルバーにブラックというカラーコンビネーションだったが、それはホスヒャートの手によって、ツートーンのパープル・レザー・インテリアとボルナイトという仕様にリファインされた。

300台生産のはずが……

フロントに搭載されるエンジンは、こちらもR129から移植された3Lの直列6気筒DOHC 24バルブエンジンで、ホスヒャートではさらにギャレット製のツインターボを装着。モーゼルマンの冷却システムや空冷式のインタークーラー、このモデルのために専用設計されたエグゾーストシステムなどを装備した。

結果得られた最高出力と最大トルクは、それぞれ320ps、400Nm。ツインターボによるターボラグの解消で、ワインディングでもつねにスポーティな走りを楽しむことが可能だった。なにしろ最大トルクの400Nmは、2000~5000rpmというワイドな回転数で発揮されるのだから。

1989年のフランクフルトショーで発表されたB300は、たちまち大きな話題を呼び、当時18万6000ドイツマルクとされた価格は、V型12気筒エンジンを搭載したSクラスより6万ドイツマルク以上高い数字だった。ホスヒャートはB300を300台生産する計画を立てるものの、実際に販売されたのは11台のみ。

今回RMサザビーズのミュンヘン・オークションに姿を現したのはそのうちの1台であり、2023年には総額で1万6216ユーロ(邦貨換算約263万円)相当の整備と7783ユーロ(同126万円)に及ぶペイント補修、そして4771ユーロ(同77万円)をかけたレザー修理と再カラーリングが施されたという。注目の落札価格は45万5000ユーロ(同7370万円)。

これはRMサザビーズの予想落札価格を15万ユーロ(同2430万円)以上も上回る数字で、ミュンヘン・オークション全出品車の中でも7番目にランクされる落札となった。

関連タグ

こんな記事も読まれています

「ついに始まるんですか」横浜の都市伝説じゃなかった“新トンネル” 「桜木東戸塚線」なぜ今動いた? 国道1号の猛烈渋滞に光
「ついに始まるんですか」横浜の都市伝説じゃなかった“新トンネル” 「桜木東戸塚線」なぜ今動いた? 国道1号の猛烈渋滞に光
乗りものニュース
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
くるまのニュース
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
バイクのニュース
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
AUTOSPORT web
車軸からエンジンが出てる!? 世界初のFF5気筒フロントミドシップの怪! ホンダインスパイアの変態っぷりは尊敬しかない!
車軸からエンジンが出てる!? 世界初のFF5気筒フロントミドシップの怪! ホンダインスパイアの変態っぷりは尊敬しかない!
ベストカーWeb
【89台イッキ見せ】200万円の激安EVも登場! EV旋風吹き荒れた「バンコクモーターショー」は中国・韓国・ベトナムのクルマが大集結でした
【89台イッキ見せ】200万円の激安EVも登場! EV旋風吹き荒れた「バンコクモーターショー」は中国・韓国・ベトナムのクルマが大集結でした
Auto Messe Web
ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
WEB CARTOP
ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
カー・アンド・ドライバー
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
くるまのニュース
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
レスポンス
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
motorsport.com 日本版
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
くるまのニュース
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
バイクのニュース
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
レスポンス
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

6件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

577.8756.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.8595.0万円

中古車を検索
300の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

577.8756.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.8595.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村