現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつての3シリーズがよみがえった! BMW 2シリーズ・グランクーペ試乗記

ここから本文です

かつての3シリーズがよみがえった! BMW 2シリーズ・グランクーペ試乗記

掲載 更新 8
かつての3シリーズがよみがえった! BMW 2シリーズ・グランクーペ試乗記

BMW最小の4ドアクーペ「2シリーズ・グランクーペ」に小川フミオが試乗した。コンパクトだからこその魅力とは?

スタイリッシュな仕上げ

ひとりでのドライブが好きなひとはどれだけいるだろう? 20代の頃みたいにステアリング・ホイールを握って、遠くまで出かけてみたい……なんて思っている筆者と同世代である50~60歳代の人はけっこういると思う。BMWの新型モデル「M235i xDriveグランクーペ」は、彼らにとって理想的なパートナーになりそうだ。

なにしろ、パーソナルな雰囲気がある4ドアクーペだし、操縦を楽しめるキャラクターである。昨今はセダンでもクーペのようにキャビンを造型するのがトレンドだ。そこにあって、より強くクーペ的な雰囲気を打ち出したのが、BMWのグランクーペ・スタイルだ。

これまでに、4シリーズ、6シリーズ、8シリーズで、グランクーペを展開してきたBMW。“ライフスタイル・カー”に偶数をあてるBMWのコードにのっとって、今回の2シリーズもまた、スタイリッシュな仕上げだ。

今流行りのSUVには、SUVの良さがある。ゴツいスタイルには、“モノ”好きな心をくすぐる魅力があることは認める。でも、自分ひとりで楽しみたい(ときどき家族とも)なんてひとだったら、4ドアクーペはぴったりのコンセプトではないか。

2シリーズ・グランクーペの後席は、やや低めの天井だからヘッドルームは限られる。とはいえ、175cmの人がふたり乗れるスペースはある。広くはないものの、ファミリーカーとして使えないことはない。見かけよりは実用的だ。このあたりは、上手なパッケージングである。

“重厚”ではなく“軽快”

でもなんていっても、真骨頂はドライバビリティの高さにある。

日本では、2019年10月に発表され、納車は今年の4月からスタート。103kW(140ps)の最高出力と220Nmの最大トルクを持つ1.5リッター直列3気筒ガソリンターボ・エンジンに前輪駆動を組み合わせた「218iグランクーペ」が装備ちがいで3グレード。

くわえて、225kW(306ps)と450Nmを発揮するパワフルな2.0リッター直列4気筒ガソリンターボ・エンジンに全輪駆動システムを組み合わせた「M235i xDriveグランクーペ」が、選べる。今回乗ったのは、このクルマだ。

“重厚”ではなく“軽快”という言葉が似合う。アクセルペダルを少し踏んだだけでもボディは即座に反応して、気持ちよく動く。これはBMW車を操縦するときの醍醐味だ。

私は今年2月、ポルトガルでおこなわれた国際試乗会で乗ったとき、運転してすぐに、かつての3シリーズを連想した。3代目までに顕著だったコンパクトで鋭敏な3シリーズのよさが、いま、2シリーズグランクーペによみがえった、と、感じたのだ。

今回、東京で乗ったときも、運転の楽しさに感心した。エンジン回転は通常のコンフォートモードでは1500rpmあたりを使って走る設定だ。それでも十分にパワーが感じられる。アクセルペダルの踏みこみに対し、加速の反応も速い。

とはいえ、このエンジンは上の回転域までまわして走るところに真価がある。2500rpmを超えるとぐんぐんとトルクが沸いてでる感覚が味わえるのにくわえ、あえて、“ポンッ”といきおいよくアクセルペダルを踏むと、”クオンッ”と吸気音が大きく響く設定だ。

胸のすくような中低音と、わずかなバイブレーションとともに、最高出力を発生する5000rpmを超えても、なお、スムーズに回転が上がっていくのは、さすがエンジンメーカーでならしたBMW。これもむかし、3シリーズでいたく感激した点なのを思い出した。

”コンパクト”といっても、全長は4535mmある。でも、“ひらりひらり”と、表現したくなるようなレーンチェンジを体験させてくれる。

太めのグリップを持つステアリング・ホイールを切り込んだとき、ボディの動きは速い。右足でアクセルペダルを、両手で太めのグリップのステアリング・ホイールを操作しながら、小さなコーナーが連続する道を走り抜けるシチュエーションを味わったら、ぜったいに、このクルマのとりこになるだろう。

価格は665万円

インテリアの造型コンセプトは、たとえばスポーツカーの「Z4」にちかい。ヘッド・レストレイント一体型のいわゆるハイバックシートの表皮は、スポーツカーのような人工スエード張りだ。座り心地がいいうえに、からだが滑らず、たいへん具合がよい。

インテリアの各所にはブルーのステッチが入っていて、室内に入ると、それだけで気分がたかまってくる。このクルマでのロングドライブは、絶対に楽しいはずだ。

価格は665万円。3気筒の218iグランクーペが369万円からで、こちらも、1.5リッターといえども、よく走る。でも、太いトルクをもちながら、よくまわるエンジンというM235i xDriveグランクーペでだけに許された楽しみは捨てがたい。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

現役GT500ドライバーの阪口晴南がMETALIVE S Lamborghini GT3をテスト。お互いに収穫を得る
現役GT500ドライバーの阪口晴南がMETALIVE S Lamborghini GT3をテスト。お互いに収穫を得る
AUTOSPORT web
見た目はただの自転車だけど…… 違反車両が大繁殖中[モペット]とは?  
見た目はただの自転車だけど…… 違反車両が大繁殖中[モペット]とは?  
ベストカーWeb
まさに無法者パラダイス!! 検挙件数は1万4000超え! 電動キックボードの現状がやばすぎる
まさに無法者パラダイス!! 検挙件数は1万4000超え! 電動キックボードの現状がやばすぎる
ベストカーWeb
彼女がマツダ「RX-8」に夢中になって12年! ブランドミックスでお気に入りのスタイルに大満足! 実はパートナーの「RX-7」もスゴイこだわりの1台で…
彼女がマツダ「RX-8」に夢中になって12年! ブランドミックスでお気に入りのスタイルに大満足! 実はパートナーの「RX-7」もスゴイこだわりの1台で…
Auto Messe Web
アルピーヌ、再起動の戦略と技術【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
アルピーヌ、再起動の戦略と技術【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
グーネット
スポーツランドSUGOでGTE主催のGT300テストがスタート。初日はStudie BMW M4が最速
スポーツランドSUGOでGTE主催のGT300テストがスタート。初日はStudie BMW M4が最速
AUTOSPORT web
【円形の有機ELディスプレイを見よ!】 ミニJCWカントリーマン・オール4 BMW X1とコンポーネンツ共用多数
【円形の有機ELディスプレイを見よ!】 ミニJCWカントリーマン・オール4 BMW X1とコンポーネンツ共用多数
AUTOCAR JAPAN
想像以上に「アルファ・ロメオ」! 新型ジュニア・エレトリカへ試乗 新時代の幕開けを告げる電動SUV
想像以上に「アルファ・ロメオ」! 新型ジュニア・エレトリカへ試乗 新時代の幕開けを告げる電動SUV
AUTOCAR JAPAN
なぜ地域金融機関が次々と電動3輪バイクを導入? ノーヘル・普通免許で運転可能な「スイング・スポーツ」の利点と採用理由を関係者に尋ねてきました
なぜ地域金融機関が次々と電動3輪バイクを導入? ノーヘル・普通免許で運転可能な「スイング・スポーツ」の利点と採用理由を関係者に尋ねてきました
Auto Messe Web
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
くるまのニュース
戦後革命を起こした1949年の名車 22選 欧米の「未来」を描いたクルマたち
戦後革命を起こした1949年の名車 22選 欧米の「未来」を描いたクルマたち
AUTOCAR JAPAN
NA V8サウンドを全身で浴びる フェラーリ360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(2) 今が狙い時!
NA V8サウンドを全身で浴びる フェラーリ360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(2) 今が狙い時!
AUTOCAR JAPAN
ディーノ以来の大進化! 360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(1) 想像以上に優しいフェラーリ
ディーノ以来の大進化! 360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(1) 想像以上に優しいフェラーリ
AUTOCAR JAPAN
『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
レスポンス
「あのクルマ値札つけて走ってる!」が意思表示!? 車が売れる国の“習慣” ディーラーもダイナミックすぎる! オーナーは元力士
「あのクルマ値札つけて走ってる!」が意思表示!? 車が売れる国の“習慣” ディーラーもダイナミックすぎる! オーナーは元力士
乗りものニュース
サーキット走行も可能なエレガントモデル!BMW新型「M4クーペ」「M4カブリオレ」日本上陸 3リッター直6エンジンは20馬力アップの530馬力
サーキット走行も可能なエレガントモデル!BMW新型「M4クーペ」「M4カブリオレ」日本上陸 3リッター直6エンジンは20馬力アップの530馬力
VAGUE
大型トラックが通行するからだけじゃない! いま日本の道路が「荒れて」いる目から鱗な要因
大型トラックが通行するからだけじゃない! いま日本の道路が「荒れて」いる目から鱗な要因
WEB CARTOP
消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
@DIME

みんなのコメント

8件
  • ブチュッとしたフォルム
    驚いたような顔つき
    汚い処理のテールランプ
    反対回転のタコメーター  コレは、要らんな。
  • エンジン横置きならBMWじゃなくていい
    デザインも良くないしメーターとか最悪
    唯一の救いはグリルかな?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

490.0708.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

208.5528.0万円

中古車を検索
2シリーズ グランクーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

490.0708.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

208.5528.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村