サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「雨宮勇美という男の生き様」14歳で単身上京、暴走族のリーダーから走り屋へ

ここから本文です

RE雨宮・雨宮勇美という男の生き様

時代が急速に変化していって走り屋が減り続ける中、それでも変わらずに走り続けてる男。誰よりも純粋でチューンドロータリーを愛するその生き様は、まさにチューニング界の「リビングレジェンド」である。そんな男の半生を振り返りつつ「ロータリーの神様」として頂点に君臨する雨宮勇美という人物に迫っていこうと思う。

「雨宮勇美という男の生き様」14歳で単身上京、暴走族のリーダーから走り屋へ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマン平均月収の10倍を稼いでいた20代

「俺ね、家がまずしかったからさ。中学を卒業後…アレ? 卒業したっけな? まぁいいや。

おすすめのニュース

サイトトップへ