現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あまり売れなかったけど実は絶品! MTで楽しめる「激辛ホットハッチ」4選

ここから本文です

あまり売れなかったけど実は絶品! MTで楽しめる「激辛ホットハッチ」4選

掲載 更新 28
あまり売れなかったけど実は絶品! MTで楽しめる「激辛ホットハッチ」4選

売れなかったが良いものは良い そんなホットハッチとは

 コンパクトなハッチバックに力強いエンジンを搭載し足まわりを締め上げて走行性能を高めた、いわば庶民的なスポーツカーといえる存在が“ホットハッチ”だ。初代「VWゴルフGTI」がその発祥といわれ、日本でも多くのクルマ好きを虜にしてきた。

昭和オヤジの「腕」を磨き「財布」を空に! 独断と偏見で選ぶ80&90年代の「国産激速ハッチ」トップ10

 近年、日本だけでなく欧州においても“クルマ離れ”進んでいると言われる背景もあり、クルマ好きを魅了するホットハッチも以前のように百花繚乱とは言えない状況になっている。しかし、新車でもゴルフGTIなどのように注目されるモデルは少なくないし、中古車市場をみればさらに多くのモデルが存在。そこで今回は、新車ではあまり売れなかったけれど今ならまだ中古車で買える注目のホットハッチを紹介しよう。

マツダ・マツダスピードアクセラ

 2005年から2010年ごろのマツダは、ある意味突き抜けていた。まずは4ドアセダンの「アテンザ」に272psのターボエンジンを積み、MTと4WDを組み合わせたエボモデルの「マツダスピードアテンザ」をリリースしたのだ。確かに超高性能セダンとして「インプレッサWRX」や「ランエボ」もあるのだから不思議ではないのだが、突如登場したスポーツモデルに誰もが驚いた。

 そして続いて2006年に登場したのが、264psのターボエンジンを積んだホットハッチの「マツダスピードアクセラ」。パワートレインは6速MT+FFだった。その後、フルモデルチェンジで2代目に進化している。

 すごかったのは操縦性。シャーシにパワーが勝っていたというか、とにもかくにもジャジャ馬。逆に言えばどことなく懐かしく、乗りこなす楽しさに満ち溢れていた。 今どきの出来のいいクルマなんて楽しくない。そんなメッセージが込められた、ホットハッチらしいホットハッチだ。こんな乗り味は、今後二度と楽しめないかもしれない。

プジョー308GTi 270 by PEUGEOT SPORT

 プジョー308はフォルクスワーゲン・ゴルフのガチンコライバルとなる、フランスのCセグメントハッチバック。そこにメーカー直系のスポーツ部門である「PEUGEOT SPORT」が手を加えたホットハッチが「308GTi 270 by PEUGEOT SPORT」だ。 そもそも、ベースとなった308GTiからして定番的なホットハッチ。そこへさらにドーピングしているのだから、刺激は鋭いなんてものじゃない。

 車名のとおり、エンジンは270ps。それをターボ付きとはいえわずか1.6Lの排気量で実現しているのだからかなりのハイチューンで、動力性能はかなりのものである。 特別色として設定された赤/黒の2トーンカラーは、上下などではなく前後で色が異なるという常識を超えるセンス。それもまた個性だ。

フォード・フォーカス ST

 フォードといえばアメリカンブランドだが、欧州にも拠点を持っている。そして欧州拠点で開発されたクルマは、アメ車とは一線を画する欧州テイストで玄人筋のクルマ好きから一目置かれる存在だ。

 その代表といえば、かつて日本にも正規輸入されていた「フォーカス」だろう。そんなフォーカスを高性能に仕立てたホットハッチが「フォーカスST」だ。 2006年に日本上陸したフォーカスSTは、2.5Lの5気筒エンジンを搭載し最高出力は225ps。その数字だけをみると物足りなく感じる理由は、さらに上の「フォーカスRS」(日本未導入)の存在もあって遠慮がちだったからだろう。 しかしながら、このホットハッチの魅力はトータルバランスだ。サスペンションが秀逸で、エンジンもサスペンションもでしゃばることなく正統派の高性能車に仕上がっていた。 まさに、初代ゴルフGTIの現代版のような存在だ。フォードのクルマ作りの巧みさを垣間見せてくれた1台だった。

番外編 フォルクスワーゲン up! GTI

 フォルクスワーゲンの「GTI」シリーズに属する末っ子で、つい昨年まで新車販売されていた超コンパクトのホットハッチ。こちらは売れ方が厳しかったというよりも、日本への割り当てが限定600台と数が少なかったもの。

 エンジンは排気量1.0Lの3気筒ターボで116ps。その数字だけを見ると「非力」と思うかもしれないが、わずか1tの軽量ボディにこのくらいのパワーは速すぎず遅すぎずのちょうどいいところ。持て余すことなく気軽にアクセル全開を味わえるのが楽しいのだ。 6速MTのギヤレシオは低めで、シフトチェンジを繰り返しつつパワーを引き出しながらタイトな峠道を走る時の楽しさと言ったら、高出力車では味わえないもの。今ならまだ、程度のいい中古車に巡り合える可能性が高い。

まとめ:ルノーの「R.S.」シリーズもおすすめ

 ところで、それなりに数が出たので本稿のテーマである「売れなかったけど」に該当しないからリストに入れてはいないけれども、ルノーの「メガーヌR.S.」や「ルーテシアR.S.」も素晴らしいホットハッチである。両車とも、コーナリングの楽しさと言ったら下手なスーパーカーよりも上かもしれない。

こんな記事も読まれています

メルセデスがワンツー。しかしレースペースではやっぱりレッドブル&フェルスタッペンが速い? 角田裕毅15番手|F1バーレーンGP FP2
メルセデスがワンツー。しかしレースペースではやっぱりレッドブル&フェルスタッペンが速い? 角田裕毅15番手|F1バーレーンGP FP2
motorsport.com 日本版
F1日本GPに『レッドブルVIPラウンジ』が登場。開設記念に観戦ツアーが当たるキャンペーンを実施
F1日本GPに『レッドブルVIPラウンジ』が登場。開設記念に観戦ツアーが当たるキャンペーンを実施
AUTOSPORT web
「アウトバーンの旋風」と銘打ち欧州を意識して誕生の日産「4代目ローレル」! 「ジバンシィ」の名が付いた特別仕様車を知っているか!?
「アウトバーンの旋風」と銘打ち欧州を意識して誕生の日産「4代目ローレル」! 「ジバンシィ」の名が付いた特別仕様車を知っているか!?
ベストカーWeb
メルセデス復活の兆し? ハミルトン首位、ラッセルが2番手で1-2。角田裕毅は15番手|F1バーレーンGPフリー走行2回目速報
メルセデス復活の兆し? ハミルトン首位、ラッセルが2番手で1-2。角田裕毅は15番手|F1バーレーンGPフリー走行2回目速報
motorsport.com 日本版
王者トヨタ、開幕戦ではポイント獲得すら困難?「どう見てもポルシェは速い」と小林可夢偉
王者トヨタ、開幕戦ではポイント獲得すら困難?「どう見てもポルシェは速い」と小林可夢偉
AUTOSPORT web
OVER DRIVEが2024年スーパー耐久参戦体制を発表。2台のロードスターで王者を目指す
OVER DRIVEが2024年スーパー耐久参戦体制を発表。2台のロードスターで王者を目指す
AUTOSPORT web
誰もが憧れるモータースポーツの最高峰。24戦の過去最大レース数と究極のコンペティション【2024年F1をイチから学ぶ】
誰もが憧れるモータースポーツの最高峰。24戦の過去最大レース数と究極のコンペティション【2024年F1をイチから学ぶ】
AUTOSPORT web
新型ヴェルファイアはスポーツカー並の走り!! トヨタってマジでスゴいのよ!! 常に疑問を投げかける意識がマジで脱帽モノ
新型ヴェルファイアはスポーツカー並の走り!! トヨタってマジでスゴいのよ!! 常に疑問を投げかける意識がマジで脱帽モノ
ベストカーWeb
うっかり通っちゃったけど違反? おじさんはイマイチよくわからん! 右折時の信号手前にあるゼブラゾーンっていったい何?
うっかり通っちゃったけど違反? おじさんはイマイチよくわからん! 右折時の信号手前にあるゼブラゾーンっていったい何?
ベストカーWeb
クライスラー「PTクルーザー」好きが高じてターボからNAに乗り継いだ! 発売から20年以上、そろそろメンテナンスにお金がかかりそう…!?
クライスラー「PTクルーザー」好きが高じてターボからNAに乗り継いだ! 発売から20年以上、そろそろメンテナンスにお金がかかりそう…!?
Auto Messe Web
“世界のNSX-GT”をハイクオリティに再現!オトナのためのトミカ新シリーズ誕生!
“世界のNSX-GT”をハイクオリティに再現!オトナのためのトミカ新シリーズ誕生!
グーネット
ロイヤルエンフィールド、アドベンチャーツアラー新型ヒマラヤ450を発表
ロイヤルエンフィールド、アドベンチャーツアラー新型ヒマラヤ450を発表
AUTOSPORT web
クシュ・マイニがF2開幕戦のポールポジション。デビュー戦の宮田莉朋は6番手|F2バーレーン
クシュ・マイニがF2開幕戦のポールポジション。デビュー戦の宮田莉朋は6番手|F2バーレーン
motorsport.com 日本版
プジョー 新型「508」発売 フロントデザイン一新 3本爪のシグネチャーランプ採用
プジョー 新型「508」発売 フロントデザイン一新 3本爪のシグネチャーランプ採用
グーネット
ホンダ、2024年夏発売予定の『CR-V』燃料電池車を世界初公開。充電可能なプラグインFCEV
ホンダ、2024年夏発売予定の『CR-V』燃料電池車を世界初公開。充電可能なプラグインFCEV
AUTOSPORT web
レクサス「NX」アウトドアテイストアップ!新モデル「オーバートレイル」追加
レクサス「NX」アウトドアテイストアップ!新モデル「オーバートレイル」追加
グーネット
ヤマハ、原付二種スクーター『JOG125』2024年モデルを発表。ライトブルーとレッドの新色を追加
ヤマハ、原付二種スクーター『JOG125』2024年モデルを発表。ライトブルーとレッドの新色を追加
AUTOSPORT web
【RQ決定情報2024】スーパーGTとスーパーフォーミュラに登場の「リアライズガールズ」が発表
【RQ決定情報2024】スーパーGTとスーパーフォーミュラに登場の「リアライズガールズ」が発表
AUTOSPORT web

みんなのコメント

28件
  • ルノーのメガーヌとルーテシアRSは間違いなく誰もが認めるホットハッチだ。
    メガーヌは今でもも欲しいが、モデルチェンジごとに大きく重く立派になっていくのが残念なんだよね。
    こういうスポーツモデルは軽さと扱いやすさが命。
    速さはあまり追求しなくていいんだが。
  • パルサーGTI-Rもあったなあ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

182.5331.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0177.0万円

中古車を検索
アクセラセダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

182.5331.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0177.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村