現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 軽量EVスポーツ「TR25」登場 1953年のトライアンフTR2をオマージュ 無名会社がデザイン

ここから本文です

軽量EVスポーツ「TR25」登場 1953年のトライアンフTR2をオマージュ 無名会社がデザイン

掲載 2
軽量EVスポーツ「TR25」登場 1953年のトライアンフTR2をオマージュ 無名会社がデザイン

現代に蘇る「TR」シリーズの名

ロンドンを拠点とするデザイン会社マッキナは、新しいEVスポーツ・コンセプト「TR25」を発表した。トライアンフの権利を所有するBMWの許可を得て、かつてのTR2へのオマージュとして製作されたものだ。

【画像】トライアンフTR2、現代的解釈で復活?【マッキナ・トライアンフTR25コンセプトを写真で見る】 全10枚

シンプルで現代的なフォルムを持つTR25は、自動車デザインを手掛けるマッキナの最新作となる。トライアンフ全盛期がそうであったように、EV時代のクルマもシンプルで楽しいものであることを表現しようとしている。

シャシーやバッテリー、主要な駆動系には昨年生産を終了したBMW i3のコンポーネントを使用している。スタイリングは1953年のトライアンフTR2を踏襲し、ベルギーのヤブベーケ(Jabbeke)の直線道路で当時の速度記録を樹立した車両へのオマージュとして、マッキナ独自の現代的解釈を盛り込んだ。

マッキナ(Makkina)の名前と実績は、自動車メーカーの間では知られているが、基本的に公の場に出ることがないため、一般にはほとんど知られていない。実際、マッキナの創設者であり取締役のマイケル・アニ氏によれば、TR25は同社にとって初めての一般公開だという。

TR25は、自動車メーカーとしてのトライアンフ創立100周年とTR2の誕生70周年を記念すると同時に、マッキナの創立25周年を祝うものでもある。

前述のように、TR25はトライアンフの権利を持つBMWの承認を得て製作されたものだが、今のところ市販化されるという話はない。アニ氏はトライアンフを「自動車業界において信じられないほど重要な名前」とし、今回のTR25をその「再起」と呼んでいるが、1台限りのショーカーであるとも明言している。

マンチェスター育ちのアニ氏は、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでデザインを学んだ。マッキナの得意分野はブランドを前面に押し出すことだという。TR25では、「今日に関連する文脈の中で、ブランドの英国的アイデンティティにふさわしいステートメントを生み出すことが重要だった」と彼は言う。

約1トンの軽量EVスポーツ

TR25の開発プロジェクトは、アニ氏がクルマとドライバーを写した1枚のモノクロ写真にインスピレーションを得たことから始まり、完成までに約1年を要した。

「わたし達は、このクルマの記録的な性能と、それを可能にするデザインに夢中になりました」

コンセプトはまず紙に描かれ、次にCAS(コンピューター)に移された。デザインの検証後、高密度の発泡スチロールから実物大のモデルとして削り出された。原寸大でも、大半の市販車より小さいことは間違いない。全長はわずか4.0m程度、全高はかろうじて1.0mに届く程度で、ドナーカーのBMW i3 Sより50cmほど低い。

ドイツで製作されたTR25は、驚くほどシンプルだが、短いフロントオーバーハングや細長いテールなど、オリジナルのTR2の本質的な特徴を端的に反映している。速度記録を打ち立てた車両と同じくシングルシーター(もちろん右ハンドル)で、ドアは上方に開いて乗降できる。シートはオリジナルと同じブルーレザー。虫めがねのようなデザインを再現したヘッドライトの中には「25」の文字。ドライバーの頭の後ろには横転防止用のバットレスがあり、控えめなバックカメラも装備されている。1950年代のトライアンフバッジも現代風にアレンジされた。

インテリアには、1950年代のトライアンフのスポークを彷彿とさせるモダンなステアリングホイールが装備されている。中央のシンプルなビナクルには、速度、充電残量、航続距離を示す3つのダイヤルがある。

TR25は、推定車両重量1095kg、0-100km/h加速5.2秒、最高速度185km/hとされる。1回の充電での航続距離は推定305km。

オリジナルのトライアンフTR2は、ライバルのサンビーム・アルパインがマークした時速120マイル(193km/h)の速度記録を、1953年に時速124.889マイル(201km/h)という僅差で上回った。2020年、英国の国家遺産記念基金の助成金を受けて国のために購入され、現在はゲイドンの英国自動車博物館に保管されている。

記録挑戦車は、標準的なTR2をベースに、アンダーシールドやホイールスパッツなどの空力的な追加装備を「オプション」で装着したが、実際には1953年のアールズコート・ショーで発表されたプレプロダクションモデルだった。トライアンフ愛好家によれば、この速度記録とそれに伴う宣伝効果によって、不振のTR1で不安定なスタートを切ったトライアンフのマーケティングが強化され、米国での英国製スポーツカーの販売でトライアンフがシェアを獲得するのに貢献したという。

今回のTR25が市販化される可能性は非常に低いが、マッキナにとっては知名度を高めるチャンスとなるだろう。

こんな記事も読まれています

現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ
現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ
AUTOSPORT web
中古バイクの「メーター巻き戻し」疑惑 リセールバリューに直結する大問題はどうやって解決されている?
中古バイクの「メーター巻き戻し」疑惑 リセールバリューに直結する大問題はどうやって解決されている?
バイクのニュース
日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
ベストカーWeb
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
WEB CARTOP
メルセデスの“秘蔵っ子”17歳アントネッリ、2021年チャンピオンマシンで初テスト。ハミルトン後任で来季F1昇格の噂も
メルセデスの“秘蔵っ子”17歳アントネッリ、2021年チャンピオンマシンで初テスト。ハミルトン後任で来季F1昇格の噂も
motorsport.com 日本版
6速MT設定! ホンダが「新型軽商用バン」を発売! めちゃ「上質内装」×精悍“黒顔”採用の新モデルも登場! 機能向上した「N-VAN」約137万円から
6速MT設定! ホンダが「新型軽商用バン」を発売! めちゃ「上質内装」×精悍“黒顔”採用の新モデルも登場! 機能向上した「N-VAN」約137万円から
くるまのニュース
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
日刊自動車新聞
アクラポヴィッチ製「レース専用マフラー」に MT-09(24)用など新製品が続々登場! アクティブで予約受付中
アクラポヴィッチ製「レース専用マフラー」に MT-09(24)用など新製品が続々登場! アクティブで予約受付中
バイクブロス
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
レスポンス
ハーレーの最新モデル10台が登場! 特別試乗会「ハーレートライディング in 羽生モータースクール」が5/5開催
ハーレーの最新モデル10台が登場! 特別試乗会「ハーレートライディング in 羽生モータースクール」が5/5開催
バイクブロス
ウイリアムズのスペアパーツ不足、アタックしない理由にはならない! アルボン、日和るなら「家にいたほうがいい」
ウイリアムズのスペアパーツ不足、アタックしない理由にはならない! アルボン、日和るなら「家にいたほうがいい」
motorsport.com 日本版
四国と関西をつなぐ「紀淡海峡大橋」はいつできる? 新たな本四連絡橋で関西圏に環状道路網の誕生なるか。
四国と関西をつなぐ「紀淡海峡大橋」はいつできる? 新たな本四連絡橋で関西圏に環状道路網の誕生なるか。
くるくら
かつて全盛だった「ステーションワゴン」なぜ人気低下? 国産ワゴンは絶滅寸前!? それでもワゴンが良い理由とは
かつて全盛だった「ステーションワゴン」なぜ人気低下? 国産ワゴンは絶滅寸前!? それでもワゴンが良い理由とは
くるまのニュース
バイクの水平対向2気筒エンジン、転倒の際にエンジンが壊れたりしないの?
バイクの水平対向2気筒エンジン、転倒の際にエンジンが壊れたりしないの?
バイクのニュース
トヨタ「ハイエース」を完全DIYカスタム! 3型にこだわるオーナーの見た目と実用性にもこだわった作り込みとは
トヨタ「ハイエース」を完全DIYカスタム! 3型にこだわるオーナーの見た目と実用性にもこだわった作り込みとは
Auto Messe Web
米国運輸省道路交通安全局、ホンダCR-Vとアコードの衝突被害軽減ブレーキを調査
米国運輸省道路交通安全局、ホンダCR-Vとアコードの衝突被害軽減ブレーキを調査
日刊自動車新聞
レクサスLMもびっくり!! 26年度に東海道新幹線で個室復活 N700Sはどこまで変わる
レクサスLMもびっくり!! 26年度に東海道新幹線で個室復活 N700Sはどこまで変わる
ベストカーWeb
新型マツダCX-80、堂々登場!──GQ新着カー
新型マツダCX-80、堂々登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN

みんなのコメント

2件
  • TRTR2???
    ライトを上部に設置したくらいで、どこがTR2なのか??
    要素ないじゃない・・・。
  • かっこ悪いにも程がある
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8348.0万円

中古車を検索
i3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村