現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型スイフト純正ナビ付で乗り出し216万円~!! 新開発エンジンで燃費爆上がりもコスパ最強はベースグレードか!?!?

ここから本文です

新型スイフト純正ナビ付で乗り出し216万円~!! 新開発エンジンで燃費爆上がりもコスパ最強はベースグレードか!?!?

掲載 20
新型スイフト純正ナビ付で乗り出し216万円~!! 新開発エンジンで燃費爆上がりもコスパ最強はベースグレードか!?!?

 発売秒読み状態のスズキ 新型スイフト。全3グレードのうち上位2モデルはマイルドハイブリッド、ベースグレードのみガソリンエンジンというラインアップ。まずは全車CVTでMTはおって発売される予定との情報は既報のとおり。ここにきて読者から見積り書を入手したのでその内容を大暴露!!

文・写真:ベストカーWeb編集部

新型スイフト純正ナビ付で乗り出し216万円~!! 新開発エンジンで燃費爆上がりもコスパ最強はベースグレードか!?!?

■ガソリンの燃費に注目!! 新開発エンジンすごいゾ

トランスミッションまで新開発という気合の入りっぷり

 7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型スイフト。ジャパンモビリティショーにてコンセプトモデルが出展されたが、ほぼあのまんま市販化される模様。

 今回はエンジン、トランスミッションともに新開発。歴代モデル初の3気筒エンジンとなり、マイルドハイブリッド仕様は24.5km/L、ガソリンが23.4km/Lをマーク。

 ご覧の通り、電動化モデルを選んでも燃費に関しては大きな差はないため、それだけエンジンの素性がいいのだろう。

■ベースグレード200万円切り!! 純正ナビは付けたい

内装の質感も大幅アップ。嬉しいのは姿を消しつつあるCD/DVDプレーヤーが設定さえれていること

 グレードは下からXG→MX→MZという順で、ディーラーオプションナビを選ぶと194万7000円~235万4100円となる。

 入手した見積書からはナビレス仕様の価格は不明ながら、新型スペーシアの純正ナビを参考にすると約20万円のため、素の状態はこの金額をマイナスした数値となるはず。

 肝心の支払総額だが、ベースグレードのXGは約216万円、最上級グレードのMZは約260万円という結果であった。

 基本的なフロアマット、バイザーを装着、もちろん諸費用を含めた金額である。

■MTは年度内追加!! ドライバーモニタリングシステム!?

 ちなみにこのメーカーオプションナビだが、MZとMXは9インチのナビで、ベースグレードのみディスプレイオーディオとなる。

 どちらもAppleCarplayやAndroidAutoに対応しているのだが、最大の違いはドライバーモニタリングシステムの有無

 他社に採用が進んでいる機能で、ドライバーの状態をリアルタイムでカメラが監視。よそ見運転などを検知し、音や表示で知らせてくれる機能である。差と言えばその程度なのだ。

 新型スイフトは2023年12月中旬に発売をスタートさせ、冒頭の通りまずはCVTのみ。気になりすぎるMTモデルは年度内にも追加される予定。

 現行モデルにMTが設定されていた当時はガソリン仕様のみであったが、新型スイフトはマイルドハイブリッドに設定されるというのも嬉しいニュース。しばらくスイフトから目が離せないゾ!!!

こんな記事も読まれています

フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
motorsport.com 日本版
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
くるまのニュース
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
バイクのニュース
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web

みんなのコメント

20件
  • takumagumo
    N-BOX等の軽と比べると安いと思うが、2代目スイフトに乗っていた者からすると「高くなったなあ!」が実感。
  • zet********
    ずいぶん価格が上がった感があるなぁ。

    スイフトさえも手頃じゃなくなって来たな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村