現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダ・フリード「使いやすさ抜群の高効率キャビンが光る」

ここから本文です

【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダ・フリード「使いやすさ抜群の高効率キャビンが光る」

掲載 5
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダ・フリード「使いやすさ抜群の高効率キャビンが光る」

コンパクトボディの効率を徹底追求。使いやすい3列ミニバン

 ホンダ車に共通していえることは、パッケージングの巧妙さと視界のよさだと思っているのですが、そのスゴサを見事に具現化したモデルがフリードだと思います。

【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】三菱デリカミニ「オフロード性能を磨いて独自性を強調」

 何を隠そう、誤解を恐れずにいまだからいっちゃいますが、初代はパッケージングこそ優れていたものの、長距離ドライブはちょっとツライ……と、正直感じていたんです。

 ところが、これがどんどん進化しまして、現行モデルはたとえ色眼鏡で見たとしても脱帽しちゃうくらい、乗り心地のいいクルマになっています。

 やはり多人数乗りですから全席での乗り心地は大切、皆を安全快適に目的地まで届けるための運転のしやすさや視界のよさも欠かせませんが、パッと気軽に乗れて毎日つきあいやすい、コンパクトミニバンに必要な性能がしっかり詰まっていて、「ほしいモノがわかってるなぁ~」2という感じなんですよね。

 さて、こうなると俄然、パッケージングのよさが光ってきます。加えてそれが1パターンだけじゃないところがまたスゴイ。  フリードの場合、2列シート仕様車、3列シート仕様車、さらに車いす仕様車、助手席リフトアップシート車、サイドリフトアップシート車とラインアップがありまして、さまざまなニーズに対応できるようになっているんです。

 今回の試乗車はオーソドックスな3列シートでしたが、このサイズにして1~3列目までウォークスルーで車内移動がラクラクできるって、めちゃくちゃスゴイことだと思うんですよ。ミニバンってお出かけ先でも「基地」として使う場合がありますから、雨が降った日なんて本当に便利ですよね。

 そう思うのも、3列目が単なる荷物席のようなオマケ席ではなく、乗員がちゃんと座って過ごせる空間が確保されているからこそ。さすがに、広々というわけではないですが、2列目シートもロングスライドしますので、上手に調整してもらえば全員快適に過ごせると思います。

 この3列目シートはサイド跳ね上げタイプ。操作も簡単ですし、荷室開口部の低さと合わせて、荷物の積み下ろしもしやすいので、ラゲッジスペース的にもフレキシブルに使いやすいと思います。

 そしてもはや3列目は使わないという方は、潔く2列シート仕様車を選べばいいわけで、こちらは完璧な車中泊仕様車にアレンジできてしまうんですよね。車中泊する場合、ベッドにしたときの荷物の置き場も考慮しなければいけませんが、ベッド下にかなりの空間スペースを作ることができるので、完璧快適車中泊ライフを楽しむことができます。

 DIY的楽しさも併せてワクワクさせてくれること間違いナシのフリードのヒットの真相は、日常最適サイズの中にフレキシブルな空間を作り出した幅広い利便性と対応力といえそうです。

フリード「ヒットの真相」

1)運転のしやすさや視界のよさは抜群。最大7人乗れて、コンパクトな中に最大限のスペースを確保。全席で快適に過ごせる

2)3列シート仕様車に加えて、2列シート仕様車、車いす仕様車など、さまざまなニーズに対応できるラインアップを備えている

3)3列目シートはサイド跳ね上げタイプで操作も簡単。日常最適サイズの中に大きな空間を作り出した幅広い利便性と対応力

■主要諸元

グレード=ハイブリッド・クロスター(特別仕様車ブラックスタイル)
価格=303万3800円
全長×全幅×全高=4265×1695×1710mm
ホイールベース=2740mm
トレッド=フロント:1480×リア:1485mm
最低地上高=135mm
車重=1440kg
エンジン(レギュラー仕様)=1496cc直4DOHC
型式=LEB-H1
燃料タンク容量=36リッター
最高出力=81kW(110ps)/6000rpm
最大トルク=134Nm(13.7kgm)/5000rpm
モーター最高出力=22(29.5)
モーター最大トルク=160Nm(16.3kgm)
WLTCモード燃費=20.9km/リッター
(市街地/郊外/高速道路:17.9/21.6/22.0)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:車軸式
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=185/65R15+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=6名
最小回転半径=5.2m

●今回の試乗車は、フリードの中でもクロスオーバースタイルに仕立てたクロスターの特別仕様車ブラックスタイル(2023年6月設定)。ブラックをアクセントに使い、より上質で洗練されたスタイルを実現している。ボディカラーはソニックグレーパール(op3万3000円)。ディーラーオプションとして、9インチプレミアムインターナビ(23万7600円)、ドライブレコーダー(6万7100円)、フロアカーペットマット(4万2900円)を装備。オプションを含む車両総額は341万4400円

たけおかけい/各種メディアやリアルイベントで、多方面からクルマとカーライフにアプローチ。その一方で官公庁や道路会社等の委員なども務める。レースやラリーにもドライバーとして長年参戦。日本自動車ジャーナリスト協会・副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

こんな記事も読まれています

【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
@DIME
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
AUTOSPORT web

みんなのコメント

5件
  • ともく
    軽が嫌なホンダ信者は他の選択肢がショボいのでこれになるのでは?
  • swanky1992
    これもモデルチェンジで大コケと。
    シエンタのOEMでも売っとけよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.5329.7万円

中古車を検索
フリードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.5329.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村