現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ SQ2はちょっと驚くほどのコーナリング性能を持つ。最低地上高205mmもあるのにフットワークも軽いコンパクトSUV

ここから本文です

アウディ SQ2はちょっと驚くほどのコーナリング性能を持つ。最低地上高205mmもあるのにフットワークも軽いコンパクトSUV

掲載 1
アウディ SQ2はちょっと驚くほどのコーナリング性能を持つ。最低地上高205mmもあるのにフットワークも軽いコンパクトSUV

アウディQ2のハイパフォーマンスバージョンのSQ2が登場した。コンパクトなボディに300ps/400Nmを発揮する2L直4ターボエンジンを搭載して、四輪駆動のクワトロシステムを組み合わせる。さっそくその走りを堪能した。(Motor Magazine 2022年10月号より)

素早くシャープに回るエンジンと強力なトルク特性
こういう仕事をしてると、ときどき予想を大きく上回るクルマに出逢って嬉しい気持ちになることがある。この新型アウディSQ2が、まさにその1台だ。ベースとなるQ2の現行モデルにはアウディのエントリーSUVとして上々の出来映えだと感じつつも感慨を受けるところまではいかなかったから、そこの違いが大きいかも知れない。

アウディ Q2に2Lディーゼルエンジン搭載の「Q2 35TDI」、2つのラインナップを追加設定。スポーティな「Sライン」も

2022年2月にマイナーチェンジが施されたSQ2は、新型とはいえど先代から大きく変更されてる部分はなく、ベースとなっているQ2のフェイスリフトに合わせてこちらも手を入れた、というような装いだ。シングルフレームグリルと前後のバンパー、ルーフスポイラーといったところが異なるくらいか。

間違い探しかと冗談を言いたくなるくらい、従来型との違いは少ない。試乗車にはグリルや4リングス、フロント下部左右のインテーク、ドアミラー、Cピラー、リアバンパーのトリムなどがブラックアウトされるパッケージオプションが装着され、精悍な印象を見せていたが、個人的にはそれらのディテールがシルバーのままのスタンダードな仕様の方が、アウディらしい佇まいだし、ベースのQ2により近いからいいな、と思う。

御存知「S」はアウディのハイパフォーマンスライン。ベースモデルに似た風情で中身はまったく違うという羊の革を被った抑え方が、アウディには似つかわしいと思うからだ。

車両価格は安くない。でもコストパフォーマンスは抜群に高い
とはいえ、ホイールの径を見れば、わかる人には一発でわかってしまう。ボディ側面の中でホイールの占める割合が大きいからだ。大径ホイールを履くことも関係してか、同業の友人の中にはSQ2のタウンスピードでの乗り心地について、「路面をコツコツと拾いがち」と評する人もいる。

(編集部註:写真の試乗車はオプションの「19インチアルミホイール+235/40R19タイヤ」を装着。標準装備は「18インチアルミホイール+235/45R18タイヤ」となる)

確かに一般道ではそういう側面もないわけではないが、僕は少しも気にならなかった。街中と郊外の一般道5割、高速道路4割、残り1割がワインディングロードといった感じの試乗だったのだが、高速道路に入ってさらに速度域が高くなれば、しっかり快適と感じられるレベルの乗り心地を味わえる。

スポーツサスペンションが組み込まれてるわりにはしなやかに感じられるし、しっかりと腰を据えた安定感を感じさせながら気持ちよく直進する。街中でも郊外の道でも高速道路でも、300psと400Nmを発揮する2直4ターボはかなりいい仕事をしてくれて、2000rpmから5200rpmまで絶え間なく400Nmの強大なトルクを発生し続けてくれる寛容な性格のおかげで、アクセルペダルをそっと踏んでいくだけでスルスルと加速し、余裕でクルージングできてしまう。

そうしたときのSQ2はとてもジェントルで、大人の包容力のようなものすら感じられるほど。常にリラックスしながらハンドルを握っていられるから、かなりのロングドライブでも疲れは少ないだろうと思う。

反面、ワインディングロードに突入すると、まるでスポーツカーのような走りっぷりを見せてくれるのだから素晴らしい。300psを5300rpmから6500rpmまで発生し続けるエンジンは、その領域まで素早くシャープに伸びていくし、どの回転域から踏み込んでも強力なトルクを発生する特性がここでも活きて、速さに不満を感じることがない。

最低地上高が205mmもあるくせに曲がることに関しても優秀で、もちろんQ2には設定のないクワトロシステムや操舵量で可変するプログレッシブステアリングの恩恵もあるのだろうけど、ちょっと驚くほどの速さであらゆる曲率のコーナーを走り抜けていく。フットワークだってかなりのものなのだ。

はたしてほかに、全長4.2m×幅1.8m程度のサイズのSUVで、ここまで欲しいモノを満たしてくれるモデルがあるだろうか? 620万円は安くはないが、コスパは抜群に高いと思う。(文:嶋田智之/写真:井上雅行)

アウディ SQ2 主要諸元
●全長×全幅×全高:4220×1800×1525mm
●ホイールベース:2595mm
●車両重量:1560kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1984cc
●最高出力:221kW(300ps)/5300-6500rpm
●最大トルク:400Nm/2000-5200rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・56L
●WLTCモード燃費:11.6km/L
●タイヤサイズ:235/45R18(試乗車は235/40R19)
●車両価格(税込):620万円

[ アルバム : アウディSQ2 はオリジナルサイトでご覧ください ]

関連タグ

こんな記事も読まれています

ホンダ TLM50用「Rikizoh アルミサイレンサー/BKアルマイト」が力造から数量限定発売!
ホンダ TLM50用「Rikizoh アルミサイレンサー/BKアルマイト」が力造から数量限定発売!
バイクブロス
崩壊する路線バス 「真犯人」はお前だ!
崩壊する路線バス 「真犯人」はお前だ!
Merkmal
角田裕毅がモナコで8位入賞「タイヤとペースの管理に集中した我慢のレース。終盤プッシュできた時は楽しかった」
角田裕毅がモナコで8位入賞「タイヤとペースの管理に集中した我慢のレース。終盤プッシュできた時は楽しかった」
AUTOSPORT web
「まえぇぇ!」まさに「高速道路ミサイル」!? 工事帯に突っ込む“衝撃映像”が話題に? “費用請求”するも「当て逃げ」のケースも… 無惨すぎる「実情」とは
「まえぇぇ!」まさに「高速道路ミサイル」!? 工事帯に突っ込む“衝撃映像”が話題に? “費用請求”するも「当て逃げ」のケースも… 無惨すぎる「実情」とは
くるまのニュース
超強力なエアダスター「J02B」はコンパクトなのに高性能で便利!
超強力なエアダスター「J02B」はコンパクトなのに高性能で便利!
月刊自家用車WEB
富士吉田『ふじ山食堂。』で、吉田のうどんとアジフライのコラボランチ
富士吉田『ふじ山食堂。』で、吉田のうどんとアジフライのコラボランチ
バイクのニュース
フィードスポーツジャパンから BMW R1300GS(’24)用「簡易ヘルメットホルダー」が発売!
フィードスポーツジャパンから BMW R1300GS(’24)用「簡易ヘルメットホルダー」が発売!
バイクブロス
あ…クルマも相続の対象か!! 意外と知らない超煩雑な仕組みを今こそ
あ…クルマも相続の対象か!! 意外と知らない超煩雑な仕組みを今こそ
ベストカーWeb
スズキ「ワゴンR」に牛糞由来の燃料で走る仕様があった! バイオメタンガスとガソリンのハイブリッドモデルとは
スズキ「ワゴンR」に牛糞由来の燃料で走る仕様があった! バイオメタンガスとガソリンのハイブリッドモデルとは
Auto Messe Web
道路脇で見かける「坊主頭で走る男の子」! こう見えて御年50歳の「飛び出し坊や」誕生の秘密
道路脇で見かける「坊主頭で走る男の子」! こう見えて御年50歳の「飛び出し坊や」誕生の秘密
WEB CARTOP
約4億円、1900馬力のパワーに悶絶!! ピニンファリーナの市販第1号車「バッティスタ」がスゴすぎた!
約4億円、1900馬力のパワーに悶絶!! ピニンファリーナの市販第1号車「バッティスタ」がスゴすぎた!
くるくら
最も自由な新型 e バイク「ENNE F750」のプロジェクトをスタート!
最も自由な新型 e バイク「ENNE F750」のプロジェクトをスタート!
バイクブロス
400万円未満! トヨタ新型「“SUV”ミニバン」発表! 「欲しい」反響多数 タフ顔&高級内装で標準装備モリモリ「イノーバ ハイクロスGX O」印に登場
400万円未満! トヨタ新型「“SUV”ミニバン」発表! 「欲しい」反響多数 タフ顔&高級内装で標準装備モリモリ「イノーバ ハイクロスGX O」印に登場
くるまのニュース
まさに日産「スカイラインGT-R」のワゴン版!「ステージア オーテックバージョン260RS」のエンジン載せ替えだけじゃないチューニングとは
まさに日産「スカイラインGT-R」のワゴン版!「ステージア オーテックバージョン260RS」のエンジン載せ替えだけじゃないチューニングとは
Auto Messe Web
東急と京急、共同で自動運転の実証実験 横浜や川崎で小型バスを無料で運行 6/3まで
東急と京急、共同で自動運転の実証実験 横浜や川崎で小型バスを無料で運行 6/3まで
日刊自動車新聞
アルピーヌ育成のツォロフとミニがモナコで勝利を飾る【正式結果/FIA F3第4戦モンテカルロ】
アルピーヌ育成のツォロフとミニがモナコで勝利を飾る【正式結果/FIA F3第4戦モンテカルロ】
AUTOSPORT web
トヨタ、パリ大会最後に五輪スポンサー契約終了へ[新聞ウォッチ]
トヨタ、パリ大会最後に五輪スポンサー契約終了へ[新聞ウォッチ]
レスポンス
「自動車税」“うっかり”払い忘れ… 一体どうなる?「5月末の期限」迫る!「延滞金」はかかるのか
「自動車税」“うっかり”払い忘れ… 一体どうなる?「5月末の期限」迫る!「延滞金」はかかるのか
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

229.9667.9万円

中古車を検索
SQ2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

229.9667.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村