サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ドリフト界の巨匠“のむけん”が作るER34最強エアロキットが完成!」GT-R超えの迫力を手に入れろ!【東京オートサロン2020】

ここから本文です

「ドリフト界の巨匠“のむけん”が作るER34最強エアロキットが完成!」GT-R超えの迫力を手に入れろ!【東京オートサロン2020】

全幅1895mmの衝撃! ユーラス初のフルワイドボディシステム!

フロント片側75mm、リヤ片側85mmワイドで勝負!

「足回りのスペシャリスト集団“クスコ”がドリフトシーンに殴り込み!?」ラリーのノウハウを全投入したドリフト専用パーツが凄すぎる!【東京オートサロン2020】

“のむけん”の愛称で親しまれ、D1グランプリシリーズでは不動の人気ナンバーワン選手として活躍していた経験を持つ野村謙さん。そして自身が代表を務めるショップ・URAS(ユーラス)では、類稀なるセンスとアイディアでドリフトシーンに無くてはならないパーツをリリースし続けてきた。

東京オートサロンには、毎年のように新作エアロを発表しているが、2020年は昨年に続いても早10作目以上となる新たなER34用のエアロキットを発表した。“タイプRワイド”と名付けられたこのキットは、URASとしては意外にも初となる、前後バンパーも含めてワイドフェンダーに合わせた設計となっているのだ。

“FRのER34スカイラインでBNR34を超える”というのがテーマということもあり、バンパーはGT-Rをモチーフとした形状を採用。最下部はアンダーカナードが装着されたようなカタチとなっているので、かなりレーシーな印象だ。

フロントフェンダーは片側75mmワイドとなり、ミラー前方の部分はニスモ製フェンダーのようにアウトレットダクトが設けられている。

リヤフェンダーは片側85mmとかなりのワイド幅を持つ。ショルダーの部分で数センチほど盛り上げられたのち、ブリスター形状部分でさらにワイドとなるデザイン。給油口部分の段差を見てもらうと、その強烈なワイド感に痺れるはずだ。

フロントバンパー同様、サイドステップとリヤバンパーの最下部もアンダーカナードが装着されたような形状を採用する。

「フェンダーに合わせてバンパーもワイド仕様で作ったから、ワイド化したいけどフェンダーとの段差が好かん!ってな人にもピッタリばい!」と野村さん。製品はフロント&サイド&リヤバンパーに加え、前後フェンダーのキットとなる。

なお、東京オートサロン出展時は試作段階のもので、サイドステップとフェンダーのチリなど細部を見直すそうだが「3月に開催される34祭り(富士スピードウェイで開催されるR34オンリーのイベント)にはバリッとオールペンしたデモカーを持ち込みたいし、販売も間に合わせたいね~」と熱く語っていたので、今から完成&リリースが待ち遠しいかぎりだ。

●取材協力:URAS TEL:092-558-4111

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します