サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ 900万台の生産計画、下回る見込み ノア/ヴォクシーの工場も2月に稼働停止日

ここから本文です

グローバルで15万台の見直し

トヨタが2月の生産計画を発表し、国内の全14工場28ライン中、8工場11ラインについて、稼働停止日程を設けることが分かった。

【画像】新型ノア、ヴォクシー、ステップワゴン【じっくり見る】 全121枚

今年度(2021年4月~2022年3月)の通期生産台数は、これまでグローバルで900万台の見通しとされていたが、今回の見直しによって下回る見込みであるという。

2021年12月15日に行われた生産計画の発表時点では、年度の生産見通しである900万台レベルは、「引き続き維持」としていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ