現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型GT-R市販版はこうなる!? 800馬力の電気自動車になって20 28年登場か!?

ここから本文です

新型GT-R市販版はこうなる!? 800馬力の電気自動車になって20 28年登場か!?

掲載 更新 56
新型GT-R市販版はこうなる!? 800馬力の電気自動車になって20 28年登場か!?

 消滅すると思われていたGT-Rの新型発表に狂喜したのは記憶に新しいが、早くも次期型GT-R(R36)の情報が聞こえてきた。BEVとして開発中といわれるR36の詳細は!?

※本稿は2023年8月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年9月26日号。一部修正

新型GT-R市販版はこうなる!? 800馬力の電気自動車になって20 28年登場か!?

■800ps級BEVスポーツに大変身!(2028年デビュー)

エンジンがなくシャフト類も不要のBEVはパッケージの自由度が大幅に広がる。R36は4ドアクーペで開発中(ベストカー編集部作成の予想CG)

 2024年モデルが登場したばかりのGT-Rだが、次のR36型はBEVで開発が進んでいる。

ジャパンモビリティショーで発表された日産ハイパーフォース

 ジャパンモビリティショーでは、思わせぶりなエンブレムや丸テールを装着していたハイパーフォースだが、あまりに現実とかけはなれたデザインだった。

 とはいえ、日産では2028年の実用化を目指して開発中の全固体電池を搭載するハイパーBEVスポーツになることは明白。ターゲットはニュルブルクリンク最速。パワーユニットこそ大きく変わるものの、世界最速の市販スポーツを目指す姿勢は現行型R35と変わらない。

伝統の丸テールやフロントグリルにはGT-Rの文字をモザイクしたものが装着されていた

 ハイパーフォースは1000kW(約1300ps)で、ボディサイドには「ASSB E-4ORCE」というデカールも確認できる。全固体電池かつ、4WDということになるだろうから、GT-Rの方程式はバッチリ守っている。

 市販型の次期GT-Rのパワーは800psクラスを目指しているとされ、前後モーターで4輪を緻密に制御する異次元のハンドリングを実現。また4ドアクーペとすることで実用性も向上させるというから楽しみだ。

 BEVになってもライバルはポルシェ。新時代のGT-Rは2028年に登場する!

関連タグ

こんな記事も読まれています

F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
AUTOSPORT web
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
AUTOSPORT web
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
グーネット
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
AUTOCAR JAPAN
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ベストカーWeb
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
AUTOSPORT web
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
グーネット
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
グーネット
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
ベストカーWeb
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
Auto Messe Web
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
AUTOSPORT web
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
グーネット
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
グーネット
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
AUTOCAR JAPAN
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
Auto Messe Web
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
AUTOSPORT web

みんなのコメント

56件
  • はなやん
    私はおっさんだから偏見を持って感想を言う
    このデザインはGT-Rじゃないな
    近未来デザインばっかりで悲しくなる
  • ニャンタロウ
    EVになるならもう誰も買わないだろうし、GTR伝説も終わるな。
    なんだかんだ言ってもお金ある人は大排気量・多気筒の内燃エンジンを求めているのよ。マブチFA-13モーター、単三電池2本付きの車じゃねえw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1375.02915.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

588.023000.0万円

中古車を検索
NISSAN GT-Rの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1375.02915.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

588.023000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村