現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさかの「5速MT」復活! スズキ新型「ワゴンR」24日に発売! 一時“消滅”の貴重モデル再登場に称賛の声!

ここから本文です

まさかの「5速MT」復活! スズキ新型「ワゴンR」24日に発売! 一時“消滅”の貴重モデル再登場に称賛の声!

掲載 94
まさかの「5速MT」復活! スズキ新型「ワゴンR」24日に発売! 一時“消滅”の貴重モデル再登場に称賛の声!

■まさかのMT復活に称賛の嵐!

 スズキは2023年11月13日、軽ハイトワゴン「ワゴンR」の改良を実施して24日に発売すると明かしました。
 
 一時期ラインナップから消滅していた5速MT車が復活するということもあり、SNSなどでは多くのユーザーが話題にしています。

【画像】超カッコイイ! スズキ「ワゴンR」を画像で見る(36枚)

 ワゴンRは1993年に登場した軽ハイトワゴンで、当時の軽乗用車はいわゆる軽セダン(ハッチバック)が標準的だったなか、高い全高による広大な室内空間を実現したことが支持されました。

 登場直後より、またたく間に人気車となりベストセラー化。スズキを代表するモデルへと成長し、軽ハイトワゴン市場を創出するクルマとなりました。

 現行型は6代目で2017年2月に登場しました。

 新プラットフォーム「ハーテクト」の採用による軽量化・高剛性化を図るとともに室内空間を拡大し、使い勝手を向上。さらに、マイルドハイブリッドの設定や先進運転支援機能「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用するなど、安全性能も高めました。

 なお、現行型のラインナップには当初MT車の設定はなかったものの、同年8月にベーシックグレード「FA」(後に中間グレード「FX」へと変更)に5速MT車を追加。フロアシフトと手引き式サイドブレーキを装備しています。

 しかし、2023年10月に価格改定と法規対応に伴う一部仕様変更を実施しており、このときに5速MT車の設定がなくなりました。

 そして今回、約1ヶ月ぶりにFXグレードに5速MT車が復活。廃止前と同様に、2WDと4WDどちらも用意されます。

 価格(消費税込)は2WD車が129万4700円、4WD車が141万7900円で、従来モデルよりも7万7000円の値上げとなっています。

 そんなワゴンRのMT車復活について、SNSなどでは多くのユーザーが話題にしており、さまざまなコメントが投稿されています。

「ワゴンRのMT復活はアツい!」「MT復活は歓迎したいし応援もしたい」「貴重な軽のMT車だけに、いつまでも残ってほしいです」「安いコンパクトMTは少ないから、ユーザーの選択肢が増えるのは良いこと」「一般車のマニュアルをまだ販売してくれるスズキ好き!」「やるなスズキ」など、MT車の復活を喜ぶだけでなく、スズキに対して称賛とも取れるコメントが数多く寄せられました。

 また、「ワゴンRにMTなんてあるんだ…」「今度のワゴンRにもMTの設定があるのか」と、ワゴンRにMT車の設定があること自体に驚く人も少なくないようです。

 さらに、「MT車を望むユーザーも一定数いる事を忘れないでもらいたい」「MTしか乗れないという人も多いし、そうした人達には欠かせないグレード」「私の73歳になる母は無類のAT嫌いです。ブレーキを離すと勝手に動くのが嫌だと」「MT車のほうが踏み間違いも少なそうだよね」と、貴重なMT車の存在意義について議論を交わす人も見られました。

こんな記事も読まれています

フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
@DIME
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
AUTOSPORT web
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
@DIME
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

94件
  • reg*******
    ワゴンRのMT車廃止がアナウンスされたとき、これをもって完全消滅かと思っていた。
    欲を言えばアルトにこそMT車の設定があればいいんだが…
  • 少し気さくなてんちょ
    どれ位の市場規模が有るかは分かりませんが
    スズキの英断に感謝をするしか無いですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.3300.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.3300.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村