現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】ダイハツ ムーヴコンテはちょうどいい広さの、ちょっと贅沢な軽自動車だった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

【試乗】ダイハツ ムーヴコンテはちょうどいい広さの、ちょっと贅沢な軽自動車だった【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 8
【試乗】ダイハツ ムーヴコンテはちょうどいい広さの、ちょっと贅沢な軽自動車だった【10年ひと昔の新車】

2008年秋、軽自動車の新車ラッシュの中、ダイハツからムーヴ コンテが登場した。ムーヴのバリエーションのひとつで、プラットフォームは共通。タントほど背が高くないのがポイント。軽乗用車では初となる電動シートも注目を集めた。今回は登場間もなく行われた試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2008年11月号より)

ソフトでやさしい乗り味、燃費の良さもポイント
この秋は軽自動車の新車ラッシュだ。その中で先陣を切ったのがダイハツのムーヴコンテ。TVCMで「かくかくしかじか、四角いムーヴ」と連日流れているからご存知と思う。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

どんなクルマかといえば、ムーヴとタントのいいとこどりをした上で、快適・ラクチン装備を施したバリエーションということになる。全高は1645mmでこれはタントより10cm背が低いが、タワーパーキングには入らない。制限高はほとんど1550mmまでのところが多いからだ。

そんなことより「空間が広いこと」が現在の軽自動車にとってはもっとも重要なこと。室内空間のたっぷりある「スペース系軽乗用車」は販売比率の70%を超えているのだ。

試乗会で実車を見るとほんとうに四角い。こうなるとかっこいいとか悪いとか言いがたく、好きか嫌いかに意見が分かれそうだ。

個人的にはエクステリアはシンプルで無駄な飾りがない点に好感。このあたりスズキのラパンもそうだが、「チープシック」なのだ。光りものを下手に多用すると、実は本当に「チープ」に見えてしまうものだ。これはインテリアも同様で、シックな仕上がりになっている。

シートアレンジは4通りある。フロントシートのヘッドレストを外してシートバックを倒すと「ロングソファーモード」、助手席だけ倒して長尺の荷物を運ぶ「フロントサイドフラットモード」、リアシートの片側を前に倒し3名乗車で荷物を運ぶ「ハーフラゲッジモード」、両方とも倒すと「フルラゲッジモード」となる。

試乗会は千葉・幕張周辺。コンテの上級グレード、Xリミテッドのシートに座り、ポジションを決める。「おお、電動パワーシートが付いているではないか」。これは軽乗用車初の試みという。以前からあればいいのにな、と思っていたがコンテが第1号となった。ただし前後スライドのみで、リクライニング機能は電動ではない。

ヒップポイントは633mm(ムーヴと同じ)と高めの設定に加え、なにより四隅の見切りが素晴らしくいい。この運転席からの視界はどこかで見たような、と思い出したらレンジローバーのそれに近かった。吃立したフロントウインドウ越しにボンネット先端がよく見えるクルマは、ビッグSUVであれ軽自動車であれリラックスできるのだ。

大振りなフロントシートは軟らかめで座り心地がいい。頭上はタントほどスカスカではない。タントのリアビューミラーは前方視野の遥か上にあり、目線の移動が煩わしかったが、コンテは適切だ。

コラム式のシフトレバーをDレンジにセットしてそろそろと走り出す。第一印象はかなり静かなことと、乗り心地がソフトでラクチンだということ。エンジンはロングストロークの直3DOHC・58ps。出力特性、燃費ともトップレベルのパワーユニットだ。ただし急加速時にはCVTのノイズが若干侵入してくる。

コンテのベースとなったムーヴは軽自動車中最長のホイールベースを持ち、プラットフォームの完成度が高い。なので、ブレーキ性能も含めて、ハンドリングにこれといった不満は出てこない。このコンテはムーヴブラザーズの中ではもっともソフトライドである。

やさしく運転できてソフトな乗り味、そして低燃費であることが、軽自動車には好ましい。とはいえ、もっとアグレッシブなドライビングをしたいというユーザーには「コンテカスタムRS」というバリエーションがある。直列3気筒エンジンはターボ化され64ps/10.5kgmのスペック。momo社製の革巻きステアリングホイールや165/55R16インチのタイヤを標準装備。高価格車ゆえノーマルのコンテよりも遮音/吸音材が多用されているので走行時の静粛性がグンと高い。足まわりは固められているが、ガチガチではなく、乗り心地は悪くない。常に追い越し車線を走りたいユーザーはこの速いコンテをどうぞ。(文:Motor Magazine編集部/写真:村西一海)

ダイハツ ムーヴ コンテ X リミテッド 主要諸元
●全長×全幅×全高:3395×1475×1645mm
●ホイールベース:2490mm
●車両重量:850kg
●エンジン:直3 DOHC
●排気量:658cc
●最高出力:43kW(58ps)/7200rpm
●最大トルク:65Nm/4000rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:FF
●車両価格(税込):128万1000円(2008年当時)

[ アルバム : ダイハツ ムーヴ コンテ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
AUTOSPORT web
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
AUTOCAR JAPAN
過去最高! 2630台を3カ月で販売したランボルギーニが2024年も好調な業績を維持している理由とは
過去最高! 2630台を3カ月で販売したランボルギーニが2024年も好調な業績を維持している理由とは
Auto Messe Web
深夜バス相次ぎ廃止 一般系統も“整理”へ 京成バスダイヤ改正
深夜バス相次ぎ廃止 一般系統も“整理”へ 京成バスダイヤ改正
乗りものニュース
1200馬力超え“V12”搭載! 「クワッド“バイク”」世界初公開! バイクとクルマ混ぜちゃった! パワーウエイトレシオ1kg/hpの“絶叫マシン”「エングラー V12」英で発表
1200馬力超え“V12”搭載! 「クワッド“バイク”」世界初公開! バイクとクルマ混ぜちゃった! パワーウエイトレシオ1kg/hpの“絶叫マシン”「エングラー V12」英で発表
くるまのニュース
ストロール、優れたタイヤ管理と戦略で入賞「ニコや裕毅をパスできて楽しかった」アストンマーティン/F1第7戦
ストロール、優れたタイヤ管理と戦略で入賞「ニコや裕毅をパスできて楽しかった」アストンマーティン/F1第7戦
AUTOSPORT web
日本限定の『コンチネンタルGTアズール』がベントレー&マリナーから登場。世界10台のみ、4165万円
日本限定の『コンチネンタルGTアズール』がベントレー&マリナーから登場。世界10台のみ、4165万円
AUTOSPORT web
世界に1台 超高級車ブランド「オーダーメイド」に注力 ロールス・ロイス本社工場拡張へ
世界に1台 超高級車ブランド「オーダーメイド」に注力 ロールス・ロイス本社工場拡張へ
AUTOCAR JAPAN
なつかしの「Auto Roman」といえばアルピナ!「ウルフカウンタック」1号車を日本に持ち込んだ名ショップのいまを紹介
なつかしの「Auto Roman」といえばアルピナ!「ウルフカウンタック」1号車を日本に持ち込んだ名ショップのいまを紹介
Auto Messe Web
ベッテルがセナのマクラーレンMP4/8でイモラを走行「国旗を掲げた瞬間に感情が爆発した」
ベッテルがセナのマクラーレンMP4/8でイモラを走行「国旗を掲げた瞬間に感情が爆発した」
AUTOSPORT web
6年ぶりビッグネーム復活!? 新開発のV12エンジンが搭載されるフラッグシップGTとは
6年ぶりビッグネーム復活!? 新開発のV12エンジンが搭載されるフラッグシップGTとは
レスポンス
ルクレール「レッドブルとマクラーレンは、直線スピードを上げる“奇妙な方法”を知っている」フェラーリ/F1第7戦
ルクレール「レッドブルとマクラーレンは、直線スピードを上げる“奇妙な方法”を知っている」フェラーリ/F1第7戦
AUTOSPORT web
メルセデス、6位&7位にとどまるも「マクラーレンやフェラーリほど目立たないが、僕らも改善している」とハミルトン
メルセデス、6位&7位にとどまるも「マクラーレンやフェラーリほど目立たないが、僕らも改善している」とハミルトン
AUTOSPORT web
BTCCが“記録的早さ”で2025年カレンダーを発表。来季もドニントン開幕の全10戦30レースを予定
BTCCが“記録的早さ”で2025年カレンダーを発表。来季もドニントン開幕の全10戦30レースを予定
AUTOSPORT web
『コンチネンタルGT』が新開発V8採用の第4世代に進化。ベントレー、2024年6月の発表を予告
『コンチネンタルGT』が新開発V8採用の第4世代に進化。ベントレー、2024年6月の発表を予告
AUTOSPORT web
【宮田莉朋F2密着】フリー走行でマシントラブル多発。経験を積むことに注力したスプリント/第4戦イモラ
【宮田莉朋F2密着】フリー走行でマシントラブル多発。経験を積むことに注力したスプリント/第4戦イモラ
AUTOSPORT web
コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY
コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY
OPENERS
日産「新型コンパクトSUV」発表! 斬新“デザイン”が超スタイリッシュ! 6速MTアリ&鮮烈イエロー復活の「ジューク」豪に登場
日産「新型コンパクトSUV」発表! 斬新“デザイン”が超スタイリッシュ! 6速MTアリ&鮮烈イエロー復活の「ジューク」豪に登場
くるまのニュース

みんなのコメント

8件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

115.7138.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0112.0万円

中古車を検索
ムーヴコンテの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

115.7138.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0112.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村