現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モータースポーツシーンでも大活躍! 全モデルがいまでも大人気なBMW 3シリーズの歴代クーペモデルを振り返る

ここから本文です

モータースポーツシーンでも大活躍! 全モデルがいまでも大人気なBMW 3シリーズの歴代クーペモデルを振り返る

掲載
モータースポーツシーンでも大活躍! 全モデルがいまでも大人気なBMW 3シリーズの歴代クーペモデルを振り返る

 この記事をまとめると

■BMW3シリーズクーペの歴代モデルを振り返る

走りのプロが「ドイツ車」を選ぶのは見栄じゃない! 日本車や他国のクルマと「何が違う」のかレーシングドライバーが分析した

■いまでは3シリーズはセダン&ワゴンだが、もともとはクーペスタイルで登場した

■2代目モデルは「六本木のカローラ」と持て囃され、日本にBMWを浸透させた

 BMW永遠のスタンダード「3シリーズ」の歴史

 数あるBMWのラインアップのなかで、3シリーズは主力モデルのひとつ。セダンが主役のシリーズではありますが、もともと3シリーズは2ドアのみで登場したことはご存知でしょうか。

 現在は3シリーズには存在しませんが、今回は初代から5代目までラインアップされていた2ドアクーペを振り返っていきましょう。

 E21型(初代/1975年)

 北米市場をはじめ世界的に人気を博した2ドアクーペ、02シリーズの後継として1975年にデビューしたのが初代3シリーズ。02シリーズのイメージを踏襲したスタイリングを採用していましたが、ボディは拡大されています。

 デビュー時は直4エンジンを搭載した316、318、320ならびに機械式インジェクションを装備した320iをラインアップ。ただし、1977年に直6エンジン搭載の320、323が追加されました。

 標準グレードのヘッドランプは丸目1灯でしたが、320以上の上級グレードには4灯ヘッドライトを装着。ボディは2ドアのみをラインアップしていたものの、02シリーズには設定されなかったカブリオレが用意されていたことも話題とななりました。

 ただ、カブリオレのトップ着脱方法は、着脱式ルーフパネルと後部ソフトトップが組み合わされる個性的なものでした。

 初代のホットモデルは2.3リッター直6エンジンを搭載した323i。最高出力143馬力を発揮する直6エンジンがキレの良い走りを実現し、高い人気を集めました。

 E30型(2代目/1982年)

 1982年に登場した2代目は、3シリーズの名を大きく広めたモデルとなりました。

 日本でも「六本木のカローラ」などと呼ばれた2代目のスタイリングは、初代のイメージを残しつつも、やや丸みを帯びたフォルムにチェンジ。初代はグレードにより異なっていたヘッドランプの個数は全グレードが4灯に変更されています。

 2ドアのみでデビューした2代目でしたが1983年に4ドアモデルを追加。その後、カブリオレやステーションワゴンも追加され、バリエーションが豊富になりました。

 パワーユニットも初代同様、直4エンジンと直6エンジンを用意したほか、アメリカ市場の排ガス規制に対応すべく開発された2.7リッター直6イータエンジンを新たに搭載。

 イータエンジンは回転数をおさえて燃費と排ガス規制に対応するものでしたが、スポーティなイメージが強いBMWらしくないと一部のファンからは酷評されました。

 一方、2ドアクーペにはM3を初めて設定。当時、人気を集めたツーリングカー選手権に参戦し活躍したことで3シリーズクーペの評価を高めています。

 E36型(3代目/1990年)

 初代、2代目とは大きく印象が異なる流麗なデザインが与えられた3代目が1990年に登場。2ドアクーペ、4ドアセダン、ステーションワゴンに加えて3ドアハッチバックが初めてラインアップされました。

 2ドアクーペをベースにしたカブリオレは先代までの脱着式ルーフトップから一般的なソフトトップへと変更。2ドアクーペも、実用性が高いセダンやステーションワゴンが設定されていることで、初代、2代目よりスポーティなイメージを強調しています。

 3シリーズクーペのイメージリーダーとなったM3も引き続き設定。先代とは異なり、エンジンは最高出力286馬力の直6エンジンを搭載し、パフォーマンスが大きく向上しました。

 M3は1995年に最高出力321馬力を発揮する3.2リッター直6エンジンに換装。翌年にはセミAT搭載車が追加されています。

 また、カブリオレやセダンにもM3を設定したことも大きなトピックスでした。

 唯一のV8エンジン搭載のM3も生まれた

 E46型(4代目/1998年)

 BMWの基幹モデルへと成長した3シリーズは、1998年に4代目が登場。セダンが主力となっていたこともあり、先に4ドアセダン、2000年に2ドアクーペ(カブリオレとステーションワゴンも)がデビューしています。

 4代目はボディを拡大し、クーペも含め全モデルが3ナンバーサイズを採用。より丸みを帯びたスタイリングへ変更されました。

 3シリーズのハイパフォーマンスモデル、M3は4代目にも設定。クーペとカブリオレのみとなったM3には、新開発の3.2リッター直6を搭載し、ボンネットやサスペンションにアルミ素材を用いることなどで軽量化も図られました。

 2003年にはカーボンルーフトップなどを装備し、さらなる軽量化を図ったM3 CSLを追加。エンジンは360馬力にまで高められています。

 また、4代目にも用意された3ドアハッチバックは、2004年に1シリーズへと移行する形でラインアップ落ちしました。

 E90型(5代目/2005年)

 現在も続く3シリーズですが、クーペがラインアップされた最後のモデルとなるのが5代目。2005年にデビューした5代目は、まずセダンとステーションワゴンを先に販売開始し、クーペと可動式ハードトップとなったカブリオレが2006年に追加されています。

 走行性能が高いことで人気の3シリーズでしたが、時代の要望から燃費向上を図るためアイドリングストップ機構やブレーキ回生システムを採用。とはいえ、歴代モデル同様に直6エンジンはラインアップされました。

 また、ハイパフォーマンスモデルのM3には4リッターV8エンジンを搭載。最高出力420馬力を発揮するV8エンジンにはエネルギー回生システムも装備され効率化が図られています。

 そのM3にはクーペ、カブリオレとともに再び4ドアモデルを設定。2008年にはM3のクーペとカブリオレにはボディを軽量化し4.4リッターV8エンジン(最高出力450馬力)を搭載したM3 GTSが追加されました。

 3シリーズクーペは6代目へモデルチェンジする際、4シリーズとして独立。2ドアのみでスタートした3シリーズクーペの歴史は5代目で幕を閉じました。

 3シリーズクーペの源流

 2002ターボ(1973)

 3シリーズ登場以前、BMWの小型クーペといえば02シリーズと呼ばれた2ドアクーペ(2ドアセダン)でした。

 4ドアセダン1500シリーズ(ノイエ・クラッセ/後に5シリーズへ発展)をベースに開発された02シリーズは1966年にデビュー。

 ボディサイズを1500シリーズからコンパクトにし、1.7リッター直4エンジンを搭載して登場した02シリーズは、1.8リッター直4、2リッター直4エンジン搭載車を追加していきます。

 なかでも2リッターエンジンを搭載した2002には、ツーリングカー選手権に向けた2002ターボを1973年に発表。

 量産車初のターボチャージャーを搭載した2002ターボは最高出力170馬力を発揮し、ワイドタイヤを装着するためオーバーフェンダーやエアロスポイラーを装備するなど、見た目の迫力が大きく増しています。

 2002でとくに印象的だったのが逆文字にプリントされた「turbo」のステッカー。先行車のミラーにターボモデルであることを強くアピールする演出は、その後のターボ車に逆文字ステッカーが装着される流行を生みました。

 まとめ

 現在は4シリーズとして独立したBMWのコンパクトクーペは、実用性が高いセダンだけでなく、クーペやクーペをベースとしたカブリオレも人気を集めたモデルでした。

 歴代モデルを振り返ると、いずれも魅力的なモデルばかり。世界的にクーペの人気は以前と比べると高くはないですが、セダンにはない多くの魅力を備えていることを、3シリーズクーペを振り返ったことであらためて認識しました。

こんな記事も読まれています

【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
AUTOSPORT web
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
くるまのニュース
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
AUTOCAR JAPAN
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
Auto Messe Web
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
Auto Messe Web
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
AUTOCAR JAPAN
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い  1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い 1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
乗りものニュース
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
AUTOSPORT web
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
くるまのニュース
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
レスポンス
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
WEB CARTOP
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
AUTOSPORT web
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
レスポンス
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
motorsport.com 日本版
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

468.0729.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02590.0万円

中古車を検索
3シリーズ クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

468.0729.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02590.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村