現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「日産プレジデント(G50)に700馬力のフルチューン2JZを搭載!?」チューニングとVIPの融合で唯一無二のFRスポーツセダン爆誕!

ここから本文です

「日産プレジデント(G50)に700馬力のフルチューン2JZを搭載!?」チューニングとVIPの融合で唯一無二のFRスポーツセダン爆誕!

掲載 更新
「日産プレジデント(G50)に700馬力のフルチューン2JZを搭載!?」チューニングとVIPの融合で唯一無二のFRスポーツセダン爆誕!

フルチューン2JZ+ゲトラグ6速を換装したG50プレジ!

700馬力のFRスポーツセダン誕生!

「日産プレジデント(G50)に700馬力のフルチューン2JZを搭載!?」チューニングとVIPの融合で唯一無二のFRスポーツセダン爆誕!

日産のプレジデントと言えば、日産が2010年まで生産していた要人向けのフラッグシップカーだ。トヨタのセンチュリーと双璧を成す存在であり、かつてはVIP系カスタムのベース車両として人気を誇った車種でもある。

そんなプレジデントの3世代目(G50)にチューング魂を注入したのがこちら。「VIPカーはモテる! スポーツカーは運転が楽しい!」という非常に分かりやすい理由で、G50プレジデントとトヨタのJZA80スープラを購入。そして、G50にJZA80のパワートレインを移植してしまったのである!

エンジンルームには4.5LのV8ではなく直6の2JZ-GTEが鎮座する。しかもノーマルではなく、ピストンやコンロッドを強化品に変更した上でTO4Zタービンをセットしたチューンドユニットだ。F-CON Vプロによる制御で最高出力は700psに到達している。

同時に、ミッションもATからJZA80スープラのゲトラグ6速MTにスイッチ。プロペラシャフトはワンオフで製作し、700psのFRスポーツセダン(!?)に生まれ変わったわけだ。ちなみに、シフトノブはワンオフの削り出しだ。

一方のエクステリアは、ただでさえ目立つプレジデントの巨体に片側70mmのオーバーフェンダーという飛び道具を装備! このVIPとチューンドがミックスしたルックスは唯一無二、一度見たら忘れないくらいのインパクトを放っている。

エアロパーツは、フロントバンパーとサイドステップがセッション製、リヤバンパーはオートクチュールをベースに加工したワンオフ品で武装している。

サイドから出ているアメ車風のマフラーは飾りではなく本物! 腹下で分岐していて、バルブ制御で後方のマフラーと切り替えられるそうだ。

ホイールはワーク・エクイップの19インチで、フロントが11J、リヤが12Jという極太ディープリムを装着。サスペンションはTディメンションで、スプリングレートはフロントが80kg/mm、リヤ60kg/mmと、ほぼストロークしないので乗り心地は……だそうだ。

「誰にも真似できない改造をしたい! エンジンルームの塗装もしたいですね!」とオーナー。ノーマルをはるかに上回る加速力と、排気量ダウンによる税金の減額というメリットまで手に入れた魔改造プレジデント。ハンパではない。

こんな記事も読まれています

ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
くるまのニュース
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
ベストカーWeb
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
Merkmal
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
ベストカーWeb
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
ベストカーWeb
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
ベストカーWeb
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
グーネット
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
ベストカーWeb
【中古車選びお悩み相談】2024年10月から始まる「OBD検査」ってなに?
【中古車選びお悩み相談】2024年10月から始まる「OBD検査」ってなに?
グーネット
アプト・フォーミュラEがローラ・ヤマハのパワートレイン搭載を発表。シェイクダウンは6月予定
アプト・フォーミュラEがローラ・ヤマハのパワートレイン搭載を発表。シェイクダウンは6月予定
AUTOSPORT web
カーメイト “本当によく落ちる”シリーズ新製品 ウェットシート&ガラス用ウロコ取り
カーメイト “本当によく落ちる”シリーズ新製品 ウェットシート&ガラス用ウロコ取り
グーネット
音楽とレースを融合!日産がフォーミュラEのAI音源を活用したサウンドトラック公開
音楽とレースを融合!日産がフォーミュラEのAI音源を活用したサウンドトラック公開
グーネット
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
グーネット
MotoGPアメリカズFP1|アプリリアのビニャーレスが好調トップタイム。マルケスは得意COTAで8番手
MotoGPアメリカズFP1|アプリリアのビニャーレスが好調トップタイム。マルケスは得意COTAで8番手
motorsport.com 日本版
日本人4名、宮田莉朋は初参戦。来季ル・マンの切符を懸けた2024年ELMSがいよいよ開幕
日本人4名、宮田莉朋は初参戦。来季ル・マンの切符を懸けた2024年ELMSがいよいよ開幕
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

903.0987.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0348.0万円

中古車を検索
プレジデントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

903.0987.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村