現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由

ここから本文です
【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由
写真を全て見る(3枚)

 マツダがMX-30ロータリーEVというPHEVを発売したが、そうはいってもロータリーエンジンは発電用。かつての13Bや20Bに思いを馳せるマツダファンは、駆動用のロータリーエンジンを搭載した、スポーツカーの復活を望む声も多い。そこで、今回はロータリーエンジン最強といわれる、ユーノスコスモ20Bエンジン搭載車にスポットを当ててみたい。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
ベストカーWeb
新車価格700万円がいまや[100万円台]!! トヨタが世界初の市販車として発売[水素MIRAI]は買いなのか!?
新車価格700万円がいまや[100万円台]!! トヨタが世界初の市販車として発売[水素MIRAI]は買いなのか!?
ベストカーWeb
燃料大食いの悪玉から環境志向の優等生へとキャラチェンジ!? 21世紀初頭の日本車&輸入車のターボエンジン事情
燃料大食いの悪玉から環境志向の優等生へとキャラチェンジ!? 21世紀初頭の日本車&輸入車のターボエンジン事情
ベストカーWeb
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
ベストカーWeb
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
ベストカーWeb
超貴重  今読み返しても熱~い!! 86&BRZデビュー1年後の多田哲哉CEスペシャルインタビュー
超貴重  今読み返しても熱~い!! 86&BRZデビュー1年後の多田哲哉CEスペシャルインタビュー
ベストカーWeb
グラマラスな豊満ボディがたまらない! Z31型フェアレディZ後期型が欲しい! はたして今いくらで買えるのか?
グラマラスな豊満ボディがたまらない! Z31型フェアレディZ後期型が欲しい! はたして今いくらで買えるのか?
ベストカーWeb
これは売れそう!! 次期ロッキー/ライズが[ランクル250]似になる可能性はゼロではないってマジ!?
これは売れそう!! 次期ロッキー/ライズが[ランクル250]似になる可能性はゼロではないってマジ!?
ベストカーWeb
一生に一度は乗ってほしい!! 今新車で買える[2シータースポーツ]4選
一生に一度は乗ってほしい!! 今新車で買える[2シータースポーツ]4選
ベストカーWeb
今こそ3ドアのスライドドア式だ!! 価格はまさかの40万円! こんなスタイル見たことない[プジョー1007]
今こそ3ドアのスライドドア式だ!! 価格はまさかの40万円! こんなスタイル見たことない[プジョー1007]
ベストカーWeb
ラルゴこそ今の日産に必要!? エルグランドのご先祖モデルが超絶爆安でコスパ最強だった
ラルゴこそ今の日産に必要!? エルグランドのご先祖モデルが超絶爆安でコスパ最強だった
ベストカーWeb
マツダの「“26人乗り”ロータリースポーツ」!? 高出力エンジンのハイグレードマシン! 謎の「“R26”パークウェイ」とは
マツダの「“26人乗り”ロータリースポーツ」!? 高出力エンジンのハイグレードマシン! 謎の「“R26”パークウェイ」とは
くるまのニュース
マツダの技術と「志」を信じて待ってます!! 「アイコニックSP」に寄せる期待と願い
マツダの技術と「志」を信じて待ってます!! 「アイコニックSP」に寄せる期待と願い
ベストカーWeb
マツダのロータリーエンジンは不変!! むしろカーボンニュートラル時代こそロータリーじゃ
マツダのロータリーエンジンは不変!! むしろカーボンニュートラル時代こそロータリーじゃ
ベストカーWeb
マツダの「和製オープンカー」登場9年目でもなぜ人気? 最後の純ガソリン車か!?「ロードスター」の魅力とは?
マツダの「和製オープンカー」登場9年目でもなぜ人気? 最後の純ガソリン車か!?「ロードスター」の魅力とは?
くるまのニュース
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
ベストカーWeb
リトラにオープンにミッドシップ! MR2ってイケイケな装備を詰め込んだ夢のクルマだったよね?
リトラにオープンにミッドシップ! MR2ってイケイケな装備を詰め込んだ夢のクルマだったよね?
ベストカーWeb
試乗プレイバック  中古車見つけたら即買い!!! 日産ジュークNISMOはチューニングSUVのパイオニア!!
試乗プレイバック  中古車見つけたら即買い!!! 日産ジュークNISMOはチューニングSUVのパイオニア!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

37件
  • tam********
    この車は3ローターや豪華な内装、燃費や加速の話題だけを取り上げられる事が多いですが、その他の部分も拘って作られています。
    まずエンジン始動時のセル音がとても独特です。
    タイプEのスカッフプレートはステンレス製ですが、磨きの仕上げは手作業です。
    ドアミラーは黒色にシルバーの縁取りですが、シルバーの縁取りを残して黒に塗装された物です。
    ドアを閉める際の内装の手を掛ける部分は、静電気防止対策が取られています。
    エアコンは左右独立となっており、温度調整も左右で変えられます。
    ブレーキの効きは弱いのですが、当時としてはコストを掛けてハイドロになっています。
    リアの足回りはショックが4本あり、アーム類は全てフルピロなど拘られています。
    20Bの4本出しマフラーは、走行状況によって2→3→4本と排気が可変します。
    テールランプは3重構造になっており、上品な光加減が醸し出す佇まいが、夜に眺めるととても魅力的ですよ。
  • マッハ男爵
    880万のヤツ、走行2万キロ台極上のルマン優勝記念限定車じゃねーか。最近暴騰したわけじゃないんじゃね?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0530.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

198.0508.8万円

中古車を検索
ユーノスコスモの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0530.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

198.0508.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村