現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則134】4代目エクスプローラーはユーザーのニーズを汲み取り見事なまでに実力向上

ここから本文です

【ヒットの法則134】4代目エクスプローラーはユーザーのニーズを汲み取り見事なまでに実力向上

掲載 更新
【ヒットの法則134】4代目エクスプローラーはユーザーのニーズを汲み取り見事なまでに実力向上

本国アメリカでSUV売り上げナンバー1の地位を長く保持していたフォード・エクスプローラー。2005年秋に登場したその4代目は、人気モデルであるがゆえに3代目の基本構造をそのまま受け継いでいたが、ボディパネルやパーツなどにそのままという部分は皆無。作り込み品質や静粛性、快適性にさらに磨きをかけた4代目はフルモデルチェンジと呼ぶにふさわしいものだった。その後、2016年にフォード・ジャパンの日本撤退にともないエクスプローラーも姿を消すことになるが、日本市場でも人気は高かった。ここでは2005年末に日本上陸を果たした4代目エクスプローラーのテストの模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2006年1月号より)

定評のあった静粛性、快適性にもさらに磨きがかけられた
新しいエクスプローラーについてフォードが強調するのは、「すべての進化はあくまでユーザー達の声を積極的に採り入れた結果」ということだ。日本市場でも販売台数トップを走るベストセラーSUVは、デザイン、走り、クオリティなどありとあらゆる面で彼らの意見や提案を聞き、常にそれを製品に反映させてきたと胸を張る。

【くるま問答】アイドリングストップ機能はよいことばかりではない。OFFスイッチはいつ使う?

そう聞いた上で実物を目にして思うのは、今もっともユーザー達が強く望んでいるのは、主にヨーロッパから発信されるいわゆるプレミアムSUVに負けない内外装、そして走りのクオリティ感なのだろうなということだ。そしてフォードは、見事その要求に応えてみせたと言えそうである。

ボディ構造やサスペンションなど多くの部分を継承する新型は、そういう意味ではビッグマイナーチェンジとも括れるが、実際は先代のままという部分はほぼ皆無だ。

たとえば外装。フロントまわりはパネル類が一新され逆台形のグリルも大型になり、表情がグッと逞しくなった。さらにインテリアは完全にリデザインされて、従来のチープさを払拭している。よく見ると成形品質は今イチだし、ダッシュ上面がウインドウへ映り込んで視界を遮るなど、まだ甘さはあるのだが、少なくともひと目見ただけでガッカリなんてことは、もうない。

乗ったのは上級グレードのエディバウアー。アシストグリップに手をかけ、左側の運転席に身体を滑り込ませる。先代では右ハンドルが主体だったが、新型は当面、左ハンドルで行くという。これもユーザーのニーズに応えた結果だそうだ。

当たりはふんわり、けれどコシもある大きなシートに座り、太くて大径のステアリング、やはりゴツめのシフトノブを操作して走り出すと、まずはこれまでも定評のあった静粛性、快適性にもさらに磨きがかけられたことがわかった。

特に印象的な静粛性に効いているのは、吸排気音の抑制や防音素材の広範採用、空気抵抗の低減などだという。そして快適性の面では、曲げで63%、捩りで55%も向上したフレーム剛性の影響が大きそうだ。独立フレームらしいユサユサとした動きは確かにまだ若干あるが、むしろそれが直接的な入力をやさしく受け流して、ゆったりした乗り味に繋がっている。せっかくSUVに乗るなら、こうじゃなくちゃという味である。

ステアリングの反応は穏やかだが、それを不満とする人はいないはず。車両姿勢安定化を図るアドバンストラック、横転を抑止するロールスタビリティコントロールなど、最新デバイスの搭載もありがたい。

エンジンはこれまで同様、エディバウアー用の4.6L V8、そしてXLT用4.0L V6の2種類を用意。特に前者は3バルブヘッドや可変バルブタイミング機構などを採用、従来の242psから296psへと大幅な出力増を実現。ATも6速へと進化を果し、燃費は10・15モードで6.0km/Lから7.3km/Lへと改善されている。

この4.6L V8、トルクに十分以上の余裕があるのは予想通りとして、回して気持ち良いのは意外だった。V8らしいビートを聞かせながら力強くも滑らかに吹け上がる様は、なかなか爽快だ。ただし、このエンジンに対しては、見直されたというブレーキがまだまだ容量不足と感じた。

他にも、3列目シートの座面高アップによる視界の改善や、2/3列目シートの折り畳み機構の改善による従来あったラゲッジフロアの傾斜の解消など、ユーティリティの面でもユーザーの声に応えた改良が施されている。一方、従来3分割だった2列目シートが40:60の2分割となったが、おそらくこれもリサーチの結果なのだろう。

あらゆる面でユーザーのニーズを汲み取り、実力を向上させた新型エクスプローラーは、きっとまた厚く歓迎されるに違いない。それは至って当然の成りゆきのはずだが、その当たり前のことができていないクルマは少なくないわけで……。ナンバー1SUVがナンバー1であることには、なにも特別な理由などないのである。(文:島下泰久/Motor Magazine 2006年1月号より)



フォード エクスプローラー エディバウアー(2005年)主要諸元
●全長×全幅×全高:4930×1870×1835mm
●ホイールベース:2890mm
●車両重量:2230kg
●エンジン:V8SOHC
●排気量:4600cc
●最高出力:296ps/5750rpm
●最大トルク:407Nm/4000rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格:520万円

[ アルバム : フォード エクスプローラー (2005年) はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

新型「大きな“セダン”」公開! 黒感高めた“夜仕様”!? 大排気量“V8”搭載&「超上質内装」採用 の「マイバッハ」登場
新型「大きな“セダン”」公開! 黒感高めた“夜仕様”!? 大排気量“V8”搭載&「超上質内装」採用 の「マイバッハ」登場
くるまのニュース
19インチも選べるスポーツモデル VW「ゴルフGTI」 270馬力のハイブリッドも登場
19インチも選べるスポーツモデル VW「ゴルフGTI」 270馬力のハイブリッドも登場
AUTOCAR JAPAN
旗艦『レンジローバー』に、日本文化と英国とのつながりを表現した2種類の国内限定特別仕様車が登場
旗艦『レンジローバー』に、日本文化と英国とのつながりを表現した2種類の国内限定特別仕様車が登場
AUTOSPORT web
「景色も何もない。真っ白です」Juju、SF初ウエットレースで視界に驚く/第3戦SUGO
「景色も何もない。真っ白です」Juju、SF初ウエットレースで視界に驚く/第3戦SUGO
AUTOSPORT web
ランボルギーニが「ラバッツァ」とパートナーシップを締結! 両社に共通する企業哲学とは「美味しいコーヒーでより良い朝を」
ランボルギーニが「ラバッツァ」とパートナーシップを締結! 両社に共通する企業哲学とは「美味しいコーヒーでより良い朝を」
Auto Messe Web
EVで強化 すこぶる実用的 ホンダ「Nバン イー」発表
EVで強化 すこぶる実用的 ホンダ「Nバン イー」発表
AUTOCAR JAPAN
今季NEXTevo導入の『FC2』を公開「パワーで曲げられる飛躍的進化」シリーズプロモ動画も/ナイトロクロス
今季NEXTevo導入の『FC2』を公開「パワーで曲げられる飛躍的進化」シリーズプロモ動画も/ナイトロクロス
AUTOSPORT web
トヨタ新型「後輪駆動“高級セダン”」発表! 流麗ボディに「美しい」の声も! 全長5m級の「ミライ」スペインで約1260万円から
トヨタ新型「後輪駆動“高級セダン”」発表! 流麗ボディに「美しい」の声も! 全長5m級の「ミライ」スペインで約1260万円から
くるまのニュース
フェラーリ レーシングデーを鈴鹿サーキットで2日間開催
フェラーリ レーシングデーを鈴鹿サーキットで2日間開催
Auto Prove
【いよいよ明日発売】乗ってどうだ? BYDシール 中国試乗で見えた走りのパフォーマンス
【いよいよ明日発売】乗ってどうだ? BYDシール 中国試乗で見えた走りのパフォーマンス
AUTOCAR JAPAN
量産車で世界最高の空力性能、Cd値0.194達成…中国シャオペンの新型EV
量産車で世界最高の空力性能、Cd値0.194達成…中国シャオペンの新型EV
レスポンス
99%がリヤ駆動のなかで日野がFFのトラックを発売! 激レアなFFトラックはどこにメリットがあるのか?
99%がリヤ駆動のなかで日野がFFのトラックを発売! 激レアなFFトラックはどこにメリットがあるのか?
WEB CARTOP
プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
グーネット
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
AUTOSPORT web
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
GQ JAPAN
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
乗りものニュース
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
くるまのニュース
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索
エクスプローラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村