サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「セブンらしさに磨きをかけた旋回性能重視のFD3S」ユーザー目線のチューニングで鈴鹿2分10秒2の実力!

ここから本文です

「セブンらしさに磨きをかけた旋回性能重視のFD3S」ユーザー目線のチューニングで鈴鹿2分10秒2の実力!

エクステリアから放たれるオーラとは裏腹にフレンドリーな仕様!

ユーザーカーのお手本となる速さと耐久性を研究するデュ・ヴァンの作品!

「セブンらしさに磨きをかけた旋回性能重視のFD3S」ユーザー目線のチューニングで鈴鹿2分10秒2の実力!

295サイズを収めたワイドボディ、サイドバーまで備えたダッシュ貫通ロールケージ、そして助手席に搭載された無骨な安全タンク…。本気系アタッカーのオーラを全身から放つデュ・ヴァンのFD3Sだが、意外にも心臓部は13Bチューン定番のゼロロク仕様と控えめで、ミッションもフルクロス化されているとはいえ、Hパターンのままとなっている。

これは“ユーザーカーの延長線上でタイムを削る”というコンセプトに加え、コーナリングスピードの高さを武器とするFD3Sという素材の煮詰めから取り組んでいるためだ。

サイドポート拡大×TD06-25Gタービン仕様で、ブースト圧1.0キロ時に418psを発揮する13B-REW。「ユーザーの延長線上での速さ追求」と「長期間壊れずに走る仕様を作る」という思いから、10秒切りまではアップデートを封印しているとのこと。なお、エンジンマネージメントはアペックスのパワーFCが担う。

FD3Sの武器であるコーナリングスピードを底上げするために、マジック製のキットを用いてワイドボディ化を敢行し、前後11JのボルクレーシングTE37SL&295サイズのタイヤを投入。軽快さを左右する車重に関しては、アクリルウインドウなどを投入して1070kgまでシェイプアップした。サスペンションはHKSのハイパーマックス。ブレーキはフロントにトラストの6ポッドキャリパー+330mmローターで強化済みだ。

重量配分を最適化するために安全タンクは助手席位置にマウントし、サイトウロールケージの10点式などで武装するインテリア。オフシーズン中にボディ補強を施したが、過度の剛性アップによるバランス崩れを避けるために、ストラットタワー周辺などフットワーク性能に関わるポイントのみとした。


エンジン同様、空力に関してもユーザー目線を意識するが、トラクションに影響するリヤウイングはフレーム直付けのバーチカルマウント式を採用。ちなみに、ステーのサクラ模様はオーナーの名前にちなんで抜き取ったものだ。

現状からのタイムアップだけならタービン交換や、ロスが少ないシーケンシャルミッション、空力強化で簡単に達成できるのだが、完成度の高いアタックマシンへと導くべく、まずは現状のパッケージングで鈴鹿2分10秒切りを目標に設定している。

取材時(2019年12月)は補強後のシェイクダウンということもあり、タイムは2分11秒340に留まった。ベストの2分10秒2を更新することはできなかったが、自らに課した封印を解き放ち、大幅なタイムアップを果たす日は近いだろう。

■エンジン:デュヴァン サイドポート仕様、チタンフロントパイプ、90φチタンマフラー、前置き3層インタークーラー/トラスト TD06-25G、ブローオフバルブRタイプ、ラジエター、オイルクーラー/アペックス パワーFC/ブリッツ D-SBC/850ccインジェクター ■ドライブトレイン:OS技研 5速クロス、R3C、スーパーロックLSD ■サスペンション:HKS ハイパーマックス ■ブレーキ:トラスト 6ポットキャリパー&330mmローター(F)/純正17インチ(R)/制動屋 ブレーキパッド ■ホイール:ボルクレーシングTE37SL(11J×18+18) ■タイヤ:アドバンA050(FR295/30R18) ■インテリア:レカロ SP-G/サイトウロールケージ 10点式ロールケージ/RH9 6点式レーシングハーネス ■エクステリア:マジック ワイドボディキット/エスプリ GTウイング

●取材協力 ガレージ・デュ・ヴァン 岐阜県安八郡安八町南條1288-1 TEL:0584-63-1075

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します