現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型N-BOXの進化度チェック!《公道試乗レポート》

ここから本文です

新型N-BOXの進化度チェック!《公道試乗レポート》

掲載 1
新型N-BOXの進化度チェック!《公道試乗レポート》

新車試乗レポート [2023.11.30 UP]


新型N-BOXの進化度チェック!《公道試乗レポート》

子育てに車は必要?子育て世代におすすめの車10選

HONDA 新型N-BOX 公道試乗&新旧比較
《日本一売れるクルマの進化度チェック》

国内販売台数トップに君臨する大ベストセラーがフルモデルチェンジを敢行し、3代目となった。モデル末期の販売低迷から起死回生……などではなく、販売トップのままで新型への切り替えとなる。大人気モデルはどこを守ってどこを変えたのか、リアルワールドで判定だ!

●文:川島茂夫 ●写真:奥隅圭之


HONDA 新型N-BOX

●発売日:10月6日 ●価格:164万8900~236万2800円
 従来型の2代目が大ヒットとなった軽スーパーハイトワゴン。使い勝手と走行性能を刷新し、最新の先進安全&運転支援機能を標準装備して登場するや、一気にトップセールスを記録。10月の新型登場直前、9月の販売台数も国内No.1という怪物だ。3代目となる新型はデザインを見直すとともにコネクト機能をはじめとする最新アイテムを採用した。


《新型N-BOX 公道試乗》

その魅力は不変! 6年分の知見と技術の進歩で洗練度がアップ
乗員の心理や体感を重視
より“優しさ”が深まった
 劇的な変化のないFMCである。コンセプトも走りに対する考え方も従来型をそのままに踏襲しつつ従来型開発の知見と6年間の技術の進歩を活かして磨きを掛けたのが公道試乗全般の印象だ。
 試乗で最も印象的だったのは数値よりもドライバーや乗員の体感や心理的な部分を優先した設計だ。その分かりやすくかつ効果的な例がパワートレーンの制御である。
 全開に踏み込めばCVTはダウンシフトし、エンジン回転数は高まる。速度域によって異なるがNA車では60~100km/hの巡航からのダウンシフト後回転数は4500~5500回転くらいになる。加速中は時間経過とともに緩やかに回転数を上昇させる。この回転上昇感は速度域が変わっても大きく変化しない。高速でもパワフルと思ってしまうのだが、それは錯覚でしかない。
 100km/h近くなると速度上昇は明らかに低下。NAの軽乗用が高速で力不足なのは当然で、N-BOXも例外ではないのだが、非力と感じさせないのが巧み。加速性能はライバル車と大差なくても心理的な余裕が違う。
 回転数(変速)の制御の基本的な特性はターボ車も同じであり、単独で試乗していると加速性能に大差ないと思えてしまう。これも錯覚である。速度域が高くなった時の加速力が違う。相対的にはNA車よりリニアな特性となるが、スペック以上の余裕をドライバーや乗員に感じさせるという考え方は共通している。速さよりストレスの少なさを優先した人間優先感が好ましい。
 これはフットワークにも表れている。基本的なチューニングは従来型を踏襲しているが、ブッシュなどの中立点の見直し等の改良が加えられ、荒れた路面からの細かな突き上げの吸収、抑制の利いたストローク速度制御など日常域の乗り心地も改善されていた。
 ハンドリングは従来型と大きく変わらない。高速のコーナーや出口での減速コーナーなどもしっかりと安定している。テストコース試乗では相対的に従来型より中立付近が緩んだ印象を受けたが、高速道路においても程よいバランスを示した。
 音量は目立って少なくないがロードノイズは耳障りな高音が少なく、エンジン音も心地よい。軽乗用の域を超えたと言っては少々大袈裟だが、高速での余裕の演出の仕方や快適性を考えれば高速を含む長距離用途に最も適したスーパーハイト系ミニがN-BOXなのは間違いない。2代目で確立した道を違えずにさらに人への優しさを深めたのが新型の走りだ。


N-BOX カスタム(FF)●ボディカラー:トワイライトミストブラック・パール●車両本体価格:184万9100円

N-BOX ファッションスタイル(FF)●ボディカラー:フィヨルドミスト・パール●車両本体価格:174万7900円

●NA

●ターボ

直3のNA(自然吸気)とターボがラインナップ。パワートレーンは基本的に2代目を踏襲しており、出力やトルクの数値も変更はない。

関連タグ

こんな記事も読まれています

[Pro Shop インストール・レビュー]トヨタ クラウン(宍戸俊幸さん)by ZEPT 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]トヨタ クラウン(宍戸俊幸さん)by ZEPT 後編
レスポンス
新型「カクカクSUV」初公開! 「Gクラス」似の超タフデザインがカッコイイ! 元メルセデス・ベンツ工場で作る「FUSILIER」英で登場へ
新型「カクカクSUV」初公開! 「Gクラス」似の超タフデザインがカッコイイ! 元メルセデス・ベンツ工場で作る「FUSILIER」英で登場へ
くるまのニュース
VW新型「ティグアン」はどう進化? 3代目となったベストセラーSUVは 大幅改良されたエンジン搭載で新次元の走りへ
VW新型「ティグアン」はどう進化? 3代目となったベストセラーSUVは 大幅改良されたエンジン搭載で新次元の走りへ
VAGUE
ハミルトン、3番手ラッセルとは異なるセットアップ「決勝を優先、予選ペースが大幅に犠牲に」メルセデス/F1第1戦
ハミルトン、3番手ラッセルとは異なるセットアップ「決勝を優先、予選ペースが大幅に犠牲に」メルセデス/F1第1戦
AUTOSPORT web
2030年のモビリティを提案する「国際学生EVデザインコンテスト」募集開始! エントリーは無料です
2030年のモビリティを提案する「国際学生EVデザインコンテスト」募集開始! エントリーは無料です
Auto Messe Web
日産ダットサン・ブルーバードSSS(昭和42./1967年8月発売・510型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト040】
日産ダットサン・ブルーバードSSS(昭和42./1967年8月発売・510型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト040】
Webモーターマガジン
RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」
RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」
motorsport.com 日本版
「どれも同じに見える」とかマジか! じつはこだわりが詰まっているトラックのデザイン
「どれも同じに見える」とかマジか! じつはこだわりが詰まっているトラックのデザイン
WEB CARTOP
こんな魅力的なクルマ作ってるなら日本でも売ってよ! 国産メーカーの「海外専売モデル4台」に乗りたい欲が止められない
こんな魅力的なクルマ作ってるなら日本でも売ってよ! 国産メーカーの「海外専売モデル4台」に乗りたい欲が止められない
WEB CARTOP
圏央道「魔の空白区間」に救いの手! インター近くの「道の駅」をPA代わりに 乗り直しても料金通算
圏央道「魔の空白区間」に救いの手! インター近くの「道の駅」をPA代わりに 乗り直しても料金通算
乗りものニュース
全長5m超! 日産の新「大型商用バン“車中泊仕様”」初公開! デカイ冷蔵庫&クーラーも完備のオシャな「GMLVAN G-01」登場 価格“1800万円超え”に驚きの声も
全長5m超! 日産の新「大型商用バン“車中泊仕様”」初公開! デカイ冷蔵庫&クーラーも完備のオシャな「GMLVAN G-01」登場 価格“1800万円超え”に驚きの声も
くるまのニュース
オイル界の黒船! 世界が認めたドイツのケミカルメーカー「LIQUI MOLY」に注目必至【大阪オートメッセ2024】
オイル界の黒船! 世界が認めたドイツのケミカルメーカー「LIQUI MOLY」に注目必至【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を
スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を
motorsport.com 日本版
超豪華俳優陣集結!“奇才”マシュー・ヴォーン監督が観客を巻き込む新感覚スパイ映画『ARGYLLE/アーガイル』
超豪華俳優陣集結!“奇才”マシュー・ヴォーン監督が観客を巻き込む新感覚スパイ映画『ARGYLLE/アーガイル』
バイクのニュース
脱帽レベルの威圧感! ダッジ・チャージャーSRT8をド迫力改造した「MAD BEE」がスゴイ【大阪オートメッセ2024】
脱帽レベルの威圧感! ダッジ・チャージャーSRT8をド迫力改造した「MAD BEE」がスゴイ【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
『FNN Live News α』内で3月4日から国内3カテゴリーのニュースを発信するコーナーがスタート!
『FNN Live News α』内で3月4日から国内3カテゴリーのニュースを発信するコーナーがスタート!
AUTOSPORT web
ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」
ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:予選Q1から接戦。風の影響を受けつつも、トウも利用し僅差の争いを制したフェルスタッペン
レッドブル&HRC密着:予選Q1から接戦。風の影響を受けつつも、トウも利用し僅差の争いを制したフェルスタッペン
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • nao********
    んー、新型スペーシアが出たのにN-BOX推しの
    記事が続くなあ・・・新型N-BOXは思ったほど
    売れてない???
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0308.0万円

中古車を検索
N-BOXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0308.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村