現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】

ここから本文です
ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
写真を全て見る(5枚)

Honda「Super Cub C125」
税込価格:45万1000円
初代スーパーカブ「C100」風のレトロなスタイルを上質に仕上げ、2018年にデビューしたスーパーカブC125。LEDヘッドライト、デジタル・アナログ混合メーター、アルミ製キャストホイール、スマートキーシステムなどといった現代的な装備を随所に採用している。

2021年にはモンキーにも搭載されたロングストロークの新型エンジンを採用、最高出力や燃費を向上し、同時に最新の排出ガス規制にも対応した。前輪のみ動作する1チャンネルABSも標準装備となった。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ホンダ「ダックス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ヤマハ「YZF-R125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「YZF-R125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ヤマハ「ジョグ125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「ジョグ125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ヤマハ「XSR125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「XSR125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「トリシティ125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ヤマハ「MT-125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「MT-125 ABS」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ホンダ モンキーZ50J、Z50JZ詳細解説【車載重視から、普通に走れるバイクへ】リヤサスが付いた「50ccモンキーの完成形」
ホンダ モンキーZ50J、Z50JZ詳細解説【車載重視から、普通に走れるバイクへ】リヤサスが付いた「50ccモンキーの完成形」
モーサイ
ホンダ『グロム』2025年型…小さいながらもスポーティ[詳細画像]
ホンダ『グロム』2025年型…小さいながらもスポーティ[詳細画像]
レスポンス
ホンダが「ナビ」「グロム」「ズーマー」「ジョルノ」の北米向け’24-’25年モデルを発表! 現地名、全部わかる?
ホンダが「ナビ」「グロム」「ズーマー」「ジョルノ」の北米向け’24-’25年モデルを発表! 現地名、全部わかる?
WEBヤングマシン
【写真蔵】ホンダ 新型フリード、「エアー」と「クロスター」の2タイプで間もなく正式デビュー!
【写真蔵】ホンダ 新型フリード、「エアー」と「クロスター」の2タイプで間もなく正式デビュー!
Webモーターマガジン
【復刻版カタログ】「デートカー」という新価値を提唱した超人気スペシャルティクーペのパワフル版、1985年ホンダ・プレリュード2.0Siの肖像
【復刻版カタログ】「デートカー」という新価値を提唱した超人気スペシャルティクーペのパワフル版、1985年ホンダ・プレリュード2.0Siの肖像
カー・アンド・ドライバー
Z世代に人気のミニモト、ホンダ『NAVI』…2024年仕様発売
Z世代に人気のミニモト、ホンダ『NAVI』…2024年仕様発売
レスポンス
ホンダ「ビート」新型登場 インドネシアで発表
ホンダ「ビート」新型登場 インドネシアで発表
バイクのニュース
ホンダ「Navi」2024年モデルを北米で発表
ホンダ「Navi」2024年モデルを北米で発表
バイクのニュース
ホンダ『グロム』、青と赤を設定…6月中に発売へ
ホンダ『グロム』、青と赤を設定…6月中に発売へ
レスポンス
ホンダ『ビート』新型、都市が似合うスクーターに…インドネシアで発表
ホンダ『ビート』新型、都市が似合うスクーターに…インドネシアで発表
レスポンス
【復刻版カタログ】世界で初めてクリーンな排出ガスを実現した初代ホンダ・シビックCVCCの肖像
【復刻版カタログ】世界で初めてクリーンな排出ガスを実現した初代ホンダ・シビックCVCCの肖像
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

2件
  • ********
    取り敢えず、シートを赤くしておけばオサレ感を演出できるという、日本兵くん特有の考え。
    ブレーキキャリパーに赤ペンキ塗るアホまで現れるし、ディーラーでやっているところもある。
    猿のケツが赤いのと無関係ではないと考えている。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村